脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2018年11月 ≫
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2010年05月10日(月):えへ。(帰って)来ちゃった☆ カルドセプトサーガ
ああああああ〜っ!!
12カ月ゴールドパックをポチってしまったァァァァァァ〜!!

こんばんは。れっつらです。


手持ちのゲームに飽きてきて、 昨日買った『つくってうたう さるバンド』も、毎日短時間やる系のゲームだったので、 ちょっと僕、カルドセプトサーガに帰ってきてしまいました。 今日は2戦やって2敗(3人戦2位と4人戦3位)だったんですけど、アレですね。 「何でお前等、そんなにやってて飽きないんだよ(褒め言葉)!!」 20時にサインインしたら、3人戦の部屋が2部屋に4人戦の部屋が1部屋も有るし。 絶対に部屋なんか無いと思っていたのに。 皆が皆、好き放題なブックを使いまくっていたのが、相変わらず素敵でした。 苦手なブックが来たらどうするんでしょうね(僕含めて)☆
以降、一人説教タイム。 http://rettura-festa.net/culdceptsaga/details.php?book_id=1170 お前、クリーチャー17体ぽっちのブックの何が初心者向きだよ?! (レイピア入れれば19だけど) お前はどんだけアングリーマスクが好きなんだよ?! タフソングとアングリーマスク削って20体にしろよ!! 今日使ったら、序盤2連鎖作るのにも苦労したんだぞ?! 折角4連鎖のレベ3ふたつ作ったのに、レベ3アンダイン焼かれるし!! そんなんで、ドルールの出力がまともに出ると思っているのか? ああ?アングリーが有れば? 知るか(笑)!!!! 折角のトレード2枚も、クリ撒けなきゃ何の意味も無いじゃんよ!! なのにドローも薄いし、どうしたいワケ?! 地変トレードで安定して行くつもりなら、クリ増やせよ!!お願いしますよ!! …ふぅ。
ただ、まだ良いブックを構築出来るほど勘が戻っていないので、 しばらくは Bookdb Saga に載ってるブックを適当に使っていこうかと思います。 居る時間は、20:00〜24:00くらい。 途中、お風呂に入ったり、2戦やって満足して帰ったりするかと思います。 またよろしくね〜。
2009年12月25日(金):カルドセプト改善策。 カルドセプトサーガ
カルドセプトの改善策について考えた結果、別ゲームになったよ!!


