脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2018年11月 ≫
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2008年04月28日(月):あのルール、マジリスペクト。 カルドセプトサーガ
えっと、宇宙一リーグオンライン8回戦C卓で1位を取りました。
これで5戦3勝(4戦目からの途中参加なので)。

サーガ組で TrueSkill も25なのに、正直有り得ない実績をゲットしてしまいました。
嬉しいですけど、これから先が怖いなー。

昨日の試合も、何か負けた気持ちしかしてないですしね。
コメットと、パラライザー+イントルード+サンクタムガード+コインのコンボを持っている うみさんに対して、
目の前のアーウィソウトルを5レベル上げ…って、
そこでコメット撃たれたら、死んでるっつーの!!
(コメットが見えていなかった、れっつら)

その時点でうみさんが4位だったのと、
別の水クリにイントルード侵略していれば、高価値の水護符ゲットだったのもあり、
コメットではなく、イントルード撃ってくれましたけど、
あれは致命的だったなー。

次に、自分のカロン移動侵略で、手持ち魔力を0にしてトランスする作戦も、
7G余らせて終わっちゃってましたし。
…次に踏めるダイスが出てなかったら、死んでたっつーの!!
道具の空撃ち、出来たでしょうがー!!

リプレイ、見てみました。
http://video.google.com/videoplay?docid=-6665954863081423520
更にダメな手がバリバリ見えました。ある意味凄えw


現状、リーグの上位ランカーとは一度しか戦っていないので(カエデどんさんのみ)、 これからはかなり勝てない流れになるかと思います。 て言うか、3勝で充分です。自分。 でも、惨敗は嫌なんで、負けないブックは組みますけど。 次回は【負けそうな面ランクNo.1】のクラヴォニアなんで、 かなり必死こいてブック組みますけどねw
第15回の2ch定例会は、かなり面白そうなルールだったんですね。 今まで、サーガが初めての方でも参加しやすいように、 色々な方が様々なルールで大会を運営してきましたけど、 今回のルールほど、僕の心を突き動かすルールは有りませんでした。 『クリーチャーをなるべく同じ種類で揃えること。 「種類」とは何か、解釈は自由。』 自分のこだわりを持った縛りでネタブックを作り、それを激突させるなんて、なんて素敵な大会なのでしょう? 参加した方々のブックコメントからは、溢れんばかりの楽しさを感じましたし。 僕がいつかカルドの大会をやるとしたら、一度このルールをパクらせて貰いますねw パクりじゃないッスYO〜。リスペクトッスYO〜。
2008年04月25日(金):らしさと強さと。 カルドセプトサーガ
ちょっと明日は朝早いので、今日はブックを編集しただけで止めにしました。


今日編集したブックは、 練ってより良いブックに出来たと思える部分と、意地で変えられない部分、 その両方が混在しています。 いつもよりは無難…なんでしょうか? 例えるならば、 お腹の中から、物凄い勢いで湧き出ているエネルギーを、 何とか頑張って分配したかのようなイメージ。 僕の性格が出ています。 本番、僕の卓は、もう明後日なんですよ。 前回の決着がついたのが皆より遅かったのもあって、準備不足で。 面が慣れているのが救いと言えば救いなんですけど、先ずは回してみないとな。 これでいくかも、いまいち未定ですし。
2008年04月23日(水):アイアン場で歩数を間違えて死ぬの巻。 カルドセプトサーガ
今日は、16bitsさんを交え、野良で戦ったんですけど、
タイトル通りの理由で死にました。

アタシ、レベ5ミミックリーアーマードラゴン、7歩先に居ると思テタアルよ。
…6歩先じゃないかい…!!

これを本番でやったら、またお葬式でした。
あそこからそこそこの試合にまで戻せる 16bitsさんは、本当にセプターの鑑だZE!!
…本当に申し訳ありませんでした…。

感想戦のチャットでも、全然普通でしたし。
3賢者の一人にしたいぐらいでした。
(ハズレが多いですけど)


ブック、どうすっかなー。 皆、慣れに慣れまくっているマップですからね。 上手く回った(と思われる)ブックを改造していくのが無難ですかね? ただ…宇宙一の4試合を経たためか、 僕のブックの見方が結構変わってしまっているため、 昔のブックを昔のまま読むコトが出来なくなってしまいました。 これは、吉と出るか、凶と出るか?!
2008年04月22日(火):バカだしに戻る。 カルドセプトサーガ
4戦目のブックコンセプト「アベンジャーを殺すw」
5戦目のブックコンセプト「無効化クリ以外を殺すw」
6戦目のブックコンセプト「先に撒いて、生殺すw」
7戦目のブックコンセプト「HP30クリを殺すw」
(笑)

