脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2007年02月 
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

2007年02月19日(月):将棋マンガとかにありそうな展開。 カルドセプトサーガ
雑記。

当たり前なんですけど、上位の人に勝てない。
ランキング上位になっていったフレンドもそうだし、古くから有名な人もそうだし。

格ゲーよりは勝てる確率は高いんでしょうけど、
強い人と戦うと、何でか知らないうちに負けるんだよなー。

おそらく強い人は、僕が1軍ブックを使っているとき以上に、周りが見えてるんだろうな。
1軍ブックを使っているときって、他のプレイヤーのコトを「フッ、甘いな坊や」的視点で見れるもんな。
(やってる人にしか分からない感覚だろうけど。)


今日戦った強い人は、バックワード&ランドドレイン4積みの人だったんですけど、 自分が不甲斐ないのもあって、鮮やかに負けたんですよ。 まあ相手は元から強い人だと知っていた人なんで、負けたコト自体は別に良いんですけどね。 試合が終わって、ふと我に返って一番ショックだったのが、 『昨日日記に書いた自信満々のブックが、あっさりバックワードで返されてしまう』 …という現実に気づかされたからなんですよね。 勝てない。あの人にはサンタナでも勝てない。 試合前に詰んでしまうなんて、情け無いコトこの上無いじゃないか自分。 今度こそは…。今度こそは…!!
2007年02月18日(日):ブック紹介その2:猫の額サンタナ カルドセプトサーガ
[クリーチャー] 23枚
無:リビングミラー×4、 リビングレイピア×3、 ワンダーウォール×2
火:ガスクラウド×4、 キメラ×2、 ケットシー×4
地:スピニーアガマ×4

[アイテム] 2枚
カウンターアムル×2

[スペル] 25枚
アップヒーバル、 エグザイル×3、 タフソング×4、 テレポート×3、 ドレインマジック×2、
ピース×4、 フェーム×2、 ホープ×3、 マナ×3

5000〜6000G目標、サンタナ村専用ブック。


カルドサーガ発売から、 1ヶ月ぐらい、僕が2回に1回は行っていた「コロッセウム1」で得た経験を基に、 ちょっぴり他人には無い要素を入れて作ってみたブック。
ブックコンセプト:  『狭い面では、魔力を払わず、領地を奪われなかったものが勝つ。』 ■守備:タフソング+半減&無効化クリーチャーによる全体防御。 狭い面だと、どんなに高いHPのクリーチャーを置いてみても、 相手の攻撃の最大出力を受けると落ちてしまうため、敢えて守備力をバラけさせてみました。 ポイントはタフソング。 クリーチャーは、ガスクラ、アガマ、ケットシーと、 ことごとくタフソングと相性の良いクリーチャーを揃えています。 タフソングが無くても、リビングミラーが有れば、相手の最大出力系の攻撃以外は防げるので、ウザいことこの上無し。 目標魔力が低めの狭い面を想定しているので、タフソング4枚で丁度足りてしまうトコロもミソだったりします。 拠点第一候補は、ケットシー。 無効化能力でコロッサスetcの攻撃を防げるのが魅力ですし、 天然ランプロ能力があるので、各種土地呪いを防げるのも良いです。 ■攻撃:攻撃は(あまり)しない。出すのはピースのみ。 タフソングと足スペルは、様々な場面で競合し合うので敢えて廃し、 その上で敵領地で魔力を払わないことを実現させるためのスペルとして、ピースを入れてみました。 ピースは基本的には良いスペルなので、あまり急いで外す人が居ないことも利点です。 まあ、急いで外さないと、アレが飛んでくるワケですけど。 ■飛び道具:ピースでヤッホウと思わせつつのエグザイル。 狭い面では皆、配置条件のキツいクリーチャーは使いたがりません。 何故なら、狭い面では配置条件をクリアするだけでも、結構面倒くさいからです。 そこで目をつけたのが、ピース+エグザイル。 敵のレベル3領地あたりをピューと飛ばすと、相当気持ちが良いんでしょうけど、 エグザイル3枚も入れていると、大体序盤で作戦が読まれてしまうため、そこまでいくのは稀です。 ただ、それでも、相手の拠点候補の1つや2つは飛ばせますし、 一回エグザイルを見せると、相手がそれを警戒して、イロイロと無駄な動きをしてくれるので、充分に破壊力は有ると思っています。 ■飛び道具2:ワンダーウォール コロッサスを主力とするブック以外は、 戦える無属性クリーチャーが、リビングレイピアしか入っていなかったり、 むしろ無属性クリーチャーが居なかったりするので、 コレを撒いておくだけでも、結構な嫌がらせになるのが良いです。 序盤の30Gは貴重だし、 何より、後半戦でも、自分が魔力を払う土地が少なくなるのがねぇ。 ■弱点: 1.グリマルキン援護ブック&ケットシーが怖い。 天然ランプロクリの敵は、天然ランプロクリ。 特にグリマルキンは、低レベルでも落とせないのがウザ過ぎます。 置くまでのプロセスの速さと、(ブックに入れるであろう)数で勝っているので、 今のところは勝っていますけど。 ケットシーもケットシーで、3レベル以上になると落とせなくなるので、 そうなる前に何とかしないといけないのが大変です。 火で被るので、大体攻めてきやすい位置に居ますし。 ペガサスのことも、忘れないでください。 (でも、狭い面では見たコトが無い) 2:無属性援護ブックが怖い。 コロッサス中心のブックでも、その中にバンディットが入っていると、結構辛いです。 バンディットがスカイギアを援護に回して来たりすると、 安いわ強いわ、金ボッタくられるわで、かなりしんどいです。 コロッサスを拠点に回されると、一発ではどうしようも無くなりますしね。 3:アスピドケロンが怖い。 あいつ、基のSTが30なんで、後半戦になると結構クルんですよね。 他の青天井系は、狭い面とは相性が悪いんですけど。 ワーボアも怖いハズなんですけど、まだ見たコトがありません。 そろそろ出てくるかも。 フロギストンとブリッツレイブン、ワーボアとアスピドケロンの居るブックが来たら、結構詰むかもしれないですね。 前半2体の名前、久しぶりに口にしました(笑)。 4:カルドサーガ時代末期のおはなし? あ、あと狭い面なのにスカルプチャーモスマンとか来たら詰みますね。火森焼きブックとか。 モスマン来たら、絶望を超えて大爆笑しそうだな。
2007年02月12日(月):社員旅行でハワイに行ってきた日記。 旅行
■1日目

