脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年05月 ≫
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2003年11月04日(火):プログラマ人口は、思った以上に少ない。 日記
今日も一生懸命お仕事したのでした。
社長が忙しいのをイイことに、自分で自分とオジサンの仕事を割り振っているのが、何だか優越感。
(朝礼などで、許可は取ってますよ。)
一方、お姉IIさんはお昼ご飯を夕方の4時50分に摂ったのでした。
…僕がそれやったら、おそらく死んでるなきっと。


さすがにウチの会社、人材不足になってきたので、 先週辺りから、求人サイトによる人材募集をはじめました。 「おおー!!来てる来てるよ、応募のメールが〜。」 ウチの会社、皆でメインのメールアカウント共有してるんで、 皆で応募メール確認出来ちゃうんですよね。 どれどれ、どんな人材が居るのかな〜?
応募してきた人は、 65%がWebデザイナー志望、30%が事務志望、 残りの5%(て言うか1人)がWebプログラマ志望といった感じでした。 Webプログラマ志望。僕の予想以上に少なかったですね。 Webデザイナー志望は、20代前半から40代まで幅広い年齢層の方が居るようです。 芸大卒で、普通の職業経由のWebデザイナー志望とか、 有名大卒で、ミュージシャン志望経由のWebデザイナー志望とか。 上っ面のプロフィールだけでも、いろいろなドラマが見えてきます。 皆が皆、Web系の専門学校卒なのにはビックリしました。 パソコンが有れば、あとはほとんど無料で自分を磨けるWebプログラマとは違い、 Webデザイナーには、フォトショやイラストレータや、DreamweaverやFlashが必要になるので、 講習費も含めると、もの凄い値段になるはずなんですけどね。 …それでも、何で皆デザイナーに行っちゃうんでしょうね? お姉IIさんは「きっと、とっつきやすいからでしょう。」と言っていました。 でも、僕にとっては、デザインよりプログラムの方が何十倍もやり易いんですけどね。 (一応、漫画描く人なのに) プログラマ…ほとんど兵隊にしかなれない代わりに、給料と需要は多いんですけどねぇ…。
…いかん僕。この現実に甘えて「何度もプログラマ転職しようかな〜?」とか考えてしまった。 おそらく、別ジャンルPGへの転職で身につく力は、多くてあと2度程度!! その後はきっと、なりたい上級職に就いたほうが、きっと勉強になるはず!! 今回のバイトの収穫は、笑いが止まらないくらい大きかったですけど、 それに甘えない人生設計が肝心ですよね。きっと。 …その割には、次回以降の人生設計が抽象的過ぎるんですけど自分。 まあ、なるようになるでしょ(死)。
2003年11月03日(月):いろんな意味で、超B級。 日記
うわぁぁぁぁ〜!!あんまりだよフロントミッション1st〜!!
パッと見、スーファミ版とほとんど何も変わってないじゃないかよォォ〜。
あのイライラさせる操作性で、オレを80時間遊ばせようだなんて無理っすよー。
シナリオ増えても、ここまで嬉しくないのは初めてかもですね。

そんなワケで、今現在プレステ2は、父と弟がDVD見るのに使ってます。


午前中、キルビルを見てきました。 100%バカなのを期待して行った僕の思いは、良い意味で外されました。 バカだけど。 「バカだ」「バカだ」と言いますけど、 一言に「バカだ」と言っても、それはもう例えきれないほどのバカが有ると思うんですよ。 「物語の40%は、外人さんのヘタな日本語で語られていたような気がする」的バカとか、 (先生!!字幕が欲しいです!!) 「日本文化が明らかに違っているような気がする」的バカとか。 (きっとパラレルワールドの日本なんだろうなラララ〜)
でも、バカでは括れないバカが多かったと言うか、 分かっていても絶対に真似したくない「馬鹿」表現が凄かったんですよ。 血がドバドバ出て人がドバドバ斬られて阿鼻叫喚してるトコとか、 「復讐」の気持ちに至るまでの、不自然なまでの自然さとか、 性的なブラックジョークが、気分悪くなるくらいまで出てくるトコとか、 それでも、出てくる女性陣がやたらと逞しいトコとか。 (まあこの話、一人としてまともな神経したキャラ居ないと思うんですけど。) それで、美しい女優たちが、 絶対にイメージぶち壊すような死に方ばっかして死ぬんですからね。 「…どんなに美しく生きても、死ぬときはみんな汚いんだねぇ。」って感じでした。 …いや、生き方も「美しい」ってよりは純粋に「壮絶」と言った方が良いのかも。 すごく見る人を選ぶ映画だと思いますけど、 前々から「見てえ〜!!」とか叫んでた人は、絶対に見に行ったほうが良いですよ。 いろんな意味で、ド肝抜かされると思います。
2003年11月02日(日):終了ー。 日記
今日は講習の最終日でした。
僕は、普段から「遊びの土台作成」という自習をやっているので、
課題の進みも、他の人よりちょっぴり速いです。
シャー!!

