脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2007年06月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2007年06月25日(月):第9回盛カル対戦会日記。 カルドセプトサーガ
僕が初めて参加したカルド大会、第9回盛岡カルドセプト対戦会。
マップは黄金砂漠バトゥーアン、目標魔力9000G。

対戦相手は、
バトラーさん:フリーズサイクロン焼き&リプレイス火属性ブック
C.Axeさん:グレートフォシル拠点のスカルプチャーモスマンブック
Akeminoさん:アバランチ所持の変則風ブック


そして、僕が使ったブックはこれでした。 「奥の細道」 http://rettura-festa.net/culdceptsaga/details.php?book_id=81 ブックの解説は、向こうでやっています。
開始時。 バトラーさんは南エリアの火土地、C.Axeさんは水土地を取りに行きます。 そして、バトラーさんはマーブルアイドルを、C.Axeさんはブラスアイドルを置き、 いきなり普通じゃない試合に突入します。 そんな中、僕は作戦通りにプレーンリープを使用して、風連鎖を作ります。 いきなり1周目からプレーンリープを使用すると、 クリーチャー代で魔力がカツカツになってしまうんですけど、 運良く、ミラージュとかフォートレスとかの安価クリが出てきてくれたので助かりました。
2〜3周目。 マーブルアイドルのせいで、僕はコンジャラー、Akeminoさんはガルーダを捨てるコトになります。 風撒きを早く行ったおかげで、僕が先にガルーダ置けたんですよね。 コンジャラーは、バトラーさんに置かれてしまいましたけど。 僕以外の全員、カウンターアムルを所持していた中、 僕はレイオブロウの一発目を引きます。 しかし、何を思ったのか僕はレイオブロウを放たず、1ターンキープすることを選択。 その隙を突かれ、バトラーさんにサプられてしまいます。 ここが、最初の大きなミスでした。
3〜5周目。 一度はフリーズサイクロンで焼かれたものの、何とか連鎖をキープした僕は、 連続でレベル4、レベル5を踏ませることに成功し、一気に達成寸前の状態になります。 僕の手札の中には、ホーリーワード8が2枚。 しかし、砦に止まったときに、城から離れたクリーチャーから上げてしまったために、 真っ直ぐ2連続でホリワ8を唱えても、城で達成出来ない状態になってしまいました。 これが、僕が負けた直接的な原因。 そのあと、Akeminoさんにホリワ8をサプられ、 更にはバトラーさんにスウォームをキメられ、見事に勝機をくじかれました。
後半戦。 速攻が失敗した速攻ブックの末路なんてのは酷いもので、 このあと僕は、焼きに焼かれて最下位まで落ちてしまいました。 ホリワ8もサプられた今、高額回避の手段も無いし、ただただ搾取されるだけ。 くやしい…。 そんな中、盤面は終盤に突入します。 「焼きに焼いた中、自分の資産はしっかり守ってギリギリ達成か?」 バトラーさん。 「マスファンタの掛かったグレートフォシルは、固定資産の王様だ!!」 既に達成額を超え、あとは足勝負のC.Axeさん。 「後半戦、アバランチをキメまくり、見事に横取り高レベル!!」 Akeminoさん。 結果、足勝負に勝ったバトラーさんが1位になりました。 でも、個人的には、C.Axeさんのブックの荒れ場耐性の強さが印象的でしたね。 結果的に、決勝戦まで行っちゃっていましたし。 (唯一?の弱点の速攻キメられて負けたようですけど。)
C.Axeさんの「グレートフォシルにマスファンタ」作戦は、凄かったですね。 「メタルシャンブラーにリフレクション」なんてやるんだったら、絶対に前者にすべきでしたね。 …思いつきませんでしたけど。 そしたら、速攻のスピードが、もう何百Gぶんか早くなって、 多少のミスでも何とかなるぐらいになれたのかもしれないんですけどねぇ。 まあ先ず、ミスを減らすのが重要なんですけどね。 2度もキーカードサプられちゃって、ダメの極みでござる自分。
それにしても、大会って凄く楽しいですね。 命を掛けたガチバトルって感じで、負けるとヘコみますけど、凄く勉強になります。 次は、世代交TAIさんに教えてもらった護符の活きる、アルシオンIIですね。 その次は、僕が(一応)得意としている(つもりの)、ディナール山脈…!! 貴様等、覚えていやがれ?! 今度こそ、今度の今度こそは、一回戦突破してくれるからなー!!
2007年06月17日(日):アングリーマスクの凄い使い勝手ランキングー。 カルドセプトサーガ
BookBook Saga新機能を作ってみたら、
アングリーマスクとレブナントの数が余りにも多くてウケた。
…それ、オレですから!!オレだけですから!!