オープンカーに乗せてもらって、オアフ島の周りを一周…するはずだったのが、
島が広いとか、島が広いとかいう理由で無理だった日。

途中、海で泳いだり、綺麗な夜景に出くわしたりしたのですが、
残念ながら、ロクな写真が撮れていなかったのでな!!
HAHAHAHAHA

写真は、オープンカーからのワイキキビーチ(のチョット外れ)の絵になっております。
前方にある腕は、自分の斜め前で働いている同僚(野郎)のモノ。


■2日目 上司と、カヤックで海を渡るオプショナルツアーに行った日。 途中、立ち寄ったサンゴで出来た島が、メチャメチャ綺麗だったりとか、 お昼、メンバーの卒業旅行女子大生と砂の山を作ったりとかしました。 素晴らしかったです。 ただ、連れて行った上司が帰りのカヤックの上で、 「もう疲れた。」「もう漕がなくても良い?」とか聞いてきたときは、 正直はたき殺したくなりました。 行く前に、 「このツアーに僕、体動かしに行くんですけど、大丈夫ですか?」 って、確認取ってたのになぁ〜。 Mさん(上司の名前)、使えねぇぇぇぇー!! 写真は、お昼に立ち寄った、お金持ちビーチ(正式名称は忘れた)のサンゴの間らへんに居た魚の絵。 砂で海水が濁っていたので、こんな絵になっちまったぜHAHAHAHAHAHA。
■3日目 ウチの家族や、知り合いからのススメを参考に、 一人、ハワイ島へ行ってきました。 写真は、360度が溶岩の火口の中の写真。 確かに月面みたいだ。 本当は、海に溶岩が落ちて水蒸気爆発しているトコロまで見に行きたかったのですが、 島への往復飛行機込みの1日旅行では無理らしいのが、残念でした。 ただ、この日食べたメシは、(海外のクセして)全てが最高だったんですけどね。 マヒマヒ(長くて太い白身魚)の煮たやつ、おかわりしたかったなぁ…。 お土産は、全部ココで買ったしなぁ…。
■4日目 役員含め、総勢12人でスカイダイビングをしに行った日。 写真は、プラス130ドルだかで撮ってもらった、僕のスカイダイビング中の写真のうちの一枚。 コレは本当に素晴らしかったですよ。 飛ぶ瞬間は「死ぬー?!」とか思うんだけど、飛んだら諦めもついて純粋に楽しめるようになるし。 景色綺麗だし。 パラグライダーを開いても、余裕で山の上なのも、素晴らしかったですね。 (落ちるのは30秒、パラグライダーは約5分) 落ちるだけなら、他のオプショナルツアーと値段一緒だし。 雲の中に丸い虹を見た人が2人居て、それがうらやましかったです。
■5日目/6日目/7日目 この日で飛行機に乗って帰って、4泊6日のはずだったのに、 まさか飛行機のトラブルで、社員全員帰れなくなるとは思ってもいませんでした。 ノースウェストめ。 ただ、代わりに1泊泊めてもらったホテルが、プールつきの20数階建てのホテルだったおかげで、 また良い思い出は出来ましたけどね。 (僕は24階) 6,7日目は、帰りの飛行機が名古屋行きの飛行機になってしまったおかげで、 起床5:00(日本時間の0:00)、帰宅22:00という超ハードスケジュールになりました。 やっぱりノースウェスト許さねぇ。 JALの飛行機のほうが、快適だったしね!!
今回の旅行は、僕にとっての10年振りの海外旅行だったんですけど、 今回で味をしめてしまったので、また近日中に海外に行きたいなと思っています。 中学時代(主に2週間のホームステイ前後)に培った、 「適当な英語で危機的状況を回避する能力」が残っていたコトも分かったし。 どこに行こうかな?
2007年02月07日(水):ハワイから帰ってきたよ。 日記
昨日の夜10時半ぐらいに、社員旅行から帰ってきましたよ。

まさか、帰りの飛行機がぶっ壊れて、一日多く泊まって、
その上、替えの飛行機が名古屋行きで、
結果的に移動に24時間近く掛けちまうだなんて思わなかったぜ!!
ノースウェストめ!!

まあ、泊まらせてくれたホテルは極上だったし、
タダで貰えた2万5000マイルは、面倒臭がらずに使えばタダでグアム往復出来るぐらいのポイントらしいし、
それなりのモノは貰えてはいるんですけどね。


明日、写真が現像出来ると思うので、 旅行の詳細は明日にでも書こうかと思います。 例え誰も読みたくなかろうが、書くよ。 (人の居ない系の)写真つきで。
10年振りの海外旅行だったけど、楽しかったな。 今度は間を開けずに行きたいな。