今日のお昼ごはんは、講習お昼の締めくくりとして、
この期間中に食べた昼食の中で最も美味しかったものを食べてやろうと思いました。

ジャーン!!麻婆豆腐ー!!

この、山椒とかイロイロな実とかが入っていて、辛さと旨みがジーンと来て、
そして流させる汗の量が半端じゃないという、僕史上最高の麻婆豆腐…!!
有りがたく頂きました。
とても美味しかったです。

修了証書も貰って、達成感もひとしお。
貯金をほぼ全額40万も使ってしまったけれど、それ以上の力がつきましたよ。
ありがとう。そしてサヨウナラー。
…事務のお兄さんが、未だに「次のコースはどうですか?」言ってきたのがウザかったでしたけど。
100%晴れ晴れした気持ちで別れさせてくれよー。


家に帰ってきてからは、弟とゲーム三昧してました。 みんゴルとか、昔のK−1のゲームとか。 昔のK−1のゲーム、やたらとジェノム・レ・バンナや武蔵が強いんですけど、 あの頃は、ジェノム・レ・バンナがあんなに強くなるとは、ちっとも思ってなかったよなぁ〜。 アンディ・フグ、余裕で生きてた頃のゲームですしね。
明日は、朝一でキルビル見に行く予定です。 そして帰ってきたら、ネットで買ったフロントミッション1stをやるのさー!! もう発売されているとは知りませんでしたよ。ハイ。
2003年11月01日(土):夢のせいで、お休みした気になれてナーイ 日記
今日は一日中ゴロゴロ…って言うか、寝てました。
土曜は休む日、日曜は講習の日、月曜は映画見る日にしました。
たぶん。


夕方、ムチャクチャ嫌な夢を見ました。 おそらく、これまで僕の見た夢の中で、一番残酷な、グロい夢なんじゃないかと思います。 あまりにも嫌な内容なので、日記で書いていいかどうかすら謎なんですけど、 他に書くことも無いので、今日はその夢の内容を書いてみます。 グロいの嫌な人は、今日はここでお終いにしといてください。
近所の早ジャンプを売っているコンビニで、僕が買い物をしていると、 目の前でお菓子を万引きしようとしている少年を発見しました。 僕は、その子の腕を握って「万引きしちゃダメ」と言いました。 そしたら、その子は逆に僕の服を掴んできました。 少年の瞳の中は怒りに満ち溢れていました。こっちが怖くなるほどに。 すると、少年の後ろからコンビニのオジサンが現れました。 手には、刺身包丁を持っています。 オジサンは、僕に「すぐに離させるから待ってて」と言うと、 子供の手に包丁を突きつけ「さあ、手を離しなさい」と言いました。 でも少年は怒った顔のまま、固まったかのようにずっと僕の服を掴んでいます。 オジサンはそれを見て、段々恐い顔になってきました。 オジサンが、包丁で子供の手の甲を貫きました。 僕はその光景を見まいと顔を背けるのですが、何故か刺さっているところが見えてしまいます。 それでも少年は手を離しません。 オジサンは次に、少年の小指の付け根に刃を突き立てました。 そして、そこから少年の小指をくり抜くように動く刃。 僕はもう、泣きたくてしょうがない心持ちです。 少年の小指が落ちる音が聞こえました。 それと同時に、僕の服を握る少年の手の力は段々薄れ、 ついに少年は、オジサンに取り押さえられてしまいました。 少年は店の奥に連れて行かれ、僕とオジサンは救急車を待っています。 僕は今すぐにでも帰りたかったのですが、オジサンが「証人が要る」と言って、帰してくれません。 僕は、凍りついたようにオジサンの隣に座らされたままで居ました。 「逆らえば、僕も同じ目に遭う。」そう言い聞かせながら。
僕、これまで血の出る夢なんて、記憶に残っているものでは 「スパイVSスパイ」に出てるみたいなスパイに、脳天を撃ちぬかれた夢くらいなモンなんですけど 今日のはもう、超出てました。 自分、血ィー見るの嫌な人なので、嫌すぎです。
明日は、講習の最後の日です。 ついにラストか…。ばんがるぞー!!!!
2003年10月31日(金):これから。 日記
事務のお姉さんといつものお姉さん、お仕事お疲れさまでしたー。
今日は、2人のお姉さんが会社で働く、最後の日でした。

