脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2007年10月 
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2007年10月24日(水):よく出来た息子。 カルドセプトサーガ

祝!!「人生ギャンブラー」11戦10勝ー!!
パチパチパチー!!

とか何とか言いながら、毎回ギリギリの戦いを強いられているワケですけど。
それでも勝てるブックと勝てないブックには差が有るワケで。
(作っている自分でも分からないモノばかりですけど)


そんな僕ですが、TrueSkillは25で、300位前後をウロウロしていますし、 大抵は思いつきで作った残念なブックを回していますので、 皆様今後ともよろしくお願いいたします。 上のブックも、週に1度ぐらいしか回してないですし。
2007年10月20日(土):その続き。 日記
結局、上司と電話したり、教える人と話したりで、
現状維持のまま、何とか解決しそうです。

フタを空けてみれば、何とやらというやつです。
自分で書いておいて、何なんでしょう?って感じですけど。
2007年10月17日(水):嗚呼。カスタネットマン。 日記
カスタネットのおじさんは 身体が弱い訳じゃない〜♪
仕事が嫌いな訳じゃない〜♪
…でもね。
出て!!出て!!休んで!!休んで!! ←今ココ


久々に仕事を休みまくっています。 会社でサーバ周りの勉強をするのが辛くて。 別に、覚えることがたくさん有りすぎるのが嫌とか、 一朝一夕でマスター出来るワケじゃ無いのが嫌とか、 そんな理由じゃないんですけどね。 教える人の教え方が、どうも僕の心を削るんですよね。
一回(向こうから見て)変な行動をする度に、 『常識的に有り得ない』クラスのダメ出しを受けて、 なおかつ「間違えるとか気づかないなら良いですけど、サーバを扱う際の姿勢が間違っている」 言われるんですよ。 言っていることは理解出来るのですが、 それは人格否定なんじゃないかと思ったりするワケですよ。 それが一日何時間〜数時間続くワケでしょう? …それで心が削れて、現在折れているワケなんですけど。 例えるならば、 2ちゃんでネガティブなコメントをした人に、マジレスで物凄い否定が入り、 そのお陰でスレッドがより一層荒れるような。 あんな感じ。 おそらく、教える人の教え方の素質と、 教えを受ける側の持つ、触れてはいけない場所の位置が、 偶然上手い具合に絡まって、ブチギレ金剛なんでしょう。
任せて貰えるサーバを用意して貰えて、 勉強出来る時間も貰えて、 それで会社に来れなくなっている自分は、 社会の大枠のルールからすると、明らかに間違っている側なんですけど。 ダメなモノはダメで。行けないんですよね。 教える人を替えてもらおうにも、開発狭いんでそんなに人は居ないし。 そもそも席が超近くなので、あまりギスギスした職場にするのもアレだし。 実践面で言うと、資格の学校で習うのは非効率なんですけど、 どうせ会社に行けない上、家に居て何も進まないのが一番嫌なのなら、 いっそ、会社が何か言ってくるまで学校に通おうか?とまで思う始末。 さて。どうしてくれよう。
2007年10月13日(土):盛カル終わってたの〜? カルドセプトサーガ
残念。超残念。
まあ、しょうがないっちゃーしょうがないんですけど。

仕事が忙しかった&金曜の夜遅くまで遊べなかったのとで、
参加したの、2回だけだったんですけど、
マップに合わせて強烈なブックを皆が出してぶつけてくる、
あの本番1回こっきりの研ぎ澄まされっぷりは、是非皆に味わって欲しかったですね。

カルドの本気の面白さが有りましたからね。


て言うかだ。 折角、この BookBook Saga も知られるようになって、 最近じゃ、ほぼ毎日、新しい人にメッセージを送ってもらえるようになったんだから、 1回ぐらいココで何かやってみたい気もしないか自分? 「どうせ皆コロ2(土地ランダム)しかやらないんだし。」とか開き直って、 『コロ2王座決定戦』やってみる。とか。 あー、でもそんな余裕有るんだろうか。自分。 やれても、日曜、祝日の昼縛りとかになるし。 まあ、もしかしたら、来月とか再来月とかに試しにやってみるかもしれないです。
2007年10月10日(水):今日の2ちゃんカルドスレ。 カルドセプトサーガ
『バーバリアン=清原』の話は、かなりウケました。
釘バット(?)を持ったマッチョな坊主が、100mぐらい先から猛烈な勢いで走ってきたら、
そりゃリチェノイドぐらいフルボッコですよね。

ゴッドマンが鎖分銅で怪獣をボコボコにする光景が浮かんできました。


ちなみに僕がバーバリアンを発音する際には、 バーバリアン(_ー ̄___)ではなく、 バーバリア〜ン(_ー__ ̄〜_) を使います。 トレビア〜ンみたいですが、かなりどうでも良いですね。 次行ってみましょう。
僕的には、アングリーマスクが面白いカードだってのも良いハナシでしたね。 チャリオットでゼラチンウォールをぶつける、アグレッシブな水ブックの話には、 昼休み中ワクワクでしたよ。
昼休み、一人で食事を採る際には iMona が欠かせない、れっつらでした。 でも、2ちゃんへの書き込みは、BookBook Sagaの宣伝以来やってないな…。
2007年10月08日(月):BOURBON TACOS とか。 高円寺
今日、前から気になってた、タコスの店に行ってきたんですよ。

「BOURBON TACOS」
http://bourbonhouse.nobody.jp/

て言うか、高円寺の人には嫌でもお馴染みな、
「男ならバーボンを飲め」の2号店だったんですね。
ヘー。

まっ昼間から晩まで、気軽にタコスが食べられる、脱力系の喫茶店(夜はBAR)でした。

昔は、ハンバーガー屋とかも、全てを忘れられる脱力系の店だったんでしょうけど、
今や、奴らは、憎き効率主義の筆頭ですからね。

こういう店は貴重だと思うワケです。
脱力系のセンスは大切だと思うワケです。

店名で検索すれば、写真つきのブログとか有ったんで、
知りたい方は是非検索してみて下さい。
(写真を撮る習慣が無さ過ぎる男、れっつら。)


