脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2019年10月 ≫
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2002年11月16日(土):バファリンの半分はやさしさー!!!! 日記
病院で貰った薬、昨日は全然効いている気がしなかったのですが、
段々何となく分かってきたり。
頭が痛いときにバファリンを飲むと、頭痛が治まり(一定時間)元気になれるように
コレを飲むと、脳みその外側に薄皮のように纏わり着いている「強迫観念」みたいなモノを
(一定時間)無かったもののようにしてくれるワケですね。きっと。

正直僕、
ああいう医者でくれる薬って、人格変わっちゃうくらい効き目があると思っていたので
ちょっとホッとしています。
自分の何かを束縛する何かだけを気にしなくさせるなんて、医学も随分進んだものですね。

…実は「劇的に何かが変わる」位の効き目を期待していた自分も、何%か居たんですけど。
ああ。デンジャラス会社員。
2002年11月15日(金):小日記。 日記
今日は会社に行くのに、ムチャクチャ緊張し、
会社でも昼過ぎて少し経つくらいまでは、随分とまあ追い詰めた感じでしたけど、
何事もなく、平凡な一日を終えるコトが出来ました。

…って言うかさ。
研究室に居たときなんかとは比べ物にならないくらい、僕、大丈夫ですんで。
部署入って半年しないのに有休使い果たしちゃって、
もうこれ以上休みたくないから、木曜午前休して精神科行くだけであって(死)
イロイロなモノがソコソコ溜まるまでは、僕、何でも無いんで。

…少なくとも、普通の人と比べて2倍以上の速さでソレが溜まるという事実を
ここ何日かで知りましたけどね(死)。
まあ、これからも頑張って、楽に生きていきましょう。
てな感じで。
2002年11月14日(木):ドキュメント不適格者(その3) 日記
今日、大きめの病院(精神科メイン)に行ってきて、診断を受けてきました。
結果は、鬱でした。
今まで大体分かっていたなりに、医者にそう言われると少し楽になります。
「鬱なんだと思います。」より「鬱なんです!!」の方が開き直れますし。

今まで僕は、ソコソコ理解していたつもりで理解していなかったのですが、
医者は、インフルエンザとかの病気も鬱も、同じように診断するんですね。

最近の体の調子。環境の変化。
あと、心境の変化。
最後のは普通の診断では診ませんけれど、診かたはカゼとほとんど同じ。
医者は、そこから患者の容態を診断して、薬を処方する。
カゼとかと一緒で「必ず治りますんで。」と慣れた感じの太鼓判を押す。
自分の状態がそこまで「異常」では無いことを実感できた瞬間と言いますか。

これから僕は、毎週木曜午前は、会社を休んで通院しなきゃなりません。
しかし、それは同時に「毎週一回、必ず自分でサイレンを鳴らせるチャンスが出来る。」ということ。
それは、どんなに心強いコトか。

*****************************************

家に帰ったあと、ついに母にコトの次第を報告しました。
ところが、母の反応はあまり自分にはよろしく無い感じで。

「鬱なんて、誰でも精神科行けば貰えるものなんじゃないの?」
まあ、貰えそうっちゃー貰えそうですけど。

「お父さんも似たような職業なんだから、何でお父さんに言わなかったの?」
いや、毎日しんどいしんどい言っていた内容がコトの全容ですって。
それに精神科行くって言ったら、父母とも、絶対に止めそうだし。

「アナタそんなに普通にしてるんだから、行って意味有ったの?
ああいうトコロって、自分で行けないくらい重症になってから行くトコロじゃないの?」
だったら、軽く家族崩壊起こしてから行けってんですかい。
会社に対して、もっと怖い印象を持っちゃって、致命的になってから行けと。

親は子の無事を信じたいものでしょうし、その気持ちは僕にも分からなくは無いんですけど
僕は、今会社を休んでしまっている自分が嫌でしょうがなくて、
それでも会社に行けないでいる矛盾した自分をどうにかしたくて行ったんです。
確かに僕は平然として見えるかもしれませんが、僕は僕なりに真剣なんです。

だから「平気なクセして、コトを大きくしようとしている」とか
「ありもしない理想の会社を夢見てる、社会人一年目の若造」みたいな見方はよして下さい。
かなりヘコむんで。
(…って、今度言われたときに言おう。)

やっぱり、心の病と家族のことって、切っても切れない関係なんですよね…。
2002年11月13日(水):ドキュメント不適格者(その1&その2) 日記
昨日に引き続き、今日も会社を休んで、有給使い果たし(死)。
れっつら、れっつらでございます。