7戦目のブック「細木数子」への、オルテシアさんの感想。
「メタじゃなくって博打に近い。」

宇宙一メンバーの中で、一番負けそうな僕が勝つには博打しかない!!
例え博打でも、勝ってサーガ組に勇気を与えるんだー!!
…そんな思いで、4戦から7戦までを終えてみましたが…。

結果、博打が自分の予想以上に上手くいってしまい、
とりあえず結果が残せてしまった上、
正直何だか申し訳無くなってきたので、
そろそろごり押しを止めて、ちゃんと臨機応変に行けるブックを組みたいなー。と思っております。
組みたいなー(笑)。


今日は、箱を点けたのが22時ごろでした。 新しくブックを組んでから試合に臨むと、終わるのが遅くなりそうだったので、 宇宙一に参加する以前に練っていた某ブックを練り直すことにしました。 そのブックの名は「十歩神拳・戒」。 シニリティを掛けた10歩先のクリに、無敵クリを突っ込ませるという、 大変非効率なバカブックです。 そのあまりのダメっぷりに、一度は封印しようかと思っていたのですが、 掲示板の「即時と組み合わせたほうが良くね?」というコメント(by 機械科ボイラーズさん)より、 もうちょっと練ることにしたんですよね。 それで、コレが練り直したあとのブックなんですけど…。 ノ[十歩神拳] パッ
…僕、 いつもコロ2で、色も合ってないのにトケビを2枚入れる人を見ると、 「何で皆、意味も無くブックにトケビを入れるのかな〜?」 「コロ2でそんなにトランスしたいのかな〜?」 とか思ってしまっていたんですけど、 …今日やっと、その人達の気持ちが分かってきました。 守りの鉄則って、 ・上げる ・守る ・(守れそうになかったら)売る だったんですね。 こんなブックでそれを知ってどうするw そして、オレはこんな人でいいのかwww うぇっwwww うぇっwwwwww 何だか、とてもカオスな気分になってきたよ。パトラッシュ…。
今日、コロ2で戦った方とフレンド登録しました。 まだ空きは全然あるんで、ぜひぜひどうぞ〜。
2008年04月21日(月):オイオイオイィ〜。 カルドセプトサーガ
昨日は頭の使いすぎ?のせいか、頭が痛くて寝ていたので、
「今日は久々にコロ2で変なブック使うぞ〜!!」と
意気込んでいたのに…。

メンテですかい!!

XBOXのお知らせ、ボタン押し間違えちゃって、読まずに即消ししちゃったんだよなー。
痛いなー。

こんなコトなら、マリオカート買ってくるんだったZE!!
…思いっきり売り切れてそうですけど。
2008年04月20日(日):宇宙一リーグオンライン:第7戦感想。 カルドセプトサーガ
やった〜!!1位だ〜!!
れっつらです。

今回のマップはカニンガンでしたけど、
このマップ、かなり考えることの多いマップでした。

土地上げと護符の関連性。
他人の連鎖数を常に意識し、他人のラントラに合わせてドレマジを放つ。
逆にこちらは、相手のドレマジが無いときにラントラを行う。
1人トレスパも場合によっては馬鹿にならないので、それも警戒しなくてはいけないし、
倒せるクリーチャーを1度見過ごしてしまったら、もう2度と倒せないなんてのもざら。


