脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2008年11月 
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2008年11月16日(日):昨日のアレの結果ー。 カルドセプトDS
昨日構築した「れっつらさん流撒きブック法」を使って、今日4戦してみたところ、
なんと4連勝してしまいましたw
(だれでも4人戦3回、ランク3人戦1回)

チャリオットがブック復帰じゃなかったり、イントルードが無かったりするので、
予想以上に先置き有利みたいです。

即死クリーチャーは基本持ち歩くモノなので、スクイーズがかなり有効に働きます。
『1体潰してくれれば、残りは無事』という考え方も出来るので、
ヤバイのが見えた瞬間、散らして投資してみるだけでも、結構違います。

最後の試合なんて、8連鎖でフィニッシュとかしてしまいましたしね。
(JUNCTIONで)


よし。負けまくるようになったら、ブック公開しようw
2008年11月15日(土):DSの撒きブックへの道。 カルドセプトDS
こないだ、1戦しただけのブックをセプト部のほうの日記に載せたんですけど、
あとから見たら、チョット恥ずかしいクオリティかもですw
れっつらです。

今日、オンライン20戦のメダルを貰いました。
さっき、メデューサ×ホーリーシンボルのコンボに気付けず、ミルメコレオが倒されちゃいました。

今のところ僕はその程度のセプターなので、
自信の無いときの日記は、こっちに書くコトにします。
しょべぇw!!


過去20戦。僕は、そこそこ普通のブックは組めていたものの、 ど〜…うも、自分のポリシーに合ったブックは作れていませんでした。 そのブックとは、「撒き」ブックのこと。 とりあえず安くて硬いクリーチャーで場を埋め尽くし、 他3人にコスト的な嫌がらせをする、中速のブックの中でも遅いほうの戦略になります。
序盤から、撒いて撒いて撒きまくるためには、 ・安くて硬いクリーチャーの手札 ・空き地 ・最低限の魔力 が必要になります。 サーガの頃、メインだった「コロッセウム2」というステージは、 正直、空き地だらけのステージでした。 魔力さえ許せば、1周目で5〜6体置けるんじゃないかレベルの。 そしてサーガには、置いたモン優勢の安いクリーチャーが、50G 以下のラインにたっぷり居たので、 ちょっとギフト4積みしたり、トレスパス1人分キメれただけで、 結構な数のクリーチャーを撒けたものでした。
一方、DSでは、 確かな撒きクリーチャーがほとんど居なくなってしまいました。 戦闘中のHPは50以上じゃないと、ギアの素殴りで倒されちゃいますし。 無属性クリーチャーばかり撒くと、モスマンが凶悪になってしまいますし。 防御型ばかりだと後半辛いし。 不死属性ばかりになってしまうとクレリックに殺されるし…。 どうしても、1体60G 以上のクリーチャーも欲しくなってしまうんですよね。 あと、DS版ではステージの広さがサーガより狭いので、 空き地に止まるための難易度が上昇してしまっています。 サーガのときのように、足抜きで適当に周っていたのでは、なかなか土地が取れません。 足スペルの値段も、高くなってしまっていますし。 それで僕は、ずっとずっと悩みながらランキング戦で負けていましたw
今のところ僕の導き出した、撒きブック作成のコツを載せておきます。 ◆ウィザードアイは3枚入れましょう。 序盤からクリーチャーを置きまくるためには、普通に周る以上の魔力が必要になります。 序盤強い金策は、ウィザードアイかゴールドグース。 撒きブックはクリーチャーを生かす戦略なので、ウィザードアイ1本に絞られます。 ◆ホリワ6とXで、6〜8枚は入れましょう。 空き地確保が重要になります。 ◆マナも入れましょう。 後半戦に強い金策も必須ですよね。 ◆ホープとチャリティで5枚以上欲しいかも。 足 or 金策スペルで1枚、クリーチャー配置で1枚を使うとなると、 すぐにカードが枯渇してしまいます。 ドローは多めのほうが良いです。 ここに地変3〜4枚と、高いクリーチャーかスペル何枚か、 そして、カウンターアムルを2枚ぐらい入れておけば、 クリーチャーをボコボコ撒けること、間違い無し!! とりあえず暫く、この仮定を練りながらブックを組んでいこうかと思います。
やっぱ撒いておかないと、安心出来なくて。 エリアも2コ有るステージが多いですし、以前以上に撒く必要性を感じるのもあって。 なかなかどうして。
2008年11月07日(金):本日のランク戦ー。 カルドセプトDS
2回戦って、3位、1位でした。
今日回してみたのは、ギルドラプターブック。
昨日の講座で、ギルドラプターについて書いていたら、作りたくなったんですよね。
あと、1〜2回回したら、Bookdb に登録しようかと思います。