昨日、普通に休んでいては、いくら休んでも意味が無いだろう。
とりあえず、騙してでも自分を納得させないと会社行けないぞ自分。と判断した僕は
さっきから、昨日目星をつけたカウンセリングや精神科に電話を掛けているのですが
現実は、予想の何倍も壮絶らしくて。

一件目。カウンセリングサービス(カウンセリングだけ:保険無し)。
電話を何回かけても出ない。
潰れたのか、忙しいのか。それとも逃げたのか。

二件目。心療内科(精神科の言葉のニュアンスが柔らかいだけ)。
混んでいるので、今日は無理とのこと。
まあ、結構需要有るって聞いてますからね。

三軒目。タウンページで見つけた地元の心療内科。
ここで僕はたまげました。

「年内は、予約で一杯になっているので、初診の方はお断りしております。」
何ーーーーーー!!!!
年内って、えーーー!!!!アンタ何様ですか(ちょっと錯乱しています自分)?!
そんなに、そんなに居るんかい!!
精神科とかを必要としている人達って!!
だって、地元だよ!!地元の駅なのに…!!

そんなワケで、現在僕はマンガ喫茶でネット検索中。
何とかなるのかなあ。


結局、小さな診療所探しているんじゃラチがあかなそうだったので、 初診受付時間が午後までやっている病院(大きめ)を探して行ってみたのですが そこの受付には何故か「今日の受付は終了しました」の文字が。 …受付時間、やっぱ午前だけじゃんよォ〜…。 ネット詐欺!!ネット詐欺!! わざわざ板橋まで行った意味が無い!! 愛@病院んんーーーーー!!!! そんなワケで、病院には明日行くような気が。 明日元気になってれば会社行くのですが、意外とダメっぽそうなんで自分。 ***************************************** 今日、じっくり考えて出した結論。 いや、まだちょっとだけ迷っているので、結論では無いのですが。 僕、使ってしまうかもしれません。お薬。 (精神科探している時点で気付けという話でもありますけど) 昔、研究室のときにカウンセリングを受けていたときは 半ば無意識に「研究室を辞めて、1年やり直そう」と決めていたので 回復にある程度の時間を掛けても何も問題が無かったのですが、 今回の目的は「一刻も早く会社に戻ろう」なんで 回復に時間を掛けるなんていう悠長なコトは、言っていられないんですよね。 「今回は学校ではなく、毎月給料を貰っている会社のことなんだから、 こんなウダウダしてないで、早く会社へ行け。」という理屈だけで会社に行けるのであれば 今日既に会社に行っていますし。 ただ…。ただ何つーか、 気持ちの問題を本当に薬でどうにか出来るモンなのかな〜?とか 出来たとしても、それはチョット怖いな〜って言うのが有るんですよ。まだ。 (弟はたぶん知ってなくは無いとして)親はそこまで行っているの知らないんで いきなり薬飲んでたら、かなりビックリするでしょうし。 …それに何つーか、好きな人の顔も浮かんできますしね。 (誰も「居る」コト自体には驚かなさそうな人生を送っている宿命のれっつら(悲)) 正直今好きな人とは、 人として、細い繋がりでいいからずっと知り合っていたいと思っているので ((例のごとく)一方的に) 軽蔑は無いにせよ、人間的に諦められたりしたら超ショックだと思うんですよ。 僕は人並みになれるよう、一生懸命頑張るんで、 (家族含め)願わくば、そんなコトはあまり起こりませんように。 あと自分。さっさと社会復帰しろ。
2002年11月12日(火):古代の人種 日記
えー参った。本当に参った。
れっつらさん、久々に自分的大義名分を見つけたゆえ、明日はたぶん休みます。
ちょっとキレそうなので、キレて人生メチャクチャにする前に、ひとつ落ち着いてきます。

*****************************************

えー。古代の人種が居ます。
そいつは外面でいい顔する代わりに、ウラでブチ切れても良いと思っている人です。
いいわけありませんね。
それを受ける側は、いい迷惑です。
こっちも忙しいのです。
えらく個人的な見解ですが、
僕は「怒る=キレる」と勘違いしている人がこの世で一番嫌いなのです。
僕がそうだったから。

分かっていない新人に、何だか分からない言葉を問い詰めている時間があるならば、
サッサと生産的なコトを話した方が、色んな意味で良いと思うのです。

最近では、人類も賢くなってきたもので、
昔に比べれば、こんな人間の数もずいぶんとまあ、減ってきましたけど、
それでもそういった人間が他人様に迷惑なのは、これからも変わらない事実なワケで。
まあ、要するに僕が言いたいコトは、
「2秒数えてやるから、数えきるまでに死ね。」と。
「誰も止めないでしょうから、安心して死ね。」と。
「池の中にでも飛び込めば、オレが笑ってやるから、喜んで死ね。」と。
さっさと。