僕はイロイロ考えると、かなり自爆するタイプなので、 今回も自分に合わせてシンプルな戦略を取ってみるコトにしました。 ブックはこちら。 http://rettura-festa.net/culdceptsaga/details.php?book_id=720 「細木数子」 1.倒すクリーチャーは連鎖要員の撒きクリーチャーに限定する。 一撃必殺はロマンですけど、この面でロマンを追求するとコスト悪そうなんで、 どうしても撒きしか倒せない構成にしました。 …それでもスパーでは抜けだらけでしたけど。 2.戦略を、ラントラと撒き侵略の2つに限定させる。 トレスパスは、決まれば大きいですが、 即撃ち大好きな僕としては、無いよりは有ったほうがマシな程度だったんで、1枚しか入れていません。 セフト使いこなせないからトレスパ。しかも1枚。 アタマの悪いチョイスですが仕方ありません。 3.ドレマジは3枚。 カニンガンは、基本ラントラの加速対決になると思いました。 ゆえにドレマジは厚く用意。 自分の魔力を700G以上にし、相手のレベ5形成を1コに抑える。 ドレマジですら、出来ることと言えばそれぐらいがせいぜいですけど、 ドレマジが無いと、人って凄いフリーダムにトランスし始めるので。
あとは、スパーで学ぶだけでした。 でも、出来る人のトランスっぷりを見ると、到底敵わないコトが分かったので、 とりあえず、歩くコースのプランだけは立てておきました。 1周目: 火土地が取れる確率の高いほうへ進む。基本は逆時計回り。 コンジャラーの能力は、常に城手前の火土地を意識する。 2〜3周目: トランスの準備が整ったら、進行方向を時計回りにチェンジ。 聖堂手前でトランスし、護符を買って城手前の火土地を上げる。 4周目以降: もう一度トランス上げを決めて、足 or リコール達成。 今日のお昼のスパーで、上記のプランを実際にやってみたのですが、 そこでは、最初の撒きが全然出来なくてボロ負けしてしまいました。 そこで試合後、羽場さんと機械科ボイラーズさんのアドバイスから、スパルトイを2枚入れてみました。 結果、ナイススパルトイでした。
■今日の試合の流れ れっつら>やどぅ>うみ>マネ(敬称略) ・1周目 僕がいきなりダイス7を出し、モーフィング土地にフェイを置き、レベル2上げ。 2ラウンド目にフェームを引き、即撃ち→砦着地で、フェイが3レベルに。 そこからは適当に走って土地ゲット。 スパルトイが火土地に着地したのもあって、土地4連鎖ゲット。 回転床経由で城にピタリ着地し、フェイを4レベルに。 やどぅさんは、最初3を出し、城右側土地にマッドマン配置。 その後、南火土地のアガマにワイグロを撃ったりして、3連鎖ゲット。 途中、最初のマッドマンを3レベに上げています。 うみさんは、最初事故ってましたが、風3連鎖。 マネさんはダイスに恵まれなかったものの、好プレイングで4連鎖を確保。 城到着時に、回転床のフェイを3レベルに。 1周目のトレスパをマネさんが撃ったあと、やどぅさんがマネさんのドレマジをサプレ。 段階が比較的進んでいる僕は、ラントラによる逃げを決行しようと画策します。 ・2周目 作戦通り、僕は時計回りに周回開始。 コンジャラー+ソウルレイで、うみさんのシルフを焼き、皆を「?」とさせますが、 次のラウンドで都合よく砦着地→城手前火土地にバ=アル召還。 その後、南の空いた火土地にリビングミラーを置いて6連鎖。 4レベフェーム即撃ちのあと、砦に止まってバ=アルを3レベに上げ。 ほこらで偶然火護符5枚ゲット(笑)。 やどぅさんは、トレスパが決まり、地土地にクリも置けてそのとき1位。 マネさんは、回転床の土地を上手く使い、最初の4レベトランス(4連鎖)を決行。 うみさんは、スカルプチャーでほとんどのクリをスタチューにします。 手札にはモスマンが居ますが、切り札のため、なかなか場に置けず。 その後、皆の防具を消すためのエロージョンで、自分のモスマンまで破壊。 ちょっと悲しそう。 西砦手前。トケビがなかなか引けない僕でしたが、 砦隣のモーフィング土地にソーサラーを置いて7連鎖にした直後にトケビGET。 偶然にも次のダイスが1で砦だったため、置いたばかりのソーサラーをトケビにチェンジ。 4レベルのフェイをトランス。 聖堂で火護符を15枚買って20枚にし、城手前のバ=アルのレベルを5にします。 ・3周目 この時点(18Rぐらい)で、僕の優勢がかなり明確になってしまっていたので、 皆、一斉に対策を練り始めますが、なかなかクリティカルなスペルが出ず。 僕は、先ほど上げたバ=アルをトランスし、南火土地+東砦隣スタチューのレベルを上げ、 リコールで城に戻り達成しました。
途中経過を見ても分かる通り、 今回の流れは、かなり運が良かったというか、ぶっちゃけチート臭かったですw 運とは別に、僕視点で見てクリティカルだったのが、 1周目のドレマジサプレと、2周目のモスマン破壊。 魔力干渉と、地上戦の手段が無い状態だと、 もう止める手段は地変ぐらいしか存在しなくなってしまうワケで、かなり逃げに期待出来ました。 実際あそこで地変が出なかったのは、かなりラッキーでしたけど。 次回は、皆大好きコロッセウム2ですね。 絶対に荒れると思うので、大番狂わせが起こると楽しそうなんですけど。 僕はきっと、フリーダムなブックを組むと思いますw
2008年04月19日(土):カニンガンスパーその7。 カルドセプトサーガ
今日はいよいよ本番の日。
お昼に、機械科ボイラーズさん、羽場さん、たばちんさんとスパー。

