脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2019年10月 ≫
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年01月01日(火):はーい。オッパッピー。 日記
はい。あけましておめでファイヤー。
れっつらです。

年始は毎年、新年の抱負とか日記で宣言しているかと思いきや、
意外と自分、何もしていませんでした。

そういやー、去年(前回)からだからな。
大晦日の夜に親戚が居ないで、一人で自分の部屋に居られるってのが。

…まあ全ては、ジイチャンとバアチャンがダブルでボケたからなワケですが。
(何もめでたくない)


2006年の正月に、30歳までの抱負を語っていたので、 2008年の今日、それに対してのコメントを書いてみることにしました。 ・貯金をゲフンゲフン…まで貯める。 現在、目標額の80%までしか貯まってないので、あと3ヶ月で目標達成は無理でしょ。 ・『大学時代のサークルOB』『近所の男連中』以外の、友達カテゴリを作る。 案外無理でした。 会社の仲間とは、一緒に昼メシ食う程度で、私生活では関わってないし、 1度参加した出会い系のパーティーは、30歳以上のコースしか出れなくて、 出たら出たで凄い虚しかったですし。 友達カテゴリまでには出来ないですけど、出来たと言ったらカルドのフレンドぐらい。 …でも、全くリアルでは面識無いですし。 何人かの後輩は、ネトゲのRPGで相手をゲットしているようですが、 RPGって、遊び手として、もうお腹一杯だしな…。
今年の抱負ー。 ・(上司が辞めるせいで)係長ポジションになるので、今年は会社を辞めない。 ・(絶対に仕事が忙しくなるので)賃上げ交渉を1回はする。  →言わないと、年に1度も査定の無い、カオスな会社なので。 ・ちょっと彼女を作るのに頑張ってみることにする。 …何だか、今までに無い程、現実路線だな…。 三十路のプレッシャー、恐るべし!!
それでは、今年もよろしくお願いしますね。
2007年12月19日(水):未来と書いて明日と読む。 日記
今日は会社の全社飲み会でした。

去年も去年で垢抜けてて凄かったんですけど、
今年は吸収合併した親会社主催のパーティーだっただけに、
スケールも勢いも盛り上がり具合も桁違いでした。

あと去年は、(会社のムードを反映して)全体に邪な方向に垢抜けたパーティーだったんですけど、
今年はそれが正常な方向に軌道修正されていたのが良かったです。
(まあ、親会社主催だからね)


あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ! 『3月には会社を辞めようかと思っていたら、いつのまにか直の上司の退職が確定していた』 な… 何を言ってるのか わからねーと思うが おれも何をされたのかわからなかった… 頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ… おかげで、果てしなく忙しくなりそうですが、 仕事の予定を9割は自分で立てられるようになりそうだし、部下も出来そうなので、 このまま2,3年は居座ってみようかと思っている現在。
明日はカードヒーローDSの発売日ですね。 カードヒーローは初なので、期待と不安が入り混じっています。 超面白かったら、こいつのツールも作ってやるかのう〜♪
2007年12月16日(日):感想を2つ。 日記
不覚にも、今日のネタ(756話)で激しく吹いてしまった。
特に、3コマ目のやる気の無さが。

ここでウケられるのは本意なのか不本意なのかはさて置き、
これからはウケる度にココにリンクを残すコトにしました。

ねぎ姉さん
http://negineesan.fc2web.com/
こんなトコで宣伝しても、どうせ知ってる人しか居なさそうですけど。


今日は、仕事の人つながりで紹介して貰ったコンサートに行って来ました。 里アンナさんの、きゅらうたコンサート。 http://www.pacificmoon.com/anna/index.html 島唄系の人だと聞いていたので、まったり系のコンサートになるかと思いきや、 かなり熱唱系と言うか情熱系だったので、気づいたときには唄に飲み込まれていました。 演奏をしている人も、かなり良い意味で濃い人達ばかりで、 いちクリエイター(全然ジャンル違うけど)としては、羨ましい限りでしたね。 あんな中であれだけの熱唱出来ちゃうんだから、どれだけ凄いんだって感じでしたし。 何だか、日本より先に世界で有名になっちゃいそうな予感がしましたけど、 日本でも有名になって、ゴールデン帯の歌番組に出て欲しいなあ。 新曲のCD、出たら絶対に買うぞ!! (凄い曲でした。)
2007年11月17日(土):ちょっとの間 消えます的な。 日記
職場の同僚から聞いた、結構魅力的なハナシ。

ワーキング・ホリデー
http://www.jawhm.or.jp/
ググる検索

ウチの運用部署の人に、コレをやった経験のある人が2人程居まして。


要するに、若い奴が、バイトで稼いだお金を使って、 1年間、外国(オーストラリアとか)で働きながらダラダラ過ごせる制度らしいです。 やっぱ外国なので、食事が一番大変らしいですけど、 大学卒業した次の年とかにコレをやると、良くも悪くも人生観が変わるそうで。 都市部の働き方の狂いっぷりに疑問を持ったりとか。 暫く職を転々としたりとか。 (既に僕はそういう人ですけど。) 年齢が30歳までなので、正直僕がやるには制限の厳しい面白人生プランなのですが、 後輩の誰かしらがこういうのをやったりしてみたら、 それはそれで(体験談を聞いた僕が)楽しいので、 とりあえすココに書いてみました。
…僕が知らないだけで、実は有名な制度なのかねぇ?
2007年11月03日(土):ジャンプSQ読んでみた。 日記
いつまで経ってもジャンプを卒業する気の無い僕。
こないだ新創刊されたジャンプSQを読んでみました。