*****************************************

そんなコトを電車の中で考えて、我に帰るとよー。
何つーかムチャクチャ恐い、真顔で硬直して奮えてる自分が、電車の窓に映ってるワケよ。
歯ァ、めぇいっぱい噛み締めてさ。
…嫌じゃん。そんなん。
有休、残り少ないけどさ。

元気なときは「どうしてオレ、こんなに休んでるんだろ?」
「そんなにサボりたかったっけかな?もったいないな。」って思ったりしてるけど
こういうときになると、思い出すわな。
休まないと、道を踏み外すかもしれない。
壊れるのも、壊すのもまっぴら御免です。
さあ、休もう。
きっと。
2002年11月08日(金):やばいやばい一期一会のれっつらァァァァ〜!!!!のまき 日記
「やばいやばいやばいヤヴァァァァァァァァ〜〜−−−−い!!!!」
そんな僕は、カラオケでスピッツの曲95%歌える自信有り。
れっつら、れっつらでございます。


いまごろですが、届きました。 スピッツの曲を色んなアーティストが歌うアルバム「一期一会」。 今は聞いている最中なんですが、正直言って「ヤバい。」です!! 「スピッツの曲を自分なりにアレンジしました」程度の曲も いくつか見受けるのですが(ちょっと辛口だ自分) 「スピッツの曲を自分の血肉にしてしまった感」のあるアーティストさんが何人も居まして その人達の曲が、なんつーか問答無用に反則なパワーを持っております。 いやー。ヤバい、ヤバいって!!!!
■特にヤバいアーティストと、その人の歌った曲(及びその感想)。 ・椎名林檎「スピカ」 オリジナルの「さり気なく人生応援ソングだったのね」的な雰囲気とはかけ離れた、 痛みを伴う、激しく情熱的な曲に!!!! 同じ歌詞でも、解釈によってこんなにもこんなにも化けるのね。 …同じ「バカらしい」「せつない」「優しい」という単語を歌っているだけのはずなのに。 この曲は一曲目なのに、本当にヤベェェェェー!!!!!!!!っって感じでした。 ・松任谷由美「楓」 三曲目。 この曲の歌詞は、等身大な立場で過去の人を振り返る感じの歌詞なんですけど、 同じ「過去」でも、スピッツとユーミンではこんなに時の感覚が違うのか!! といった感じの印象を受けた曲でした。 具体的に言うと、スピッツの歌う「過去」は5年から8年くらいの過去で、 ユーミンの歌う「過去」は、20から30年は過去ってな感じ。 この曲、過去の人の思い出を歌う歌のはずなのに、 ユーミンが歌うと、それに対する未練みたいな空気が一切無くなっちゃうんですよね。 何つーか、「過去は過去。今は今。きっと今はお互いいい人生を生きているんでしょう?」的な。 すっげー大人。 ・奥田民生「うめぼし」 はい!!この曲、民生の曲ー!!!! スピッツの曲じゃねぇぇ(笑)ー!!!! 特にそこまで曲をアレンジしているワケでも無いのに、何でこんなにタミヲ臭満載なんですか?!!! 最初の「うめぼし食べたぁ〜〜〜あ、あぁ〜〜い、あぁ〜〜い」から、 「タミヲヲーーーー!!!!!」とか言っちゃったじゃないですか。 そんな僕は、独り言の多い、変な社会人。 ・つじあやの「猫になりたい」 オリジナルの「猫っぽく君に寄り添って、癒し系。」みたいな雰囲気が、さらにパワーアップ!!!! て言うか、オリジナルのからは 「癒しついでに女の子に寄り添っていたい、男の願望」みたいのがところどころに見え隠れするのですが、 この曲の場合は、 子供が親に寄り添うような、儚いけれど本能に近いような寄り添い方というか何つーか。 こういう癒され方も、バリバリOKです(笑)。 ・小島真由美「夏の魔物」 実はこの曲、僕知らなかったんですけど、 「この曲のおかげで僕、スピッツの1stアルバムを買ってしまうんだろうなぁ。」てな感じの名曲です。 夏の魔物に会いたかった 僕の呪文も効かなかった 夏の魔物に会いたかった 会いたかった うん。買おう(笑)。
大好きなスピッツの曲が、イロイロな人に歌われているのを聞いたれっつらは、 いつか徹夜カラオケか何かで、スピッツ曲を全制覇することを目論んだのでした。 つづく。
2002年10月28日(月):れっつら、学生時代にちょっとだけ帰るのまき 日記
−れっつらの描くマンガの傾向−
感情的な描写が多く、 その感情は「楽しい」「うれしい」「好き」というように、 明るく活発で動きが早く、全体に、肯定観の溢れた作品が多い傾向があります。
マッハ!!マッハ!!
また、勧善懲悪の世界を描き、 必ず悪を滅ぼすことができるように定されていることが、特長的です。
勧善懲悪、大ー好きー(時代劇野郎ですし)!!!! 「その通り過ぎて、何も言えない。」 こんにちは。れっつらです。
昨日ホームページ巡回をしていたら、 例のごとく良さげな自己診断サイトが紹介されてたんですよ。 で、診断結果は「タイプ2」で、それはそれは納得のいく結果だったんですけどね。 ・人に必要とされたがり、重要人物になりたがる。 ・お助け人になり保護者になりたがり、お節介焼き。 ・猪突猛進で、失敗やあやまちが多い。 あたりは、ムチャクチャ痛かったですけど(死)。 で、その結果を踏まえて、「マンガで読み解く性格」のコーナーへ行ってみたら、 始めの結果が出てきたというワケなんですよ。 まあ、タイプ2に属する漫画家の名前を見ると、 余りにも描きたい傾向の大物揃いなんで「まあ良いかな?」と思えてしまいますけどね。 漫画家の傾向で言うと、タイプ4傾向の作品も描いたりするんですけど、 そういう作品を描くときでも、僕、間違い無くアクション入れちゃってますしね。 …「とりあえず爆発させて、悪役が吹っ飛べばいいや」系の(死)。
そこのエニアグラムのサイトには、他にも「若い男性のための性格診断」も有ったので それもやってみたところ、 そこでは何故か、タイプ9の結果が出てきました。 (15件中、該当13件という高ヒット率で(死)) タイプ9は、優柔不断型らしいです。 まあ、恋愛で自分を見ると、客観的でない自分を描いてしまうことが多いそうなので 結果はほとんど間違っているそうですが。 …そうすると、僕は 「自分のことを「恋愛に優柔不断なキャラ」だと思っている、惚れっぽい片思いと失恋の多い男。」 と言うコトになるんですね(死)!! …間違っていると断言したいけど、当たっているかもしれない!!
…そんなれっつらは、夜に2002年度版子連れ狼(第一回)の感想を書くつもりなのでした。 つづく。
2002年10月04日(金):れっつら床屋祭りのまき 日記
「気がついたら、9月、日記一回しか書いてない(死)。」
こんばんは。れっつらです。