ギルドラプター、サーベルクローにトライバルメイルはかなりイカしています。
特に、サーベルクローにトライバルメイルは超強力かもです。
モスマンブックや虫ブックは脆い構成になりがちですけど、コレならそこまで尖ってもいないですし。
やっとテンションの上がるブックが作れたかもだぞ〜!!


実を言うと僕、サーガの頃と比べると、そこまでカルドに盛り上がっていなかったんですよね。 DSではずっと、普通の撒いて上げて踏ませて(or 逃げて)勝つブックしか組めなかったので。 サーガの制圧型を思い出してチョット侵略寄りにしただけで、 こうも面白くなるとは思いませんでした。 Bookdbに載せたいんですけど、またちょっと変更しちゃったので、 あと1〜2戦、あと1〜2戦は回さねばー!!!!
2008年11月06日(木):『普通のブック』のつくりかた(ゴザ編) カルドセプトDS
実は、こないだからセプト部に所属しているんですけど、
そこの日記に、ゴザ用の普通ブックのつくりかたを載っけてみました。

http://culdcept-ds.g.hatena.ne.jp/rettsura/20081106

初心者の方はぜひどうぞー。
中級者以上の方は、ツッコミよろしくです。
2008年11月02日(日):ごめんなさい。 カルドセプトDS
今日のお昼3時ごろからのランク戦。

父が昼寝しているときにお客さんが来ちゃって、
玄関で応対していたら、1位候補の4レベジーニーを踏んじゃっていました。
(分岐で避けれたのに)

相手してくださった方、すみませんでした。
メテオアーシェ多めの場だったので、それなりに形にはなりましたけど、
無かったら瞬殺だったろうしなぁ〜。

ちなみに僕は、2位でしたw(1位はジーニーの方)
3位と4位の方、本当にすんませんっしたァーーーーーー!!!!

◆覚え書き
マイコロンは、パイロマンサーのアレ(巻物攻撃)じゃ繁殖しないZE!!


追記: その試合のあと、もう一戦やりました。その試合は勝利。 僕が使ったブックは「マイコロン+トライバルメイル」ブックだったんですけど、 ぶっちゃけソン=ギョウジャ要りませんでした。 増えるぶんで充分な気がしてます。コレ。 トライバルメイルの出す数値の期待値は、大体ST=20 HP=35(IN ゴザ砂漠)で、 武器としてはイマイチでしたけど、キノコ特化型の安い鎧と考えればまあまあでした。 相手のクリが植物族なら、ST=35出るワケですしね(居ないけど)!!
これが僕のキノコブックだ(今のトコ)!! ブック名:キノコメイル クリーチャー[14] アンバーモス×2 ソン=ギョウジャ×1 シーモンク×2 ファンガス×2 マイコロン×4 リザードマン×2 アイテム[10] エンジェルケープ×3 カウンターアムル×2 トライバルメイル×3 プレートメイル×2 スペル[26] ウィザードアイ×4 エレメンタルラス×1 シャッター×2 シンク×3 チャリオット×1 チャリティ×2 ファンタズム×1 ヘイスト×2 ホープ×1 ミューテーション×2 ランドプロテクト×1 リコール×4 リンカネーション×1 まだ、かなり中途半端。