流石に時間がギリギリなので書くネタに困るんですけど、
今回は初めて置き負けたので、それが教訓になりました。
最後は、羽場さんがお手本のようなプレイングでゴール。
僕は4位でした。

さ〜て。そろそろ準備をしないとな(本番30分前ー)。
2008年04月17日(木):BookBook Sagaを作った理由について。 カルドセプトサーガ
今でこそ皆に使ってもらえているBookBook Sagaですけど、
始めは人来なかったなぁ…。

こんばんは。れっつらです。

宇宙一の試合前,試合後というのは、参加者の方々の想いが膨れ上がる時期で、
僕も多少ながら、それに感化されてしまったので、
ちょっとイロイロ書いてみるコトにしました。


実を言うと、BookBook Sagaを作った一番の理由は、 「カルドセプトサーガに飽きそうだったから」でした。 一人でやっても、あんなにカルドセプトセカンドは面白かったのに、 何故(バグ修正してなかった頃の)サーガは3人戦やるのが精一杯なんだろう?! あと、どこ行ったら、他人のブックが見れるの? BookDB無いの? このままだと、対人戦の面白さ以前のトコロで、僕はサーガを辞めてしまう。 僕がサーガを一時的にでも辞めるのはまあ良いとして、他の人達まで辞めるのは勘弁だ!! …かなり身勝手な理屈ですけど。 あと、ワルいブックを作りたい僕にとっては、 ワルい自分をアピールする場も欲しかったんですよね。 「アングリーマスクのれっつらさん有名化計画」は、BookBook Sagaを作る前から実行していましたし。 …ただ、日記サイトを持っているだけの新参セプターじゃ、 なかなか読めるカルドサイトを作るのは難しくて。
そこで、僕はゴールデンウィークを利用し、BookBook Sagaを作りました。 ブックの情報を一つにまとめるコトにより、 バラバラになっているカルドのサイトをまとめるポータルサイトにはなれないかと。 そして、有名なセプターさんと仲良くなって、カルドが上手くなれはしないかと。 有名になれはしないかと(笑)。 半年ぐらい経ち、その目論見は大分実現してしまっていました。 今から振り返っても、なかなかのサクセスストーリーです。 しかも2月には途中からとは言え、宇宙一リーグにまで参加出来てしまいました。 それまで、機械科ボイラーズさん、ちゃおらんさん辺りの人達と、 たまにフレンド戦やらせてもらうので精一杯だったのに、いきなり名の知れた人達と対戦出来ちゃうなんて。 今では、16bitsさん、ZAKUROさん、秋月さん、まささん辺りを中心に、 普段からスパー出来る環境に居れてますからねー。 カルドセプトの真のゲーム性にも徐々に気づけてきていますし、素晴らし過ぎなんですよね。 どんだけ目論見が成功してしまっているのかと。
今の僕の目標は、かつて届かなかった雲の上に居た方々と戦い、 「うわ〜。こいつワル過ぎるZE〜。ぐえぇぇぇぇぇぇ〜。」 と言わせることです。 言わせるためには、最低限勝ちに絡まなくてはいけないですし、 勝ったほうが絶対に気分が良いので、 僕は日頃、勝つために頑張っています。 ただ、僕のカルドに対する姿勢は「ワルいセプターとして居る」ことなんで、 自分が理由で試合をお葬式にするとかでなければ、かなりのコトに寛容です。 「自分がお葬式にさせるのは嫌だけど、他人なら良いや。」という理屈です。 (…また身勝手なコト言ってますね。) 「とりあえず、技を放てたから満足」ってほど低俗では無いですけど、 皆が必死になっている中、僕が変化球を投げたせいで、泥沼になる。 そんな暑い試合を、僕は望んでいます。 誤植ではなく。
だから、クリティカルなスペルって、なかなか自分入れづらいんですよね。 仕事するのって、凄い理屈っぽいじゃないですか。大体がピンポイントですし。 チカラはチカラでも、もっとごり押しでいける力が欲しいんですよね。 さて。スパーするなら、あとは土曜昼だけですかw