脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2009年05月 
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2009年05月21日(木):ゲームおはなし。 ゲームその他
久々に、ゲームをたくさん買っています。
先週末は、1本ゲームを買って、
今日は、2本ゲームを買いました。

今日の日記は、その3本の紹介を。


スローンとマクヘールの謎の物語 通勤時や、1人での昼休み用に。 カルドDSをやるだけでは物足りなくなってきたので、買ってみました。 意味深な文章の真実を探る、ストーリーパズルゲームです。 今日発売で、お昼と帰宅時にちょっとやっただけなので、 まだ(CMに出ていた)ウミガメのスープの話まで行っていないんですけど。 なかなかこれは面白い。 まだ序盤も序盤だからかもしれないんですけど、 1つの話が10分ぐらいで解けるようになっているので、 空いた時間に、本を読む代わりにやってみる感覚でやるとハマれそうです。 逆に、完全に家ゲーマーであるのなら、そこまでオススメはしません。 それにしても、レベルファイブのDS用ゲームは、本当にネタ探しが上手いなあ。 きっとプロデューサが優秀なんだろうなぁ。
朧村正 WiiのアクションRPG、ついにキタコレ!!な逸品。 別にWiiである必要性は無いゲームなんですけど。 和テイストが非常に高いレベルで醸し出されていて、 初心者でも簡単にバッサバッサと敵を斬り刻むコトの出来る、 2Dのデビルメイクライって感じです。 ・刀を振り続けていれば死なないけれど、アイテムを温存するためにはテクニックが必要な程度の難易度。 ・様々なコンビネーションが、方向キーと1ボタンだけでズバズバ出せちゃうインタフェース。 ・美味しそうなご飯のアニメーションや、分かってらっしゃる温泉イベントの数々。 ・燃えシナリオに、ほのかに萌えるキャラクターなどなど。 ここまでのクオリティのゲームは、なかなか出ないであろうレベルにまで達しています。 個人的には、Wiiを持っている方全員にやって貰いたいです。 神ゲーム(奇跡の新ジャンルゲームという意味で)では無いですけど、超優良ゲームでは絶対に有るので。
タクトオブマジック Wiiで出た、今日発売のリアルタイムストラテジー。 ルーン(魔法文字)を画面に書いて、魔法をガンガン出して戦うシミュレーションゲームです。 どこかから土壁を出したり、鉄球を転がしたりするシステムが、 以前、僕の考えていたゲームの構想と似ていたので買ってみました。 今は、使える魔法が6種類(全部で100種類以上になるらしい)のトコロで詰まっています。 いきなり、師匠キャラから「お前一人でモンスター狩ってこい!!」とか言われちゃって。 師匠!!オレ一人で、モンスター7〜8組も、どうやって倒すのさ?! ルーン描いている最中に、囲まれてボコボコに殴られて死ぬから、3〜4組で限界なんですけど?! 先に土壁設置して、土壁ごと敵の軍隊をボコボコにする作戦も限界に来ているしなぁ〜。 アレか?キレイにルーンを描いて、ボーナスで射程距離を伸ばして先制攻撃するパターンか? レベルアップでHPが伸びるゲームじゃないので、なかなか考えさせてくれます。 ストーリーはチュートリアルで、本番はネット対戦だと高を括ってたのになぁ〜。 なかなかの本格派です。
これまでメインでやっていた、カルドセプトDSのほうは、 1回ランクマッチ(Nカード限定戦)をやってそのまんまと言った感じです。 1位にはなれたんですけど、どう足掻いてもボイラーズさんのブックに勝てる気がしなくてw 久々の掲示板更新で、あのクオリティだもんな〜。 流石、ココロの師匠は出来るコトが違うZE!!
オラタンもオラタンで、他のゲームに押されて全然やっていません。 いつでも出来るようになると、逆に有難味が薄れるパターンに陥っています。 いつ入っても、絶対対戦相手が居るの保障されていますしね〜。 それは、カルドもそうかー。
2009年05月12日(火):正解は!? 日記

ふっくら☆

やべぇーーーー!!

帰り道の99ショップの前に、ふんわり名人(きなこ味)が有ったので、
買って食ってみたら、超UMEEEEEEEEEーーーー!!!!