目的はエンバーミング(和月信宏)とLuck Stealer(かずはじめ)だったんですけど、
コレはメチャメチャ面白かったですね。

どちらの作者さんも、少年誌では控えざるを経なかった黒さが出ていて、
「ようやっと全力を出せる雑誌が出たか〜。」といった感じでした。


一方、絵はともかく、ネタが明らかに学漫レベルなのもいくつか有りました。 「新創刊だから雑誌の方向性がまだ定まってない」ってのも有るんでしょうけど、 『可愛い(?)絵でグロをやって他キャラをビビらすギャグ短編』とか、 『美青年(?)と美少年(?)がドタバタしながら脱ぐギャグ短編』なんかは、 大学の漫研探せば2校に1人は居そうなアレで、 アレはもう、赤マルジャンプの残念なのよりも残念でした。 …あと、コラボ企画って、あんまり要らなくないか…? (企画としては面白いんでしょうけど、メディアミックスとして結果が出なさそうな気が。)
25%がオモロ。 25%が読める。 30%が実験作で、 残りの20%がアレ。 アレなのが極端にアレなだけで、全体的に見るとかなり面白いので、 僕はもう何回かは買い続けてみるつもりです。 …次回の藤崎竜(原作付き)のホラー物、どんな感じになるんだろうねぇ〜。
2007年10月20日(土):その続き。 日記
結局、上司と電話したり、教える人と話したりで、
現状維持のまま、何とか解決しそうです。

フタを空けてみれば、何とやらというやつです。
自分で書いておいて、何なんでしょう?って感じですけど。
2007年10月17日(水):嗚呼。カスタネットマン。 日記
カスタネットのおじさんは 身体が弱い訳じゃない〜♪
仕事が嫌いな訳じゃない〜♪
…でもね。
出て!!出て!!休んで!!休んで!! ←今ココ


久々に仕事を休みまくっています。 会社でサーバ周りの勉強をするのが辛くて。 別に、覚えることがたくさん有りすぎるのが嫌とか、 一朝一夕でマスター出来るワケじゃ無いのが嫌とか、 そんな理由じゃないんですけどね。 教える人の教え方が、どうも僕の心を削るんですよね。
一回(向こうから見て)変な行動をする度に、 『常識的に有り得ない』クラスのダメ出しを受けて、 なおかつ「間違えるとか気づかないなら良いですけど、サーバを扱う際の姿勢が間違っている」 言われるんですよ。 言っていることは理解出来るのですが、 それは人格否定なんじゃないかと思ったりするワケですよ。 それが一日何時間〜数時間続くワケでしょう? …それで心が削れて、現在折れているワケなんですけど。 例えるならば、 2ちゃんでネガティブなコメントをした人に、マジレスで物凄い否定が入り、 そのお陰でスレッドがより一層荒れるような。 あんな感じ。 おそらく、教える人の教え方の素質と、 教えを受ける側の持つ、触れてはいけない場所の位置が、 偶然上手い具合に絡まって、ブチギレ金剛なんでしょう。
任せて貰えるサーバを用意して貰えて、 勉強出来る時間も貰えて、 それで会社に来れなくなっている自分は、 社会の大枠のルールからすると、明らかに間違っている側なんですけど。 ダメなモノはダメで。行けないんですよね。 教える人を替えてもらおうにも、開発狭いんでそんなに人は居ないし。 そもそも席が超近くなので、あまりギスギスした職場にするのもアレだし。 実践面で言うと、資格の学校で習うのは非効率なんですけど、 どうせ会社に行けない上、家に居て何も進まないのが一番嫌なのなら、 いっそ、会社が何か言ってくるまで学校に通おうか?とまで思う始末。 さて。どうしてくれよう。
2007年09月13日(木):今回の第1次作戦は失敗の巻。 日記
先週の月曜に、某会社にエントリーシートを投げた結果がようやっと返ってきました。
ただ、一般的に『結果が返ってくるのが遅い』というのは『落ちたことの証』であり、
今回は、要するにそういうコトでした。

まあ、僕の思う頂点の企業にエントリーシート投げたからなぁ。

最先端の企業に行って、そこで「技を磨くの楽しい」状態になるも良し。
業界に絶望して、いよいよ去ってみるのも良し。
…的な作戦だったんですけどねぇ。


ウチの会社の開発も、裏でいよいよアレな状況になってきました。 今の停滞した状況を打破するためには、正直上の人が頼りだったんですけど、 上の人、もう辞める計画なんだもんな。 僕の、ウチの会社内における便利度は、日に日に上がってますけど、 それは「使い勝手が良い」という意味での便利度で、 僕にとっては反復練習にしかならないし。
どんなに使い勝手が良くても、仕事が速くても。 自分の程度が所詮「ただのプログラマ」に過ぎないのに、凄い危機感を覚えるんですよね。 それで、サーバ周りを覚えて、 自前サーバを武器に、小規模IT会社と横の繋がりを作る作戦で独立を狙ったのが、 一昨年辺りからの基本的な作戦で。 Flash と Ajax 周りで出来ることを高速で把握して、 もうチョット高度に Web で遊んでみるのを狙っているのが、 同時進行の新たなる作戦で。 忙しいなりに、仕事の最大のヤマ場は越えたと思うので、 これから来る連休の嵐の時期に、新しいお遊戯でも楽しんでみますかねぇ。
…ただ、それでそこからどうしようっていう、具体的なビジョンが無いのが問題なんですよね。 あと数ヶ月で(自分で好き勝手出来ると決めた期限の)30歳になってしまうんですけど、 そこまで…そこから…どうしようかな? …思いつけば、やるのは早いんですけどねぇ。