脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2018年09月 ≫
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2007年09月10日(月):焼きブックに完敗。 カルドセプトサーガ
今日はコロ2(6000G)で、
アングリーマスク&コロージブナイフを使った
「至高のアングリーブック」作成のための試合をやったんですけど、

相手が
・ゴブモス
・ゴブリン
・全焼きサンクタムコイン
という凄いメンバーで、結局ビリでした。
どんだけー!!!!

結局、レベル上げられたの、僕の3レベルとゴブモスの人の5レベルだけだったしなー。


面がゴブリンで埋め尽くされる。 ↓ ほぼ全て焼かれる。 ↓ サンクタムがおこぼれクリーチャーを倒す。 ↓ 面がゴブリンで(ry の連続でしたしね。 焼きサンクタムの方にとっては、ゴブモスなんてコイン牧場も良いトコロだよなぁ…。
一番驚いたのは、焼きサンクタムの方が制限ラウンド内に達成してしまったコトでした。 …確か、45Rとかだったんだけどな…? 焼きの方のクリーチャーは、サンクタムとトケビだけで、 敵を倒したあとのクリーチャーは、全部トケビで回収というブックだったので、 土地の価格はほとんどゼロなワケで。 オーロラ4発で護符の価格が90Gになったと想定して、 6000Gの試合を終わらせるために必要な護符の枚数は、最低でも50枚。 50枚+最後のドレマジ400G+元々持ってた600G+城ボーナス+僅かながらの土地資産 で、ギリギリ6000Gってトコか。 焼きの方は、ランキング上位の方だったんですけど、あの尖りっぷりは凄かったですね。 …昨日もアレスパイロンをダブルで出すブックの人に負けるし。
いいぞ ベイべー! テンペが入っているブックは 焼きブックだ!! 更にプレイグとパニッシャーが入ったブックは よく訓練された焼きブックだ!! ホント 最近のカルド対戦は地獄だぜ!! フゥハハハーハァー …orz
2007年08月26日(日):いかん!!これはカルドラ様の罠だ!! カルドセプトサーガ
コロ2でどうも良い風ブックが作れない自分。

以前から、獅子丸さんから投稿して頂いたブック
「魔弾の射手」が気になっていたので、
今日はそれを丸々コピって、野良試合してみました。

コロ2、目標6000G(45R)
フレンドのKouba Kさん:リフレクション+レーシィ or ウルバリン地ブック
Aさん:ワータイガー、コロッサス入り地援護ブック
Bさん:スパルトイ+トレード無属性ブック


試合開始早々、Bさんにマーブルアイドルとリードアイドルを置かれてしまったため、 狙い通りの動きが出来ない自分。 でも、パラライザーが都合良く出てきたり、 パニッシャーでアイドルやロックシェルを焼けたり、 ソウルレイでトレードされた4レベルを取り返したり、 個々のカードが単品でも光りまくっていたので、 下位に停滞しながらも、かなりの試合遅延をさせるコトに成功します。
35ラウンド目辺りに、Aさんのランプが点灯します。 ゴールまであともう数歩!! ココで、大きな流れが来ます。 僕、Aさんの4レベルグリマルキンを踏んでしまうが、ナイキーで麻痺させる。 →Koubaさん、グリマルキンにテレキネシス。 →Aさんの城達成ならず。 →Aさん、城近くのワータイガーを5レベルまで上げる。 →Koubaさん、グリマルキンの居た4レベル土地に止まり、スピニーアガマ置く&光る。 →僕、ライトニングドラゴンをリリーフで引き寄せ、アガマを焼く。 →Aさんのグリマルキン、元の土地を取り戻す。 →Bさんのレイスに踏まれ、相打ちさせられる… etc…etc…。 このとき、運悪くBさんがAIに。 残る3人で、テレキVS撒きVS地変焼きの対決になります。 …まさかコレが、あんな結末へと繋がろうとは…。
最終ラウンド。 僕もKoubaさんもAさんも7000G以上の魔力を手にし、 あとは、一人一人の切り札スペルによる詰め将棋の状態になりました。 Koubaさん、総額で1位だったのに、僕のウェザリングで3位に…。 皆、何百Gも違わなかったので、何だか申し訳ない気分ですね…って、 そのとき!!!! チャーーンチャチャチャーチャーチャー♪チャーッチャッチャッチャーチャー チャーーララ ラララーララ〜♪ (ファンファーレ) 「Bさんが目標に到達しました。」 「ええええええええええええええええええ〜!!!!」 何と、3人が必死こいてお互いを妨害しあっている間に、 AI化したBさんが、ギリギリ6000Gちょいで達成してしまったのです。 これには、一同吹きまくり。 僕とKoubaさんは、「どんだけ〜」メールを送りあいましたとさ。 めでたし。めでたし。 …ファーック(笑)!!!!
2007年08月23日(木):久々カルドにご満悦の撒き。 カルドセプトサーガ
カルドー!!復活ぁーつ!!(リポDのイメージで)

