脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2002年01月 
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2002年01月23日(水):れっつら一人声吹き込み大会のまき 日記
「この僕にも、恥ずかしいコトって有ったんだー(死)!!」
こんばんは。れっつらです。

今日も今日で僕はゲームの画像を作るつもりだったのですが
チョット試してみたいコトが有り、新宿へ行ってマイクを買ってきました。

何で僕はマイクを買ったのか?
それは「ゲームのキャラの声を試しに入れてみたかったから」です!!
烈斬のゲームや、
ときどきメモリアルバウトなど、
フリーの名作(後者は珍作)格闘ゲームには、必ずオリジナルの声が入っています。
「今の僕のアレに、声を入れてみたらどうなるのか…?」
僕はそれを試してみたかったんですよね。
(どうやったら声を入れられるか、試してみようというのも有ったんですけど)


…で、先ず声を録音してみたんですけど
声って凄いんですね!!
感情とか恥ずかしいのとかが、モロに出ちゃうものなんですね!!

マイクを前にどうしても緊張して勢いを殺してしまった僕の声は、
一人全役、効果音すら自分の声でやったという珍作、
いちごマンのそれと全く変わらないものでした。
「キャ〜タスケテ〜」
結局、今日の「声を入れた、お試し格ゲー計画」そこで幕を閉じてしまいました。


今日のことで僕が学習したことが、3つあります。
一つは、「声を吹き込むのは、一緒に吹き込む仲間が居るときにしよう」ということ。
(一人でやっていると、どうしても声を手加減してしまい、情けない声になります)
二つ目は、「役のイメージを確固たるものにしてから、録音に臨むこと」
(そうしないと、声を入れているときに、疑問符が付いちゃいます。)
最後は、「僕の声は、3人が斬るやつのT様向きでは無く、悪代官向きだった」ということ。

ファミコンスパルタンXにおける名ゼリフ(?)
「ばぁ〜ん」「ワッハッハッハッハハハ」一番上手かった(むしろゲームに使えるくらいだった)
ことを考えても、最後の事項は決定事項だと思われます。


れっつらは、ネット声優さんの凄さをその身に感じたのでした。

つづく。
2002年01月10日(木):れっつら黄門弁当のまき 日記
「やったー!!これでオレも水戸黄門だー!!」
こんにちは。れっつらです。

今日から23日(水)まで、新宿の京王百貨店では、恒例の駅弁大会が催されています。
(アナウンサー調)
今日は、弟が1時限目で授業が終わるというコトだったので、
弟に駅弁大会に行ってもらい、お弁当を買ってきてもらったのですが、
僕が頼んだお弁当は、他の弁当とは一味も二味も違うお弁当だったのでした。
その名は印籠弁当!!

印籠と言うと、真っ先に思いつくのが水戸黄門ですが
このお弁当は黄門様のおひざ元、常磐線の水戸駅で販売されているお弁当です。
水戸駅で販売されている印籠弁当なので、もちろんデザインもしっかりしたものになってます。
(ゲームの資料に買ったくらいなんで)
中身も栗おこわ手まり寿司などで、充実でしたしねぇ。
(若者なので、やっぱり肉の入った弁当が恋しかったりもしましたけど)

それでは!!これから僕の買った、印籠弁当をご紹介します!!
カモン!!印籠ー!!






印籠弁当(写:弟のデジカメ)


「誰だ?!水戸エムブレムがシールだなんて言っている奴は(事実だけど)?!」

いやいや。印籠弁当。噂に違わぬ素晴らしい出来です(誰が噂した?)。
これからは僕、お弁当には必ずこのケースを使うことを、心に決めたのでした。


つづく。
2002年01月08日(火):れっつら、RUNE WORLDで時間が無くなるのまき 日記
今日の日記は「時代劇格ゲーお馬鹿」に載せようか、こっちに載せようか迷ったんですけど
結局こっちに載せるコトにしました。
こんばんは。れっつらです。

今日は僕、とあるゲームをやりすぎたために、卒論がほとんど出来ませんでした。
(あらかじめ多めに卒論こなしてたのは、そのためという説大)

そのゲームというのは
今日発売のパソコン雑誌「TECH Win」についてくる
「RUNE WORLD」というゲームなんですけど、
それが烈斬の最新格ゲーかつ、2D格闘ツクール作品でして!!

それで
「これを買わずして格ツク2ndは語っちゃーいけないよ」ってな感じで
始めてみたんですけどね…。
これが面白くて面白くて…。


グラフィックはド派手だし、ブイブイ動くしね…。
格闘ツクールなのに、パワーアップとパスワードシステム有るしね…。

格ツク2ndラー(初心者)の立場で見ても、ド肝を抜かされるようなナイス演出の限りで
「それはもうオジサン参っちゃったよ」ってな感じだったんですよー。
(後半戦、文章の意味がかなり不明になっちゃいましたけど、勢いだけ汲み取ってください。)


余りに感動したので、「RUNE WORLD」掲示板に書き込もうとしたら、
「ケーブルテレビ名物、プロキシマホカンタ(*)」にはまって、書きこめなかったりしたけれど。
本当に良いゲームでした。

今回は第1話的な内容だったので、
最終回まで続けて買って遊び倒すつもりのれっつらなのでした。

つづく。


*プロキシマホカンタ
人気の有るサイトの掲示板で、ときどき起こる魔法効果。
掲示板荒らしは基本的にプロキシサーバ経由で来るので、
掲示板のプログラムに簡単な命令を書き込んで、
プロキシ経由で来る人全員の書き込みを拒否すると、管理が楽なのだが
そうすると「基本的にプロキシ経由で来なければならないケーブルテレビの人も書きこめなくなっちゃう」というオマケまで作ってしまう。
そんな諸刃の剣。

れっつらは、CGIのCの字も知らなかった時代、
自分のレンタル掲示板の設定でソレをやってしまい、
「自分の掲示板なのに、入れない入れないよ〜!!」と嘆いたコトが有ったとか無かったとか。
2002年01月07日(月):ひさびされっつら黄門祭りのまき 日記
ここには、去年の12月31日から1月3日までのダイジェスト日記を書こうと思います。


大晦日の夜、皆様はどう過ごしましたか?

僕は寒い中、男5人で近所のグラウンドで酒を飲んでました。
れっつら、れっつらでございます。


大晦日の夜から元旦の朝にかけて、
僕らお馬鹿5人(途中から4人)衆は、スケールの小さな年末年始イベントをやっていました。

先ず年を越す瞬間まで、寒空の中、ビールを交わしつつの雑談をし、
その後地元のお寺に向かい、バナナチョコを買い、
カラオケ屋で3時間、変な曲しばりで歌い、
ファミレス4時間ダベる(後半は絵しりとりをやっただけ)という、壮絶イベント…(死)。
まさに年末年始にふさわしくない馬鹿でした。


元旦から3日までは、家でイトコ達と一緒に遊んでいました。
…ジイさんバアさんのお金をかけて。

その中で僕らは、去年に引き続きモーニング娘ドンジャラをやったのですが
今年のモーニング娘ドンジャラは、
去年の牌オリジナルの新しい役「ミニモニ」(矢口、加護、辻で110点のお手軽超破壊力の役)
を加え、更に白熱したバトルを繰り広げました。

イトコ(高校生)の話によると、モーニング娘ドンジャラ地元でかなりの人気を博したらしく、
一時期友達に貸したこともあったそうです。
すごい話です。


今回の年末年始は、そんな感じで過ぎ去っていきました。

つづく。