こないだ、僕以外にディープなアングリーマスク使いが居て、非常に感動した。
れっつら、れっつらでございます。


今日は、世間一般では微妙だと思われているアイテム、アングリーマスクの使用法を、 思いつく頻度別に紹介しようかと思います。 それで「アングリーマスクってのは、実はこんなに使えるアイテムなんだ?!」 というのを理解して貰えれば、これ幸いかと。
■よく言われるレベル ・リビングミラー&属性盾持ちを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! 先ず、これがアングリーマスクの基本的な使い方になります。 高い攻撃力を持ったクリーチャー(or アイテム)をちらつかせた状態で戦いを挑み、 リビングミラー or 属性盾を出させつつ、殴られた痛みのパワーで相手を倒すワケです。 だから、襲いにいくクリーチャーは、別に呪いつきレブナントじゃなくても、 バーバリアンでも、ヘルパイロンでも何でも良いんです。 守れれば。 ・ガスクラウド、アンダインを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! ガスクラウド、アンダインは、普段は全然手に負えないクリーチャーですけど、 アングリーマスクなら、お手軽に一撃で倒すコトが出来ます。 土地が貰えるぶん、サルファバルーンよりもお得ですよ。
■ちょっと慣れた人レベル ・グリマルキンを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! 地援護ブックの人の最重要拠点の一つ、グリマルキン。 お宅のグリマルちゃんには、もしかして支援STとかは付いていないでしょうね? え?支援は無いけどヘルパイロンが居る?それもマズいですね。 支援STのついたグリマルキンには、アングリーマスクです。絶対に。 オススメ第1位はクリムゾンバイン。 コロッサスとかワータイガーとか援護に出されると死にますが、それ以外ならまあ。 ・ケットシーを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! 似たような理屈で、ケットシーもアングリー殺すことが出来ます。 この場合、呪いつきレブナントだとHP吸い取れなくて辛いので、 またしてもクリムゾンバインがオススメです。 狙えるのであれば、即時つき弱クリーチャー(ヒュプノスロース、フェイなど)でアングリー殺すのも有りです。 どんだけー。
■裏アングリー界に、ちょっと足を踏み入れてしまった人レベル ・スピニーアガマを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! ヘルパイロンが居る場では、あのスピニーアガマすらもアングリー殺すことが出来ます。 ヤツの反射の能力は厄介なので、アングリーブック精鋭部隊(※1)じゃないと撃破出来ないのが難点ですけど。 ・トケビ、サクヤ、ボージェスをアングリーマスクでぶっ殺せ!! これらのクリーチャーは弱いんで、別にアングリーマスクを使わなくても倒せるんですけど、 上手な人になればなる程、それらをしっかりとガードしに行く傾向があるので、 「いつでも倒せるからいいやー。」じゃ無くて、しっかりと屠る必要があります。 出来るなら、アングリー無しでも勝てるクリーチャーを投入しつつ、 相手にアイテムを出させて、アングリーマスクしたいトコロです。 その逆もまた然り。
■アングリーマスク中毒患者レベル ・マッドマンを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! HPがアホみたいに高くなるクセに、STが20でなかなか仕留められないクリーチャー、マッドマン。 そんな化物クリーチャーも、プレイグ&ヘルパイロン場でのアングリーマスクの前では敵ではありません!! 毒ダメージ12 + アングリーマスクの30、合わせて42ダメージで撃沈です!! アングリーマスク最強!!アングリーブックに栄光有れ!! …もっとも、そこまでしてマッドマンを倒す必要が有るのかってハナシなんですけどね…。 ・一見有り得ないクリーチャーで、アングリーマスクでぶっ殺せ!! ヒュプノスロース、フェイ、(スパルトイで出した)スケルトン、 アーウィソウトル、クリーピングフレイムetc... 「HP40有るクリーチャーは、全てアングリー要員なんだ!!」という意識で戦いに臨むと、 相手に相当な心理的プレッシャーを与えることが出来るようになります(たぶん)。 防御のために、盾ではなくて武器を持つような流れになったり…。 こうなったらシメたモノです(僕以外の攻めブックの人達にも言えちゃうんですけど)!!
なお、ココまでしてアングリーマスクを使っても、本当に強くなれるかまでは保障しません(笑)。 それでは皆さん、ごきげんようー!!!! ■脚注 ※1.アングリーマスク精鋭部隊 クリムゾンバイン、呪いつきレブナント、各種青天井クリーチャーの成長したやつのコト。 後者になればなる程、アングリーをキメるための難易度が高くなるので、 その点要注意である。
2007年06月12日(火):前略、程度を知る。 日記
今日、部長が僕に話したいコトが有るって、ちょっと会議をやりました。


要約。 『言ってくれれば、一月ぐらい、イロイロなコトをやり繰り出来る時間は与えるし、  面白そうなプロジェクトの会議に来たければ、いつでも来ていいから、  済まないけど、何ヶ月か、携帯サイトのバックボーンを作りまくってね☆』 要するに、携帯サイトのバックボーンを作るコトが、僕の死守すべき命題みたいです。 ウチって、そんなにサイトの基礎作れる人材が居なかったっけか? …転職のとき、開発の部署の大きい会社、選んだつもりだったんだけどなァ…。
僕はシステム屋としては、まだまだ全然中途半端で、 有象無象の中の一人で、何かを成せる何者でも無いのに。 24歳から、そこそこ真面目に積み重ねれば、 積み重ねた程度には評価されるってコトなのでしょうか。 …嬉しいっちゃ嬉しいんだけど、コレは複雑だよなァ…。
2007年06月09日(土):ご連絡。 日記
いよいよ僕のPCのイカれ具合が頂点に達してきたので、
明日辺り、去年買ったPCに乗り換えようかと思っています。