口の中に入れると、一瞬でとろける煎餅(大区分では)、初めて食ったZE!!
越後侍もオススメするワケだ。

会社の近くのスーパーや、友達の家の近くのスーパーには売っていなかったから、
本当に売ってるのかよって感じだったんですけどね。
(まあ、実家に住んでいて、あんまり買い物しないからなんでしょうけど。)

いやあ。おいしい。マジおいしい。
2009年05月09日(土):宮古島の宿と海と店について。 旅行
前回「明日続きを書く」とか書いていたクセに気付けば3日も経っているw
主に、カルドとメイドイン俺のせいです。
まだ1コもそれっぽいの作ってないがな!!(メイドイン俺)


この写真の真ん中にあるのが、僕の泊まった宿です。 一応ビジネスホテルとして建てられてはいるのですが、 目の前にパイナガマビーチが広がってたり、 常にタクシーがホテル前に陣取ってたりして、かなり観光向き。 それでいて、1泊7700円(朝ごはん付き)でしたからね〜。 晩御飯は無いですけど、近くに飲み屋さんが多いですし、 1キロ先には宮古島のメイン商店街が有りますので、むしろそっち行けってな感じで。 これは、ビーチの堤防の上から撮った写真。 異常気象で寒くなければ、僕はココでバチャバチャしていたっていうのに…!! 宮古島には探すと安宿がいっぱい有るので、若い人はそれでも楽しそうですね。
ホテルの2件隣の飲み屋さん「海鮮悟空」のカメ。 ゴーヤ、海ブドウ、アロエ、ヤギ汁から、 ヤシガニ、宮古牛などのお値段高めの名物まで揃えている、大きい飲み屋さん。 集団で旅行に来た1日目の夜なんかに使うと、絶対盛り上がるでしょうね。 ほとんどの席からビーチを見るコトが出来ますしね(大展望なんですよ)。 写真のカメは、店内の巨大水槽で飼われている海ガメです。 こいつの他にも、小魚が高スピードで戯れているので、それを見るのもオススメですよ。
最後の夜を楽しませてくれた、 島唄ライブ居食屋「和おん」の店長と奥さんの写真。 上のリンクのブログを探せば、僕も写っていますので、 れっつらマニアの方は是非探してみて下さい(許可はもちろん出してますよw)。 ここで食べたチーイリチーは、とても美味しかったです。 豚肉と豚の血を炒めたモノなんですけど、 血が濃厚なチーズみたいになっていて、お酒に合う合う!! 店長は「レバニラに近い感覚」と言っていましたけど、 肝臓じゃなくてただの血なので、レバニラよりもクセが無いです。 ココの店長さん、元々世田谷区在住の飲み屋チェーン社員だったそうで、 20年間働いた後辞め、骨休め旅行に行った宮古島で三線(向こうの楽器)にハマって現在に至るそうです。 でも、現在飲み屋の主人として宮古島で成功しているのは、絶対に居酒屋時代の経験からでしょうし、 そうやって考えてみると、人生って無駄になるコトが本当に無いんだな〜。などと思ってしまったり。 …僕も貯金貯まったら、こういう脱サラいいかもだな…。 プログラマなんて、50歳になっても続けられるのか謎ですしねぇ。
結局、向こうで書いた日記の内容は1文字も書かずに終わりそうです。 むしろ読んでもいないしw 人生も、きっとそんなモンだよね。 それではまた。
2009年05月06日(水):旅行記を書こうと思ったら、食べ物の品評会になっていた件について。 旅行
こないだ宮古島に行ってきたので、宮古島日記を書こうと思ったら、
向こうの食べ物の写真ばかり発掘されたので、それで1本書こうと思いますw


飲む極上ライス「ミキ」 米で出来た栄養ドリンクらしい。 飲んでみたら、黒砂糖の味のするお米のツブツブが。 結構美味しかったですけど、250ml缶で確実に限界の来る一本。 コンビニでも普通に売られているので、ぜひどうぞ。
さんぴん茶と、まぐろカツおにぎり コンビニに島限定のおにぎりが売られていました。 まぐろカツおにぎりと、ポークたまごおにぎり。 どちらも強引にネタをシャリで包んである大きめサイズのおにぎりで、値段は 300円程度。 まぐろカツおにぎりも、ポークたまごおにぎりも、1個でかなり満足出来ました。 お昼ごはんを適当に済ましたい貴方にオススメです。
うっちん茶。 さんぴん茶は、ジャスミン茶入りの向こうのお茶ですけど、 うっちん茶は、ウコン茶そのまんまのようです。 ウ○コとかウ○チとか、 呼び名は変わっても、下品な勘違いをさせる存在感充分な名前になっていますねw
ユートピアファーム宮古島で食べれる、マンゴーソフト。 牛乳ソフトにマンゴーの果肉を後付けで混ぜて作る、凄まじく美味しいアイスです。 (ちなみにSサイズでこの大きさだったので、Lサイズって一体…?) コレと、お土産に買ったマンゴージュース&ゼリーのお陰で、 現在自分、マンゴーがマイブームになってしまっています。 行ったはいいけれど、異常気象で寒かった場合とかに、是非行ってみて下さいorz
明日は、思い出のお店の紹介やビーチの写真とかを。