オブリの魔法使いプレイ、
裏技的なコトが出来るようになった代わりに戦闘が弱くて、
なのに、九神の騎士とか、戦士ギルドとか、ガチムチ系のミッションばっかこなしてたら、
なんかちょっとだけ飽きてきたんで、
カルドの世界に帰ってきました。


それにしても、カルドはやっぱ面白いですね。 1戦目は、早いうちからマークされていたのが効いて、負けちゃいましたけど、 2戦目の面白いのなんの。 ボルカニックドラゴンを強化し、それを見事に使いこなし、 ビア姉さんブチギレ攻撃+シルバープロウを決めてレベル4火土地ゲットしたりする人 VS オパールアイドル+イントルード+コロージブナイフを出す気満々の水ブックの人 VS ケットシー、ペリで守りを固め、 マグマアーマーでぶっ殺すプレイをやっていた人 VS レブナント or クリムゾンバイン + アングリーマスク アンゴスツーラのイントルード(オレ) の戦いでしたからねぇ…。
終盤、目標6000Gのところ、10000Gオーバーまで稼いだのに、 レベ4を踏み、レベ5を踏み、かなり死にそうになった上に足勝負まで持ち込まれたし、 一応は勝てましたけど、総魔力は3位にまで落ちてたし…。 いやー。久々のカルドが、あんな楽しい荒れ場で良かった。 楽しかったなぁ〜。
2007年07月21日(土):中(サーガから対人)と上(以前から対人)の差について。 カルドセプトサーガ
最近、野良のコロ2にも濃いブックが揃ってきたので、
僕も負けじと、コーロイド、地変、マグマアーマーなブックで挑んでみたんですけど、
そこで、ちょっと思ってしまいました。

上級者と中級者とを分かつ壁の一つは「地変スペル」にあるのではないか?と。

セカンドの大会のリプレイを見たり、
BookDB(BookBook Sagaのパクリ元)を見れば一目瞭然なんですけど、
旧作のブックって、必ず地変が入っていたんですよ。
それも、3枚も4枚も。

カルドで勝つためは、土地の色を連鎖させて、投資した魔力を倍々にする必要があります。
それは、サーガにおいても基本にして究極の常識ですけど。

以前は、その基礎のバランスを動かす、唯一のスペルが地変だけだったのに対して、
サーガでは、地変クリーチャー、トレードと、
地変スペルの代用になるものが増えてしまった為に、
その重要性に気づけない人が多いのではないかと思うんですよ。
(僕もその側なんですけど)


例えば。 「ゼリーパシリ」 http://rettura-festa.net/culdceptsaga/?book_id=75 (現バージョンには、アーウィソウトルも入っています。) 野良だと何故か無駄に勝率が良くて、自分自身謎なブックだったんですけど、 よくよく考えてみると、このブックって相手が地変スペルを入れていないのを想定して作られているんですよね。 そして、事実、野良の相手は地変スペルをあまり入れてこないんで、勝ててしまう。 地変スペルによって、ステージ内のパワーバランスが水寄りになることに対して、 サーガからの人って、かなり無頓着な着がするんです。 たぶん、古参の強い人達だったら、 撒き → トレードしたり、 低レベル侵略 → 地変したり、 その人のブック特有の戦術で、早いうちから徹底マーク(フルボッコのサイン)したり するはずですからね。
5連鎖と3連鎖の地力の差の大きさが、最近やっと分かってきて、 そこでついに見た「差」なんですよね…。 昔からの人には、かなり当たり前なんでしょうけど。
2007年07月21日(土):盛カル出られなかったー。 カルドセプトサーガ
木、金と仕事が忙しくて、出られませんでした。
ランダムブック戦、出たかったなぁ。
2007年06月25日(月):第9回盛カル対戦会日記。 カルドセプトサーガ
僕が初めて参加したカルド大会、第9回盛岡カルドセプト対戦会。
マップは黄金砂漠バトゥーアン、目標魔力9000G。

対戦相手は、
バトラーさん:フリーズサイクロン焼き&リプレイス火属性ブック
C.Axeさん:グレートフォシル拠点のスカルプチャーモスマンブック
Akeminoさん:アバランチ所持の変則風ブック