なので、今日明日に早いレスポンスを求めたらダメですよ。

去年のPCがそこそこ動くようになって、そこで体力が余っていたら、
イロイロやるつもりっちゃー、やるつもりですけど。

よっぽどよっぽどな話題があれば、携帯から馳せ参じます。

てなカンジで。
2007年06月08日(金):やっぱ辞めないコトにした。 日記
昨日、上司と部長と飲み屋でイロイロ話してみた結果、
もう半年はココに居座るコトにしました。

直接的な理由は「次の社内テストサーバを僕に任せてくれるから」、
間接的な理由は「諸事情で、社内の体制がガラッと変わるようだから」、
です。


以前は、本当に本当に会社が気に入らなくなるまで居続けて、 気に入らなくなったら退職一直線だった自分ですけど、 今では、「辞めるぞ?いいのか?本当に辞めるぞ?」などと言いながら、 平気で会社と駆け引き出来るような人間にまでなれました。 正直、「あの人間性潔癖の完璧主義が、よくここまで成長出来たな。」と 自画自賛しまくっています。 本当にありがとうございました。
2007年06月05日(火):また又れっつらが辞める(予定)!! 日記
土日月で、またしても再び会社を辞める気になったので、
今日、上司に「7月締めで辞めたいんですけど。」と言ったら、
明日、上司と部長とオレとで、晩飯食うことになりました。

ちなみに部長は、酒が入ると自分語りモードに入ってしまう人で、
上司は、平和と身の安全がモットーの中間管理職型の人間です(山岡クン!!)。

要するに、ネタにはなるが、絶対にロクなコトにならないというコトです(笑)。
楽しみだなぁ。


今日のお昼、事情通な人と一緒にお昼を食べたんですけど、 ベンチャー企業って、本当にイロイロなモノのぶつかり合いで、面白いですね。 親父の職場は、半分民間で半分お上みたいな職場で、 普通に年功序列&学歴重視だったので、 帰ってからその話をしたら、聞いたオフクロが結構驚いていました。 ええ。そういう時代なのよ。
2007年06月02日(土):超久しぶりに、生真面目日記。 日記
最近、どうも自分の中で葛藤しているコトがありまして。


転職して今の会社に勤めるようになって、11ヶ月。 またしても、「チョットこの会社で続けていいのか?」状態になっています。 ウチの会社が、あるグループの傘下に入って半年。 社内には机が増え、どんどん人が増えてはいっているんですけど、 それが皆、上の会社から出向で来てる人だったり、役員繋がりで来ている偉い人だったりするんですよ。 …そのクセ、開発には誰も入ってこないし。 最近の流れなのか、昔からの流れなのかは知らないんですけど、 どうもウチの開発って、単なる土木作業員な気がするんですよね。 …ひたすら納期までにブツを作って、あとはメンテナンスだけ。 …Web業界の大半はそんなモンなんてのは、だいぶ前から分かってるんですけど。
それに、仕事をしていくうちに、段々と同じ開発の人たちの程度も見えてきたんですよね。 技術的に、凄い人は凄いんですよ。 年単位の積み重ねをしなければ、絶対に同じ仕事は出来ない系の人も居るには居るんですけど。 …ただ、何つーか、そういう人ほど仕事に対して割り切ってるんですよね。 プロの土木作業員として、淡々と仕事をこなして、 会社がクビに出来ないのが分かっているので、モチベーション低い日は余裕で休む。みたいな。 僕も、最近はそうなりつつあるし。
電子系技術者ってのは、魔法使いであるべきだと思うんですよ。 仕事を右から左へ流すコトについては、否定しないですけど、 もっともっと、その内容にディープに関わって、その仕事の質に大きく関わる部分まで携わるべきだと思うし、 会社全体の姿勢として、そういう風にさせるべきだと思うんですよ。 なのに…ねぇ。 どうも「ただの便利な人」扱いなんですよね。 お給料は悪くないし(今転職しても、もうそれ程は上がらないぐらいの額は貰っている)、 待遇も悪くないし(休めるし、大体定時で帰れる)、 そんなには悪くないはずなんですけどね。
前の会社の開発が消滅する前、転職を数回重ねたある人が言ってたっけか。 「どの会社も、一長一短だ。」と。 でも、結構待遇は悪くないはずなんですけど、 社長のアレで開発が消滅さえしなかったら、 僕、前の会社の開発のほうが良かったように思えるんですよ。 人数は少なかったですけど、常に挑戦している感じで。 あの頃の先輩、仕事が以前より土木作業員みたくなったコトに、不満全開でしたけど。 …どこも同じなのか?
ITの業界紙を呼んでいたら、何だかライブドアの社員がちょっと羨ましく思えてきました。 …あそこもあそこで、絶対に土木の人が居るはずなんですけどね。