事務のお姉さんは、もう妊娠6ヶ月くらいなんですよ。
妊娠の影響が体に出やすい家系らしく、いつも辛そうで、
これまでも月に3回会社に来れるか来れないかくらいだったんですけど、
これで、やっと体の管理に専念出来そうです。

いつものお姉さんは、イロイロな意味で会社の要となる人でした。
でも、同時に一番負担の大きい立場でも有ったんですよね。
笑い上戸で、「変態仮面」ネタや「@@プレイ」ネタなど、
女の人なのに、濃いネタを平気で振ってくる素晴らしい人でした。
何だかんだで来月も現れなきゃいけないそうですけど、とりあえずお疲れさまでした。


弟に、久々に「会い」ました。 自分の研究と後輩の研究の手伝いで、ここ2週間くらいずっと忙しくて、 家にもなかなか帰って来なくて、帰ってきてもずっと忙しくしていて、 ぶっちゃけ、いつ寝てたんだ?って感じで。 家で一瞬すれ違うことはあっても、面と向かい合って話をすることが無かったでしたからね。 昔は随分「妹」に憧れましたけど、 (今でもネタでは憧れてますよ(死)) 男兄弟ってのも、ナカナカ味の有るモンですねぇ。 特に、お互い二十歳を越えたあたりから面白くなってきましたね。 それぞれが成熟して、それぞれが一人前のコトを始めてきましたから。 だんだん、年の上下ってよりは、仲間って感じになってきてますし。
そう言えば、「父親」の意味が変わってきたのもそのころでしたかね。 家での最終決定権というか、「力」の象徴というか、勝手にライバル視してたものが、 最近では妙に素直に「人生の先輩」として受け止めているような気がしますし。 「大きくなった息子と酒を交わしたい」というフレーズの分かる年頃になってしまいました。 僕はあんまり家ではお酒を飲まない人なんですけど、 よく親父と、ニュースとか一緒に見ながら、アイスとか頬張って話したりします。 …やっぱ、お酒のほうが良いんですかね?
2003年10月30日(木):ヒーコラヒーコラバヒンバヒン!! 日記
疲れた〜。マジ疲れたよ〜。
…ここ3日間、疲れたばっかですな。自分。

これでも、会社の中ではぶっちぎり1位の帰宅時間なんですけどね。
稼働時間が9時間超えると、バグ増やして仕事増やすだけですからねぇ。
…などと言い訳してみる。


今週末は3連休なんで、それだけが今の希望になってます。 ああ〜。きるびる。キル・ビル見に行きてえよ〜。 直訳すると「ビル殺せ」。 もうバカ臭満載の予感ですよ。早く笑いたいですよ。 (その期待は何か間違っている) もちろん真面目な意味でも見に行きたいです。 「直感的なバカエンタテイメント」が僕の放つ作品の傾向だと思っているので、 積極的にイロイロなバカを取り込みたいんですよね。 …真面目に見ても、バカかよ(笑)!!
ああ。あと今週の仕事は、明日で終わりだ!! 一応、今週中で一回仕事のケリをつける予定だったんですけど、 ぶっちゃけ、これで終わっても「第一部完」未満の仕事になっちゃいますし、 明日も社長、他人の仕事見るヒマすら無さそうなんで、 明日は定時まで頑張るだけ頑張って、あとは来週に持ち越そうー。
今週末は、講習の最後の日でもあります。 オブジェクト指向が本当の意味で分かったのと同時に、 プログラマの人が、自分で「兵隊」言っている本当の意味を知った気のした3ヶ月ちょい。 この間で学んだことは、それまでの2年分以上に匹敵しましたですよ。 鬱の遅れを一気に取り戻せて、清清しさすら感じます。 …幻にならなきゃいいんですけどねぇ。
2003年10月29日(水):一度、絵本っぽいコンテンツを作ろうととして、止められたコトのある男。 日記
疲れたー。疲れたー。頭が痛いよー。

