脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2010年10月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2010年10月09日(土):不如帰 大乱 伝令カードと計略カードの説明ー。 不如帰 大乱
不如帰 大乱を紹介する企画、第3弾。

今日は、伝令カードと計略カードについて説明します。


『伝令カード』とは、武将が装備するアイテムを表したカードになります。 1人の武将につき3つ持つことが出来、一部のもの以外は1回で使い切りです。 使うには、武将がそれぞれ持つ行動(素早さ&MPのようなもの)を一定数使う必要があります。 特殊能力持ちや攻撃一辺倒な武将は一般的に行動が低いので、 行動を取るか?素のパラメータを取るか?もデッキを組むときに重要になります。 伝令を武将に装備させるためには、 大将の元から渡したい武将のところまで、伝令係(飛脚とも言う)を連れて行ってあげなければいけません。 伝令係は、ターンの手札実行フェイズが来る毎に、指定されたルートを2歩ずつ走っていきます。 途中、別の味方武将や敵武将にぶつかると、彼らがそれを拾ってしまいます。 要するに、遠くの武将にはなかなか伝令が届けられないということなのです。 武将を近くに配置させたり、大将も前線に出れば対策にはなりますが、それは戦略次第になります。 また、伝令の中には、デメリット効果のある伝令もあります。 相手の武将にそれをぶつけると、以降の戦闘で有利になれるので、そういった戦略も有効です。
『計略カード』とは、カードゲームによくある魔法カードのことです。 手札実行フェイズに使われ、手札を変更したり、武将を強化,弱体化させたり、 地形を変化させたり、天候を変化させたりします。 計略カードの中には、その効果を打ち消す『反計カード』というものがあります。 反計カードの中には、打ち消す対象が狭い代わりに、強力な追加効果のあるものもあります。 また、反計カードは、相手の反計も打ち消すことが出来ます。 一部、打ち消し不可能な反計カードがあり、それは人気のカードになっています。
次回は、有料のDLカードの中からお勧めのカードを紹介します。 たぶん更新は明後日。たぶん説明日記の最終回になります。 それじゃね〜。