BOURBON TACOS の厨房に、 「開店祝 素人の乱」と書かれた酒瓶が置いてあったので、帰ってきてから調べてみたら、 高円寺には、こんな人達が居たんですね。 素人の乱 Tシャツの宣伝ムービー(YOU TUBE) …29年住んでて、全然気づかないってのもアレですけど。 この人達のWebの使い方って、僕の理想とするWebの使い方なんですよね。 小規模だけどセンスの良い店に、面白そうだからという理由でWebを混ぜると、 こういう化学反応が起こって、店がヒマじゃなくなるという。 そんなコラボレーション。 僕らの中に、誰か「店を作りたい」って人が居ましたら、是非声を掛けてください。 適当に変なモノ作ったり使ったりしながら宣伝しますよ。 お金とかは比較的かなりどうでも良いので。 Webの人としましては、こういうのがやりたいんですよねぇ。
2007年10月05日(金):カルド負け ハイの歌 カルドセプトサーガ
きょっきょっ 今日は2連敗〜♪
調子乗って 昨日書いたコトを活かした変化球ブック作って回したら 2連敗〜♪

(セリフ)
『何つーか、アバター出そうとすると、途端に難易度上がるよな。』
『ドラゴンとアバターは、本当に扱いが難しいぜ!!』

…だから時々実家に帰ってくる弟に
「いつもしょぼいクリーチャーばっか使って、ドラゴン使ってるの見たコト無い」って

言われるんだZE〜♪
言われるんだZE〜♪

…ホアァァァァァァァァーーーーッッ!!!!


強いブックって、適当に回してもある程度の強さは誇りますからね。 他人の強いブックを試しに回してみると、思うんですけど。 一度、騙されたと思って、強そうな人のブックを回してみて下さい。 たった一試合回すだけで、かなりのモノが見えてきますよ。 ちなみに、僕のブックは止めておいたほうが良いです。
2007年10月04日(木):この秋、タフソングが熱い!! カルドセプトサーガ
今、タフソングが猛烈にマイブームです。


今まで、タフソングは物凄く冷遇されてきました。 何故なら、トレスパス、足スペルの邪魔になり、 たった4ターンで効果が切れるため、守備ブックには使い辛く、 さらに、例え効果が効いていたとしても、倒されるときにはあっさり倒されてしまうからです。 ですが、僕はアングリーマスクを使い続けるコトにより、 タフソングの新たな可能性に目覚めてしまいました。 タフソングは、侵略ブックにこそ使われるべきなのです!!
先ず、タフソングは、アングリーマスクととても強い親和性があります。 HP40のクリーチャーがHP60になり、HP50のクリーチャーがHP70になるので、 これまでアングリーマスクを使うのに向いていないとされていたクリーチャーでも、 気軽にアングリー侵略が出来るようになります。 そして、アングリーマスクは、ST,HPに何の変化ももたらさないというのもポイントになります。 何の変化ももたらさないと言うことは、高STのクリーチャーをそのまま利用出来るということになるので、 横に侵略して広げるタイプの侵略ブックでも、比較的楽に拠点撃破が出来るようになるのです。
水土地を2コしか持っていないドルールが、3レベルスピニーアガマに攻めて行きました。 普通なら、ドルールはスピニーアガマに勝つことは出来ません。 しかし、ドルールにはタフソングが掛かっており、手札にはアングリーマスクがあります。 キメるしか無いでしょ!!そこは!! (昨日、実際にキメて、自分ヤッホウだった瞬間です。) バーバリアンが、何のアイテムを使わなくてもカウンターアムル相手に生き残れるのもポイントです。 こちらとしては、何の躊躇も無く、バーバリアン即時侵略が出来るのに、 相手にしてみれば、カウンターアムル or 殴られる or 殴られて更にアングリーを迫られるワケですから。 これは、相当の脅威のはずです。 パラディンがタフソングを使うと、素でアーマードラゴンを倒すことが出来ます。 ここで大切なのは「素で倒せる」ということで、 例え、相手がリビングアイテムや防具で身を守っていたとしても、 こちらはこちらで、グレムリントゥースを使うことが出来るということなのです。 タフソング中は、スペクターが化けますしね。 ほんのちょっと死ににくくなるだけで、スペクターの嫌らしさが数倍はアップします。 アングリーマスクも有れば、なおさらです。
タフソングの効果は、4ターンの間、自分の全クリーチャーに及ぶので、アイテムの浪費を抑えます。 また、タフソング+ブーメランでHPが30増加するので、 ブーメランを使うような制圧型侵略ブックにも向いています。
殴っても死なない、高攻撃力クリーチャーで場を支配出来るということは、 マグマ&ストームアバターとも相性が良いということです。 アバター系クリーチャーは、グレムリントゥースやアングリーマスクと相性が良いです。 アングリーマスクはタフソングと相性が良く、 タフソングは制圧型侵略ブックと相性が良く、 簡単には制圧されない場は、アバターと相性が良く、 アバターはアングリーマスクと相性が良い。 タフソングだからって馬鹿にしていると、気づいたときにはエラいコトになっている。 むしろ、序盤からタフソングをサプらないと、どうなっても知らないぞ? これが、僕の見つけたタフソングの方程式です。 皆様も、ぜひ使って、ギャフンと言わせたり(言ったり)してみて下さい!! 使った感想も、お待ちしておりま〜す(バラエティ番組風に)。