脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2012年10月 
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2012年10月28日(日):ペルー旅行マチュピチュ編その1。マチュピチュ&インティプンク編 旅行
お久しぶりです。れっつらです。
旅行日記の続き行きます。


ウルバンバにあるコテージのホテルからお庭を見た光景。 ペルーに観光に来れる日本人な時点でペルー人的にはお金持ちなので、こういった無駄に豪華なホテルに泊まれるという。 マチュピチュ行きの電車からの光景。 天井にも窓が有ったり、イイ感じの観光列車。 ウルバンバ川の脇をずっと走っていく感じになります。 電車の中で出てくる軽食。 フルーツが嬉しい。右のパンはハムサンドだった記憶が。 マチュピチュの麓、マチュピチュ村。 鉄道の終着駅であり、バスの発着駅でもあります。 アグエス・カリエンテス(温泉街)とも呼ばれている村だそうで、 写真からは、確かにそんな雰囲気が。
それでは、マチュピチュ行きますよ。 定番の「これぞマチュピチュ」みたいな写真。 巷にはびこりすぎて、サイトに載せる有難みが無いというw 上から見ると平べったい遺跡に見えますけど、下から見ると凄いんだぜの図。 続けて、高さを感じる絵を載せていきます。 この辺は住居地区だった辺り。 下を覗くと、深い谷の下に線路が見えます。 遺跡内に、岩ウサギが休んでいました。 昼は動かないのか、ずっと高い岩陰の隙間に居ました。 「太陽の門」インティプンクからのマチュピチュ。 真ん中の小さいのがマチュピチュ。 バス用の道路が行ったり来たりしています。 よくあるアングルですが、夕方のマチュピチュ。 次回は日の出直後のマチュピチュを載せていきますよ。
晩御飯のコーナー。 マチュピチュを歩いて疲れていたので、凄い無難なメニューを選んでしまっていますw 先ずはご飯にお魚。 パスタです。味は並です。普通です。 ムース。地元の料理以外は、全般的に普通のモノが出てきます。 仕方ないね。
次回は、朝のマチュピチュ&マチュピチュ山からの光景になると思います。 よろしくー。