◆今回の着眼点◆ カルドセプトって、対戦カードゲームのクセして厳密な運用が求められるんですよね。 お子様の考える『カードゲーム』って、もっと遊び心的に自由で、 強いクリーチャーばかり出してワハハハ言うようなプレイとか、 虫デッキを作って虫野郎とか呼ばれてボコボコにされたりとか、 勝敗以前にデッキを楽しむ傾向にあると思うんですよ。 一方、カルドセプトは、 最初のうちは無条件に楽しめても、勝ちを求めるに従って、 「○○さんのプレイングはこれが最適解でした。」 「○○すべきでした。猛省します。」みたいに、 タクティカル過ぎる大人の世界になってしまう部分が有って。 所詮カルドセプトはカードゲームで、どうやっても将棋や囲碁のようにはなれないはずなのに、 どうしていつも、そういう渋い流れになってしまうのか。 どうしたら、お子様の考えるような夢いっぱいの対戦ゲームになれるのか。 僕なりに考えてみたので書いてみます。
◆いきなり結論から◆ カルドセプトは、手札が見えないほうが和気あいあいとプレイ出来る!! いきなり最終兵器来ました。 2ちゃんねるで延々言われては否定されてきた、厨房のファイナルウェポンが来てしまいましたよー。 でもですね。考えてみて下さい。 相手に手札さえ見られなければ、流れの作り方を否定されることは有っても、最適解なんか突っ込まれるコトは無いワケです。 見えないワケですから。 もちろん、そうしてしまうとそのゲームはカルドセプトでは無くなってしまいます。 ですが、一度これを試してみる価値はあると思えてしまったんですよね。
◆手札が見えなくなっても、おそらく回る部分◆ ・クリーチャーの応援能力や、アイドルの全体能力 これらの能力は、自分だけではなく全体に損得をもたらすので、 手札が見えなくなっても全然大丈夫だと思っています。 この辺のルールの作り方は、元々カルドが他のゲームより優れている点にもなります。
◆手札が見えなくなると、回らなくなるであろう部分◆ 1.単瞬スペルの中で、他人に影響を及ぼすカード 手札が見えなくなると、手札干渉1枚、地変1枚でも絶大な影響を及ぼします。 手札を見えなくするに当たって、この辺りの仕組みは変えていく必要があります。 2.アイテムの使用全般 今のシステムのまま手札が見えない仕組みを導入すると、 相手の見えない防具を怖れ、誰も戦闘を起こそうとしなくなるでしょう。 この点も変えていく必要があります。
◆問題のある部分への、提案いろいろ◆ 1.瞬間干渉スペルが強くなることへの提案 ・細かい指示を出せなくする。 例えばシャッターの場合、どの手札を破壊するかをランダムにするだけでもリターンが減ります。 それだけでバランスを取ることは出来ないでしょうけど。 ・スペルを使う条件に、クリーチャーの配置条件のようなものを入れる。 『干渉スペルは、あらかじめ土地をいくつか確保していないと撃てない』というルールが付加されれば、 土地の確保が優先されるし、強力なスペルの打ち合いも減るはずです。 カルドセプトシリーズ特有の、 『召喚・スペルに使うコストと、達成するための得点がごっちゃになっている』という問題も緩和されますし。 ただ、こうしてしまうと結果的にカード総数が増えてしまいそうな気もしています。 地味に引き方の違うドロースペルだけで数種類存在したりとか。 ・瞬間干渉スペルに対する手段を持たせる。 干渉するカードの量にもよりますけど、 相手の干渉を受けた瞬間にそれを無効化するカードが有れば、解決出来るかもしれません。 これだけでは、どうにもならないとも思っていますけど。 ・全体に影響を及ぼすようにする。 一人にのみ作用するスペルは、使用した人の勝利に対する貢献度は低いかもしれませんが、 使用された一人にとっては脅威になりがちです。 一方、サーガのクラッシャーストームのように皆で同じ思いをするようにすれば、 試合の流れは変わりますけど、ある意味公平になります。 クラッシャーストームはやりすぎですけど。
2.アイテムの使用全般に対する提案 ・守備側のアイテム使用は、現在の呪いスペルのように先出しにしておく。 スペルフェーズで、持っているアイテムをあらかじめ装備させるような流れにすれば、 攻める側も怖れずに攻めれるようになります。 この場合、今よりも戦闘がつまらなくなってしまいますけど。
◆結論の結論◆ カルドと似て異なる仕組みで、更なる面白さを追求する人が必要だ。 1人用ゲームだったり、紙ベースだったりで良いので、先ず作って試す勇者が必要になります。 基本的にこういうのは、言いだしっぺがやるべきなんでしょうけど、 社会人だし凡人だしなんで、飽きたり始めなかったりする可能性があります。 こんなオチで申し訳ないですが、このままで終了とさせていただきます。 本当にありがとうございましたー!!
2008年09月24日(水):あいつとバイバイ。 カルドセプトサーガ
今日は2戦戦いました。