そして、僕が使ったブックはこれでした。 「奥の細道」 http://rettura-festa.net/culdceptsaga/details.php?book_id=81 ブックの解説は、向こうでやっています。
開始時。 バトラーさんは南エリアの火土地、C.Axeさんは水土地を取りに行きます。 そして、バトラーさんはマーブルアイドルを、C.Axeさんはブラスアイドルを置き、 いきなり普通じゃない試合に突入します。 そんな中、僕は作戦通りにプレーンリープを使用して、風連鎖を作ります。 いきなり1周目からプレーンリープを使用すると、 クリーチャー代で魔力がカツカツになってしまうんですけど、 運良く、ミラージュとかフォートレスとかの安価クリが出てきてくれたので助かりました。
2〜3周目。 マーブルアイドルのせいで、僕はコンジャラー、Akeminoさんはガルーダを捨てるコトになります。 風撒きを早く行ったおかげで、僕が先にガルーダ置けたんですよね。 コンジャラーは、バトラーさんに置かれてしまいましたけど。 僕以外の全員、カウンターアムルを所持していた中、 僕はレイオブロウの一発目を引きます。 しかし、何を思ったのか僕はレイオブロウを放たず、1ターンキープすることを選択。 その隙を突かれ、バトラーさんにサプられてしまいます。 ここが、最初の大きなミスでした。
3〜5周目。 一度はフリーズサイクロンで焼かれたものの、何とか連鎖をキープした僕は、 連続でレベル4、レベル5を踏ませることに成功し、一気に達成寸前の状態になります。 僕の手札の中には、ホーリーワード8が2枚。 しかし、砦に止まったときに、城から離れたクリーチャーから上げてしまったために、 真っ直ぐ2連続でホリワ8を唱えても、城で達成出来ない状態になってしまいました。 これが、僕が負けた直接的な原因。 そのあと、Akeminoさんにホリワ8をサプられ、 更にはバトラーさんにスウォームをキメられ、見事に勝機をくじかれました。
後半戦。 速攻が失敗した速攻ブックの末路なんてのは酷いもので、 このあと僕は、焼きに焼かれて最下位まで落ちてしまいました。 ホリワ8もサプられた今、高額回避の手段も無いし、ただただ搾取されるだけ。 くやしい…。 そんな中、盤面は終盤に突入します。 「焼きに焼いた中、自分の資産はしっかり守ってギリギリ達成か?」 バトラーさん。 「マスファンタの掛かったグレートフォシルは、固定資産の王様だ!!」 既に達成額を超え、あとは足勝負のC.Axeさん。 「後半戦、アバランチをキメまくり、見事に横取り高レベル!!」 Akeminoさん。 結果、足勝負に勝ったバトラーさんが1位になりました。 でも、個人的には、C.Axeさんのブックの荒れ場耐性の強さが印象的でしたね。 結果的に、決勝戦まで行っちゃっていましたし。 (唯一?の弱点の速攻キメられて負けたようですけど。)
C.Axeさんの「グレートフォシルにマスファンタ」作戦は、凄かったですね。 「メタルシャンブラーにリフレクション」なんてやるんだったら、絶対に前者にすべきでしたね。 …思いつきませんでしたけど。 そしたら、速攻のスピードが、もう何百Gぶんか早くなって、 多少のミスでも何とかなるぐらいになれたのかもしれないんですけどねぇ。 まあ先ず、ミスを減らすのが重要なんですけどね。 2度もキーカードサプられちゃって、ダメの極みでござる自分。
それにしても、大会って凄く楽しいですね。 命を掛けたガチバトルって感じで、負けるとヘコみますけど、凄く勉強になります。 次は、世代交TAIさんに教えてもらった護符の活きる、アルシオンIIですね。 その次は、僕が(一応)得意としている(つもりの)、ディナール山脈…!! 貴様等、覚えていやがれ?! 今度こそ、今度の今度こそは、一回戦突破してくれるからなー!!
2007年06月17日(日):アングリーマスクの凄い使い勝手ランキングー。 カルドセプトサーガ
BookBook Saga新機能を作ってみたら、
アングリーマスクとレブナントの数が余りにも多くてウケた。
…それ、オレですから!!オレだけですから!!

