脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2003年10月 
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2003年10月31日(金):これから。 日記
事務のお姉さんといつものお姉さん、お仕事お疲れさまでしたー。
今日は、2人のお姉さんが会社で働く、最後の日でした。

事務のお姉さんは、もう妊娠6ヶ月くらいなんですよ。
妊娠の影響が体に出やすい家系らしく、いつも辛そうで、
これまでも月に3回会社に来れるか来れないかくらいだったんですけど、
これで、やっと体の管理に専念出来そうです。

いつものお姉さんは、イロイロな意味で会社の要となる人でした。
でも、同時に一番負担の大きい立場でも有ったんですよね。
笑い上戸で、「変態仮面」ネタや「@@プレイ」ネタなど、
女の人なのに、濃いネタを平気で振ってくる素晴らしい人でした。
何だかんだで来月も現れなきゃいけないそうですけど、とりあえずお疲れさまでした。


弟に、久々に「会い」ました。 自分の研究と後輩の研究の手伝いで、ここ2週間くらいずっと忙しくて、 家にもなかなか帰って来なくて、帰ってきてもずっと忙しくしていて、 ぶっちゃけ、いつ寝てたんだ?って感じで。 家で一瞬すれ違うことはあっても、面と向かい合って話をすることが無かったでしたからね。 昔は随分「妹」に憧れましたけど、 (今でもネタでは憧れてますよ(死)) 男兄弟ってのも、ナカナカ味の有るモンですねぇ。 特に、お互い二十歳を越えたあたりから面白くなってきましたね。 それぞれが成熟して、それぞれが一人前のコトを始めてきましたから。 だんだん、年の上下ってよりは、仲間って感じになってきてますし。
そう言えば、「父親」の意味が変わってきたのもそのころでしたかね。 家での最終決定権というか、「力」の象徴というか、勝手にライバル視してたものが、 最近では妙に素直に「人生の先輩」として受け止めているような気がしますし。 「大きくなった息子と酒を交わしたい」というフレーズの分かる年頃になってしまいました。 僕はあんまり家ではお酒を飲まない人なんですけど、 よく親父と、ニュースとか一緒に見ながら、アイスとか頬張って話したりします。 …やっぱ、お酒のほうが良いんですかね?