脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2003年08月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2003年08月28日(木):勢いで生きる。 日記
「打ち合わせ、終了ー。」
これで、二週間に及ぶ僕の仕事の山場が終わったー。
あと2%くらいの仕事は残っているんですけど、終わったようなモンです。
シャー!!

今日の打ち合わせは、僕の人生初の客先打ち合わせだったのもあり、超緊張しました。
まあ無事に終わって、良かった良かった。


打ち合わせの帰り、社長に 「JAVA講習終わったら何するの?」「どうしてJAVAなの?」 という質問をされました。 他人に言える程立派な理由は得に無かったので、適当に答えたのですが、 考えてみると、立派でない理由なら腐るほど有ったので、 ここで一発まとめてみることにしました。
理由その1.今まで、コレといった能力が無かったから。 今は働き始めて、職業で1からイロイロ作ったりしているので、 「Web業界でなら、半人前以上になったなぁ。」という自信が沸いてきましたけど、 ぶっちゃけ2ヶ月前までは、何を取り得に転職してやったら良いか分からない、 超中途半端プログラマーでしたからね。 何でも良いから、生きるチカラが欲しかったのですよ。ハイ。
理由その2.オブジェクト指向を覚えやすそうだったから。 僕はPGのクセして「ルーチンワーク」という言葉が大嫌いな人なんですよ。 プログラムをイロイロ覚えようとしているのも、 ある意味「最終的にプログラムを否定したいから」だったりしますし。 そんな僕には、オブジェクト指向は避けて通れない道なんですよね。 どう便利で、どう使えて、どう使えないのか?! 他人に言われるのではなく、自分の力で感じたいワケですね。ハイ。
理由その3.オブジェクトを駆使してやると作りやすそうなゲーム案があるから。 理由その4.その案が実現すると、すごいコトになりそうな気がするから。 えー。今、凄い案を暖めています。 今のところ市販のゲームでは出ていない(と思われる)タイプのゲームの案です。 具体的な内容は、勿体無いので取っておきます。 そんなコト言っているうちに、風化したりして。
ふう。 こんな理由、日記で語れても、社長にゃ話せませんよ。 社長は、目的や理屈から行動を起こせる、計算高い人ですけど、 僕は、何を考えても最終的には勢いで決める、単純な人ですからね。 でも僕は、そんな自分が好きだ!!大好きだー!!!!