脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2008年12月 
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2008年12月30日(火):近況報告その2ー。 日記
こんばんは。れっつらです。
せっかくの年末休暇なのに、ロクに予定も作らずにゲームばっかやっています。

会社の同僚からは、HEROESシーズン2のDVDを借りているのに、まだ見ていないし、
待ち合わせ掲示板のチャット機能製作は、今2時間ほどやって飽きたところだし(殴)、
本当に、こんな30歳になってはいけないお手本のような生活を送っています。


現在やっているゲーム。 ◆カルドセプトDS 最近、2〜3日に1ゲームしかやってないです。 DS版は、ゲームバランスがシンプルに完成されているので、未知の変態ブックを思いつかせるだけの隙が全然無くて。 なかなかテンションが上がらないんですよ。 それと、大会本戦の日に仕事が入っちゃったのも有ってね。 なかなかテンションが(ry あと、年末に他のゲームがイロイロ出てきたのも有ってね。 DS版べんりサイト管理人として、ちょっと申し訳ないコトになっています。 まあ、カルドはライフワーク化しているので、どうとでもなるんですけどー。 ◆Fallout3 核戦争後のヒャッハーな未来を遊ぶゲーム。 同じ会社の前作であるオブリビオンに比べ、システム周りがとても良く出来ています。 「サイボーグ化」「女性を口説く」「変なオッサンが出てくる」「動物と友達になれる」等のとんでもスキルを、 1コづつ地味に選択していく過程が面白すぎますw ただ、ゲームの中はずっと世紀末なんで、やり続けていると心が荒んできますし、 どうでも良いイベントが少ないので、オブリと比べて色々なキャラのロールプレイがやり辛くなっています。 オブリは8キャラぐらい遊びましたけど、コレは3キャラぐらいでいいかなー。 ◆Civilization Revolution ニコニコ動画で噂の麻薬ゲーに手を出してしまいました。 結果、見事にハマってしまい、現在に至ります。 人類の歴史をきちんと研究して、シンプルなゲームと化されているので、 ゲームのクセして、なかなか学ぶ点が多いんですよね。 「昔は数年で大陸制覇とか出来たのに、何で今は出来ないの?」とか、 「日本の自衛隊には爆撃機が無いけど、実際それで大丈夫なの?」とか、 「成熟した文化って何よ?」とか、 「原理主義のメリット、デメリットって何?」などの答えが、 ゲームの流れを通して、具体的に分かってしまうだなんて…!! (あくまで、シンプル化されたゲームのレベルで、ですけど) 今は、国王レベルで色々な文化でのプレイングを楽しんでいます。 1度、皇帝レベルにモンゴル文明で挑んだんですけど、 時間切れで、徳川家康に制圧負けを食らいました。 ガンジーで遊んでいるときに、毛沢東と民主主義仲間で結託してみたり、 史実では絶対有り得ない流れになるのも楽しいですね。 1プレイ4時間ぐらい掛かるので、本当に時間泥棒なんですけど。
たぶん、今年はこの日記で最後なのかな〜? 明日チャット機能が完成したら、それが今年最後の更新になるかもです。 それではまた〜。
2008年12月16日(火):近況報告ー。 日記
最近、Fallout3にハマっちゃって、
毎日毎日、ヒャッハーの頭をショットガンで撃ち抜く作業をやっていたんですけど、
そう言えば、最近日記更新していませんでしたね。

前の日記が、バアチャンが死んだハナシだったのもあって、
一部で心配な流れになっていたようです。
…いや、ゲームしていただけですからw!!


バアチャンの葬儀は、先々週末に行われ、無事終わりました。 先週末は、カルドセプトDSの東京予選にセガに行ってきました。 今週末も、後輩の結婚式のイベント要員に駆り出されていますし、なかなか師走らしい忙しさになっていますけど、 日記はあんましサボりすぎないようにしないとですね。
2008年12月01日(月):バアチャンが亡くなる。 日記
昨日の夜、ウチのバアチャンが亡くなってしまいました。

ウチのジイチャンバアチャンは、ダブルで要介護老人だったんですけど、
どちらかと言うと、体はジイチャンのほうが悪くて、バアチャンは壮絶にボケていただけだったんで、
まさか先に逝ってしまうとは思いませんでした。

死因は、吐いてしまったものが肺にも流れたために起きた肺炎。
入院する前の日の夕方、1度吐いていたのは皆知っていたんですけど、
かかりつけの病院に電話しても「脱水症状に気をつけて下さいね〜」としか言われていなかったので、
かなりビックリの展開でした。

肺炎が起きても、普通の人だったら治るレベルだったらしいのですが、
歳を取っていたせいで、白血球の数が足りなかったらしく。
老人も、赤ん坊とは違う意味で、大人と違う体をしているんですよね。


現在、僕は若干緊張して眠りにくいぐらいで普通なんですけど、 お葬式でバアチャンの姿を見たら、またチョット目に来るんだろうな。 親父は、一昨日あたりから相当消耗しています。 ちょっと変わり者だったとは言え、一家を支えたお母ちゃんだったからねぇ〜…。