今日は昨日に引き続き、仕事で猛烈に頭を使いまくりました。
一日なら良いんですけど、二日続けてだと蓄積したものがキます。
そんなワケで、今日はバーッと書いて、バーッと寝るぞー!!


今日は、皆して猛烈に忙しい日でした。 あまりの仕事の壮絶さに疲れまくったお姉IIさん、壮絶なボケを連発。 これがギャルゲーか何かだったら、きっと「萌え〜萌え〜」言われるんでしょうけど、 原因が原因なだけに、可哀想すぎです。 お姉さんもお姉さんで、忙しくて今月中に仕事の引継ぎとか出来無そうなんで、 来月も会社にゲストとして現れなきゃならなそうらしいですし、 とにかく、皆大変な感じなんですよー。 …社長は、どんなに忙しくしていても、どうしても社員よりは忙しく見えないんですよね。 「僕が同じ仕事やったら、きっとまたアレが再発する」ぐらい、 壮絶な仕事っぷりではあるんですけどね。
今日の帰りは、久々に歩いて帰りました。 先週は、風邪の親の夕食を買わなきゃいけなかったので、ずっと電車でしたし、 昨日は雨でしたし、一昨日は「子連れ狼」の日でしたからね(死)。 ペットショップをすれ違ったときに、ふと絵本の「100万回生きた猫」を思い出しました。 アレって、無条件で泣けてしまえるくらいの名作ですけど、 考えてみると、言葉でどうやってもその良さを説明出来ない作品なんですよね。 あの本を読んで流す涙は、何に対するモノなんでしょう? 可哀想?違う。良かったね?違う。 ただの一匹の猫の人生の幕引き。強いて言えば、その大きさ? 理屈よりきっと、感覚の作品なんでしょうけど、 アッパー系でもダウナー系でも無く、淡々と流れるような。 そんな作品を、偶然でも良いんで一度作ってみたいモノです。 僕が何か作ると、9:1でアッパー系の作品が出来上がりますからね。 残りの1も、ダウナー系ですし。
2003年10月28日(火):月末大忙しセール。 日記
疲れたー。頭疲れたー。
仕事が終盤に近づくと、これまで見えなかった問題点が露出してくるってコト、
大抵有るモンなんですけど、
今日は何つーか、そんな事象のオンパレードでした。

会社の他の人も、皆してムチャクチャ忙しくしていて、
今週来週は、きっと皆黙々と仕事していくんでしょうね。
まあ僕は、やるべきコトがハッキリしているんで良いんですけど。


今日のお昼は、社長が何だか僕と一緒に昼食を食べたさ気だったんですけど、 仕事で忙しい中、半ば打ち合わせのような昼食を摂るのも疲れるんで、 ちょっと時間差で昼食を摂りに出かけました。 お昼。スタバで暖かいカフェモカを飲む至福のとき。 ホッと息をつくと、脳内麻薬が分泌されていくのが分かります。 ああ。僕は生きているんだねぇ〜。 僕には夢が(いっぱい)有って、常にそのために頑張っています。 やり方や現在の状況は、正直世間様に誉められるモンじゃ無いですけど、 いつか誰かに「頑張っている」そのことを認めて、誉めてもらいたいです。 そうでないと生きている意味が無い。
ときたま梅くんに 「日記で「頑張っている」と書かれているのを見ると、ちょっと焦る」言われるんですけど、 そういうときは内心、ハイパー上機嫌だったりします。 人間って、単純ですね。