脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2010年08月 
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2010年08月31日(火):夏風邪治らない カードヒーローDS
あ〜。夏風邪うぜ〜。
フラストレーションが溜まるぜ〜。

仕事、月末月初は忙しいから休めないし、
そもそも、有給はお楽しみ(別名:サボり)のために使うべきものであって、こういうときには使いたくないし、
体調悪いと仕事の効率悪くなるし、帰ってきてから一人で遊ぶ体力まで消耗するから、
嫌なんだよね〜。風邪は。


自作アナログカードヒーロー作成は、現在赤竜キバを3枚作ったところまで進行。 全部3枚作ったら、デッキを2つ作って対決させるんだ…。 スーパーカードとか足りない分は、その場で書いて何とかするんだ…。 ↓ココにゲームデザインについて、イロイロ書いてあったんだ。 http://d.hatena.ne.jp/shi3z/20100827/1282907546 ゲームのルールを安易に付け加えて複雑にすると、却ってゲームが混乱したり、興をそいだりするんだってさ。 言わんとしているコトは、何となく分かります。 だからこそ、実際にイロイロ試してみたいんですけどね。 …まだ準備段階のままじゃないかい〜!!!!
備忘録にも使えるように。 イロイロ考えている改造案の垂れ流しと、それに対する今の自分の見解を発表します。 1.どっかで散々言われてた、先手のストーン運用ルールの導入 確か、先手の1手目の余ったストーンはそのまま捨てる…。だっけ? うろ覚えですし、今ちょっと検索しても見つからなかったんですよねw こんな状態でココに挙げてもいいの?って気もしますが。 見つかったら試してみて、腑に落ちたら採用って感じで。 そもそも、うろ覚えだし今。 2.ほにゃららマスターの廃止と、汎用的なマスタースキルの導入 ブラック&ホワイトマスターの居るシニア,プロルールも面白いですが、 自分でスペルを好き勝手入れる自由さが売りのジュニアルールも面白いんですよね。 個人的には、対戦になるレベルで好き勝手させたいんです。 僕、好き勝手好きなんで。 …たぶん、こんなコト色々な人たちに何回も考えられて却下されているんでしょうけど。 僕の今考えている案は、マスターが好きなスペルを3つスキル化出来る代わりに、 そのスキルのコストを石1つぶん多くするというものです。 …これでも、バランス調整大変そうですけどね。 でも、カードのバランスを突き詰めるのなら、 これぐらいの仮定から挑まないと、良いものにならないような気がして。 一人で試してみて、ぶっ飛んだ組み合わせを思いつかなかった場合、採用って感じで。 3.マスターの行動制限の導入 「マスターも一回行動のほうが公平じゃね?」という発想から出た案ですが、たぶん無しかな〜?と。 今の段階でこんなコト言うのも何なんですけどね。 4.新パラメータ『魂』の導入 自分で止めを刺したモンスターカードの枚数分だけ魂が溜まり、 この数が一定値になった場合も勝利とするルール。 また、一部の強力なカードの召喚コストにコレを加えるという案。 思いついたときは「いけるんじゃん?」と思ったものの、 考えれば考えるほどにドツボに嵌らせてくれる案になっています。 この案が、僕をアナログ自作カード作りに駆り立ててくれている感じです。 ただ、これこそ『やってみないと分からない』感じなので、今特に言えるコトは無いです。
ほか、細かい案など。
  • ドロースペルを強化して、ぶんぶん回せるようにするとどうよ?
  • カルドセプトみたく、カードを生贄にするってどうよ?
  • 手札は5枚で丁度良いかい?
  • スーパーカードの使い捨てってどう思う?

  • いよし。カード描く気力は無かったけど、キーボード叩くだけならここまでいけたぞ。 それでは今日はここまでで。 早く夏風邪治したいぜ〜。