今日の会社の帰り、僕は床屋に行ってきました。 今日は珍しく、女の人に切られました。 床屋さんが僕の髪の毛を切っていると、おなかが僕の肘にあたります。 床屋さんは呼吸をしているので、それが肘に伝わってきます。 なんつーか、かんつーか、今日の床屋はそれだけで元取れたんじゃないかと(アンタ…)。
突然、床屋さんが僕の弟の話を切り出してきました。 この間から、僕と弟は同じ床屋に通っているのです。 「ねえ〜。弟さんって、ジャニーズ系の顔してるんでしょう?」 「私見たコト無いけど、皆滝沢クンみたいだって言ってたよ〜。」 床屋さんは、どうやらウチの弟に興味深々らしいです。
自慢するとその分僕がどんどん悲しくなるので、普段はあまり口にはしないのですが ウチの弟って、正直格好良いんですよ。 さすがに、タッキーなんてのは絶対に無いんですけどね。 せいぜい、嵐の松本潤(この漢字で合ってたろうか)か、 幻影旅団の団長(ジャンプの漫画「ハンター×ハンター」より)程度なんで。 …って、充分格好良いじゃないかい(泣)!!!! 僕が床屋から帰ろうとするときも、床屋さん最高の笑顔で 「今度は弟さんも連れてきてね〜!!」なんて言っていました。 こん畜生が(涙)。
僕は小学生の頃から、ずっと弟の見た目に関する誉め言葉を聞いて育ってきました。 「れっつらの弟って、カワイイよね〜(小学生時代)。」から 「れっつら君の弟って、格好イイじゃな〜い(大学生時代、プールのバイトにて)。」まで。 さすがにもうこの年にもなって、僕に「弟かっこいい」なんて言う人、居ないだろうと思っていたのに…。
…そんなステキな弟の兄である、れっつらの見た目の方向性は、 正直どこから見ても、カツオの一本釣り漁師だったのでした(号泣)。 つづく。