こないだ、僕以外にディープなアングリーマスク使いが居て、非常に感動した。
れっつら、れっつらでございます。


今日は、世間一般では微妙だと思われているアイテム、アングリーマスクの使用法を、 思いつく頻度別に紹介しようかと思います。 それで「アングリーマスクってのは、実はこんなに使えるアイテムなんだ?!」 というのを理解して貰えれば、これ幸いかと。
■よく言われるレベル ・リビングミラー&属性盾持ちを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! 先ず、これがアングリーマスクの基本的な使い方になります。 高い攻撃力を持ったクリーチャー(or アイテム)をちらつかせた状態で戦いを挑み、 リビングミラー or 属性盾を出させつつ、殴られた痛みのパワーで相手を倒すワケです。 だから、襲いにいくクリーチャーは、別に呪いつきレブナントじゃなくても、 バーバリアンでも、ヘルパイロンでも何でも良いんです。 守れれば。 ・ガスクラウド、アンダインを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! ガスクラウド、アンダインは、普段は全然手に負えないクリーチャーですけど、 アングリーマスクなら、お手軽に一撃で倒すコトが出来ます。 土地が貰えるぶん、サルファバルーンよりもお得ですよ。
■ちょっと慣れた人レベル ・グリマルキンを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! 地援護ブックの人の最重要拠点の一つ、グリマルキン。 お宅のグリマルちゃんには、もしかして支援STとかは付いていないでしょうね? え?支援は無いけどヘルパイロンが居る?それもマズいですね。 支援STのついたグリマルキンには、アングリーマスクです。絶対に。 オススメ第1位はクリムゾンバイン。 コロッサスとかワータイガーとか援護に出されると死にますが、それ以外ならまあ。 ・ケットシーを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! 似たような理屈で、ケットシーもアングリー殺すことが出来ます。 この場合、呪いつきレブナントだとHP吸い取れなくて辛いので、 またしてもクリムゾンバインがオススメです。 狙えるのであれば、即時つき弱クリーチャー(ヒュプノスロース、フェイなど)でアングリー殺すのも有りです。 どんだけー。
■裏アングリー界に、ちょっと足を踏み入れてしまった人レベル ・スピニーアガマを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! ヘルパイロンが居る場では、あのスピニーアガマすらもアングリー殺すことが出来ます。 ヤツの反射の能力は厄介なので、アングリーブック精鋭部隊(※1)じゃないと撃破出来ないのが難点ですけど。 ・トケビ、サクヤ、ボージェスをアングリーマスクでぶっ殺せ!! これらのクリーチャーは弱いんで、別にアングリーマスクを使わなくても倒せるんですけど、 上手な人になればなる程、それらをしっかりとガードしに行く傾向があるので、 「いつでも倒せるからいいやー。」じゃ無くて、しっかりと屠る必要があります。 出来るなら、アングリー無しでも勝てるクリーチャーを投入しつつ、 相手にアイテムを出させて、アングリーマスクしたいトコロです。 その逆もまた然り。
■アングリーマスク中毒患者レベル ・マッドマンを、アングリーマスクでぶっ殺せ!! HPがアホみたいに高くなるクセに、STが20でなかなか仕留められないクリーチャー、マッドマン。 そんな化物クリーチャーも、プレイグ&ヘルパイロン場でのアングリーマスクの前では敵ではありません!! 毒ダメージ12 + アングリーマスクの30、合わせて42ダメージで撃沈です!! アングリーマスク最強!!アングリーブックに栄光有れ!! …もっとも、そこまでしてマッドマンを倒す必要が有るのかってハナシなんですけどね…。 ・一見有り得ないクリーチャーで、アングリーマスクでぶっ殺せ!! ヒュプノスロース、フェイ、(スパルトイで出した)スケルトン、 アーウィソウトル、クリーピングフレイムetc... 「HP40有るクリーチャーは、全てアングリー要員なんだ!!」という意識で戦いに臨むと、 相手に相当な心理的プレッシャーを与えることが出来るようになります(たぶん)。 防御のために、盾ではなくて武器を持つような流れになったり…。 こうなったらシメたモノです(僕以外の攻めブックの人達にも言えちゃうんですけど)!!
なお、ココまでしてアングリーマスクを使っても、本当に強くなれるかまでは保障しません(笑)。 それでは皆さん、ごきげんようー!!!! ■脚注 ※1.アングリーマスク精鋭部隊 クリムゾンバイン、呪いつきレブナント、各種青天井クリーチャーの成長したやつのコト。 後者になればなる程、アングリーをキメるための難易度が高くなるので、 その点要注意である。
2007年05月13日(日):今日のまとめ。 カルドセプトサーガ
・スピニーアガマ、ガスクラを含んだ、クリーチャー25枚撒き侵略は、地力がアッと言う間につくので、素敵だった。

・だが、それとプレイグレブナントとを組み合わせただけだと、ただの荒らしになってしまった。
(コインとか、拠点とか、今後につながるものに欠けていた。)

・マグマアバターとレブナント&アングリーマスクは、どちらも別次元で濃いので、
 併用するとどっちつかずで死ぬコトが分かった(分かれよ)。

・コロ2は、左右砦の脇(分かれ道の手前)が一番踏み率が高い気がする。
(城側から来た人は、既に走りスペルを使ってしまっている場合が多いから)

・久々に猫ブックと戦って、巻物の大切さを思い知った。

・テレグノーシス最強伝説。

・最近、普通のブックが組めない(主にレブナントとかアングリーマスクのせいで)。

・勝てない。


強い人は、ちゃんと収支モデルを持ってブックが組めるのに、 僕は、経験則から、とりあえず回るようにブック組んでるだけなのがなぁ〜…。 ということを、BookBook Sagaの登録ブックを見て、思い知りました。 この思いを胸に、あと2,3ヶ月も戦ってたら、何か掴めるのかなぁ。