1戦目は、2戦目の「負け」のために、絶対に負けないよう作った地走りブック。
2戦目は、負け覚悟で組んだ、愛にしか溢れていない最期のネタブックを使いましたw


1戦目。7000Gコロ2。 リコールを2度喰らい、その間にもう一人の方が達成圏に入ってきますが、 神引きテレポのお陰で勝利。 僕も、地で走ろうと思えば走れるようになりました。 かつて、撒いては殺されるようなブックしか組んでなかった人とは思えませんねw
2戦目。7000Gアルシオン。 1戦目で無事勝て、1度負けた程度ではTS26から落ちない順位になった僕は、 こんな感じのブックで挑みました。 (うろ覚え) ・クリーチャー×20 プルガサリ×4 ファンゴノイド×3 ヒーラー×2 レーシィ×2 ゼラチンウォール×3 アンゴスツーラ×2 グリマルキン×2 オパールアイドル×2 ・アイテム×5 ザ ハンド×1 スペクターローブ×3 ブーメラン×1 ・スペル×25 キャプチャー×2 ブレイブソング×4 イントルード×2 チャリオット×2 ギフト×4 マスグロース×1 トレード×2 テレグノーシス×1 etc...etc...w カルドDS発売前に、僕の最大の力をもって、プルガサリを活かしたかったんですよねw 基本は、ブレイブソング時の読めない攻撃じゃんけん。 相手に守備アイテムを使わせるため、武器から先にキャプチャーし、 その上でチャリったりイントルったりするブックでした。 結果、ファンゴノイドはHP65に成長し、かなり鉄壁になり、 ゼラチンウォールは400Gを僕にプレゼントしてくれたんですけど…。 …プルガサリだけは最後までダメな子のままでした。
プルガサリィ〜。プルガサリよォォォォォ〜。 何でお前は90円でその程度の性能なんじゃよォォォォ〜。 同じ風で90円のグリフォンは、素で50/50だっつーのに、 お前は相手にアイテム使わせた上から倒して、やっとあいつと同じトコロに立てるんだぞ?! …いや。地には入れたな。それは評価するとしよう。 でもよォォォォ〜。 相手に喧嘩吹っかけた上アイテム使わせて勝つって、どんだけ難易度高いんだよ?! 自信が無いとき、レーシィに攻撃しないのの逆バージョンですよ?! プルガサリ相手にアイテム使って負けるの格好悪いから、ギリギリだと誰も防具使わないし!! 無事風土地取れても、40/40じゃ守る気しないし!! レベ3プルガサリを相手にパライントルされてガッツポーズ出してる俺が、凄く恥ずかしかったぞw!!!! アレだな。 お前はあの『アベンジャーの出来損ない』以下の存在だよ。 あの、頑張って20ラウンドまで序盤を続けさせないと活躍しない…。 20ラウンド過ぎても、3ベンジャー以下の能力しかない…。 あのサー・ガウェン以下の存在…。 もう…。オレはお前を見限った…。 あとは好きにしろ…。 バイバイ…。 バイバイ…プルガサリ…。
ちなみに、試合は3位でした。 中盤、制圧しまくりだったんですけど、アレス場になって半壊w 総魔力から見て、3位決定戦に勝っただけの内容でした。 おろろ〜ん。
2008年09月16日(火):負ーけーたーZEー。 カルドセプトサーガ
今日は、久々に風ブックにチャレンジしてみました。

「トルネード×アメジストリングで敵を倒す」という、無駄だらけのブックを組んでみたところ、
オマケで作った「フロストビースト×アメジストリング」のコンボのほうが脅威だったという悲しみw


僕、どうも風ブックを使いこなせないんですよね〜。 自作の風で勝てたの、ずいぶん昔に作った、おっぱいブックぐらいなんじゃないかな〜w? ■れっつらさんの得意属性 火地≧地≧火>>(即時&ランプロの壁)>>水≧無≧水風>>風>>(ゴグマ使えねぇの壁)>>地風>>>(論外の亜空間)>>>火水
2008年09月14日(日):4連勝だZE、ふっふ〜。 カルドセプトサーガ
3日前、ついに僕の TS が 26 になりました!!

宇宙一のメンバーのほとんどが TS 26 以上だったので、
僕にとっては夢の数値だったんですよね〜。


TS 26 になって最初の対戦は、 たれさん、デザきちさん、Aさんとの戦いでした。 たれさんと僕が僅差で走り始めた際に、 デザさんかAさんが、たれさんの足を引っ張ってくれたお陰で勝てましたw (うろ覚え)
今日は、のびスケさんと2連戦。 1試合目は、のびスケさん、makuseruさん、HILL HILLさんという、 野良カルド常連メンバーズの戦い。 トレスパスをサプられた場の中、 早めに4レベを作って踏ませた僕の勝ち。 たれさん戦、のびスケさん戦で使ったブックは、僕の新ネタ「ドルールアングリーブック」。 貫通攻撃&アングリーマスクで、ほとんどのクリを殺し、 条件によっては、ドルールカウンターや素ドルールでも殺せるという、 会心のバカブック。 秋月さんは、日ごろドルールを捻りこむように使いながら、こういう気持ちになっていたんでしょうかねw? このブックが完成したら、秋月さんの「秋刀魚定食」に対抗して、 「ブリ大根定食」辺りの名前を、名乗ってしまおうかしら?しまおうかしらw?
2試合目は、のびスケさん、reqtemさん、Bさん。 僕が使ったブックは「帰ってきた十歩神拳」から、拠点をチョット散らしたブック。 シニリティが全弾火を噴き、皆がアタフタしている中での余裕のゴール。 これは気持ちの良い試合でしたw シニリティ4発は、結構バカに出来ない破壊力ですね。 正直、アングリーよりこっちを極めておくべきだったぐらいw 適当に目の前の高額土地に撃てば、2手ぐらいのアドバンテージが得られるんだもんなぁ。 (撃たれた人限定だけど) 走りにシニリティは、結構有りですね。
3日前の勝利と、昨日今日の3連勝で、 僕のTS順位は、175位ぐらい?になりました(うろ覚え)。 僕的には、26をキープしたままDSに入れれば言うこと無しなんですけど、 果たしてどうなるコトやら?
2008年09月10日(水):宇宙一のリプレイその2ー。 カルドセプトサーガ
続きまして、同盟戦のリプレイー。

同盟戦は、お互いプライベートチャットでの進行だったんですけど、
そのせいでリプレイの音声がボイチャで五月蝿くなってしまったので、
このムービーは無音でエンコードしてあります。

…まあ正直、自分の爆笑している声が恥ずかしいからですw
相手が真剣にプレイしている中爆笑しているっていうのも、なかなか失礼な気もしますしw
皆ごめんぬぇい〜。

同盟D卓リプレイ(980MB)
↑終了ー。


ところで、カイチさんの同盟ブックのコメントが、何だかくすぐったいですw 人妻に感謝の言葉を貰える夢のゲーム、カルドセプト!! れっつらさんのオススメです。
2008年09月08日(月):宇宙一のリプレイー。 カルドセプトサーガ
宇宙一の個人戦が終わったので、僕が戦ったB卓のリプレイを載せておきます。

個人戦B卓リプレイ(904MB)
↑終了ー。

明後日あたりにこっちを消して、同盟戦のリプレイをアップします。
容量は大丈夫なんですけど、通信量がヤバくなりそうなので。


最近は、以前頑張っていたシニリティブック「十歩神拳」の最終版に向けて頑張っています。 完成した暁には替え歌で祝おうと思っていて、実はもう、そっちは完成しているんですけどw 最後の詰めがまだまだで。 あ、あとコロ2の3人戦で、しおたれさんの「アリペルーダw」使ってみました。 トレスパス4枚と、ヒーバル3枚がポイントなんですね。 適当に撒いていれば、結果的にカタチになってしまうという…。 アリとの相性が抜群で、素晴らしかったです。
2008年09月06日(土):チーム LOVE☆ずっきゅん、試合終了ー。 カルドセプトサーガ
皆様、をつかれさまでしたァー!!
れっつらです。

チーム LOVE☆ずっきゅんの最後の試合を担当させて戴きましたァー!!
…負けちゃいましたけどorz!!!!

しかも、よりによって、
前評判も高く、未だ負け無しのチーム 天然理論に負けるんだもんなァ〜。
あそこ、まだ試合半分しかこなしてないのに、30ポイントも有るじゃんよ!!

ウチなんて、全部終えて30ですよ!!
ビリじゃないZE、HUUUUUUーですよ!!

LOVE☆ずっきゅんの戦いは、もう終わった…。
皆、あとは頼んだ…。

…出来れば、メルさんをタイマンで倒す流れでよr……w

皆「れっつらァァァァァァー!!!!」


…さて。まあウチは30点だったんですけど。 大番狂わせが無ければ、おそらく5位。 ウチに良い展開が有れば、4位も夢じゃないポイントを得たので、 あとは結果待ちですね。 4位になりたいな〜。 半分より上になりたいな〜w