脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年06月 ≫
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2007年11月17日(土):ちょっとの間 消えます的な。 日記
職場の同僚から聞いた、結構魅力的なハナシ。

ワーキング・ホリデー
http://www.jawhm.or.jp/
ググる検索

ウチの運用部署の人に、コレをやった経験のある人が2人程居まして。


要するに、若い奴が、バイトで稼いだお金を使って、 1年間、外国(オーストラリアとか)で働きながらダラダラ過ごせる制度らしいです。 やっぱ外国なので、食事が一番大変らしいですけど、 大学卒業した次の年とかにコレをやると、良くも悪くも人生観が変わるそうで。 都市部の働き方の狂いっぷりに疑問を持ったりとか。 暫く職を転々としたりとか。 (既に僕はそういう人ですけど。) 年齢が30歳までなので、正直僕がやるには制限の厳しい面白人生プランなのですが、 後輩の誰かしらがこういうのをやったりしてみたら、 それはそれで(体験談を聞いた僕が)楽しいので、 とりあえすココに書いてみました。
…僕が知らないだけで、実は有名な制度なのかねぇ?
2007年11月03日(土):ジャンプSQ読んでみた。 日記
いつまで経ってもジャンプを卒業する気の無い僕。
こないだ新創刊されたジャンプSQを読んでみました。

目的はエンバーミング(和月信宏)とLuck Stealer(かずはじめ)だったんですけど、
コレはメチャメチャ面白かったですね。

どちらの作者さんも、少年誌では控えざるを経なかった黒さが出ていて、
「ようやっと全力を出せる雑誌が出たか〜。」といった感じでした。


一方、絵はともかく、ネタが明らかに学漫レベルなのもいくつか有りました。 「新創刊だから雑誌の方向性がまだ定まってない」ってのも有るんでしょうけど、 『可愛い(?)絵でグロをやって他キャラをビビらすギャグ短編』とか、 『美青年(?)と美少年(?)がドタバタしながら脱ぐギャグ短編』なんかは、 大学の漫研探せば2校に1人は居そうなアレで、 アレはもう、赤マルジャンプの残念なのよりも残念でした。 …あと、コラボ企画って、あんまり要らなくないか…? (企画としては面白いんでしょうけど、メディアミックスとして結果が出なさそうな気が。)
25%がオモロ。 25%が読める。 30%が実験作で、 残りの20%がアレ。 アレなのが極端にアレなだけで、全体的に見るとかなり面白いので、 僕はもう何回かは買い続けてみるつもりです。 …次回の藤崎竜(原作付き)のホラー物、どんな感じになるんだろうねぇ〜。
2007年10月20日(土):その続き。 日記
結局、上司と電話したり、教える人と話したりで、
現状維持のまま、何とか解決しそうです。

フタを空けてみれば、何とやらというやつです。
自分で書いておいて、何なんでしょう?って感じですけど。
2007年10月17日(水):嗚呼。カスタネットマン。 日記
カスタネットのおじさんは 身体が弱い訳じゃない〜♪
仕事が嫌いな訳じゃない〜♪
…でもね。
出て!!出て!!休んで!!休んで!! ←今ココ


久々に仕事を休みまくっています。 会社でサーバ周りの勉強をするのが辛くて。 別に、覚えることがたくさん有りすぎるのが嫌とか、 一朝一夕でマスター出来るワケじゃ無いのが嫌とか、 そんな理由じゃないんですけどね。 教える人の教え方が、どうも僕の心を削るんですよね。
一回(向こうから見て)変な行動をする度に、 『常識的に有り得ない』クラスのダメ出しを受けて、 なおかつ「間違えるとか気づかないなら良いですけど、サーバを扱う際の姿勢が間違っている」 言われるんですよ。 言っていることは理解出来るのですが、 それは人格否定なんじゃないかと思ったりするワケですよ。 それが一日何時間〜数時間続くワケでしょう? …それで心が削れて、現在折れているワケなんですけど。 例えるならば、 2ちゃんでネガティブなコメントをした人に、マジレスで物凄い否定が入り、 そのお陰でスレッドがより一層荒れるような。 あんな感じ。 おそらく、教える人の教え方の素質と、 教えを受ける側の持つ、触れてはいけない場所の位置が、 偶然上手い具合に絡まって、ブチギレ金剛なんでしょう。
任せて貰えるサーバを用意して貰えて、 勉強出来る時間も貰えて、 それで会社に来れなくなっている自分は、 社会の大枠のルールからすると、明らかに間違っている側なんですけど。 ダメなモノはダメで。行けないんですよね。 教える人を替えてもらおうにも、開発狭いんでそんなに人は居ないし。 そもそも席が超近くなので、あまりギスギスした職場にするのもアレだし。 実践面で言うと、資格の学校で習うのは非効率なんですけど、 どうせ会社に行けない上、家に居て何も進まないのが一番嫌なのなら、 いっそ、会社が何か言ってくるまで学校に通おうか?とまで思う始末。 さて。どうしてくれよう。
2007年09月13日(木):今回の第1次作戦は失敗の巻。 日記
先週の月曜に、某会社にエントリーシートを投げた結果がようやっと返ってきました。
ただ、一般的に『結果が返ってくるのが遅い』というのは『落ちたことの証』であり、
今回は、要するにそういうコトでした。

まあ、僕の思う頂点の企業にエントリーシート投げたからなぁ。

最先端の企業に行って、そこで「技を磨くの楽しい」状態になるも良し。
業界に絶望して、いよいよ去ってみるのも良し。
…的な作戦だったんですけどねぇ。


ウチの会社の開発も、裏でいよいよアレな状況になってきました。 今の停滞した状況を打破するためには、正直上の人が頼りだったんですけど、 上の人、もう辞める計画なんだもんな。 僕の、ウチの会社内における便利度は、日に日に上がってますけど、 それは「使い勝手が良い」という意味での便利度で、 僕にとっては反復練習にしかならないし。
どんなに使い勝手が良くても、仕事が速くても。 自分の程度が所詮「ただのプログラマ」に過ぎないのに、凄い危機感を覚えるんですよね。 それで、サーバ周りを覚えて、 自前サーバを武器に、小規模IT会社と横の繋がりを作る作戦で独立を狙ったのが、 一昨年辺りからの基本的な作戦で。 Flash と Ajax 周りで出来ることを高速で把握して、 もうチョット高度に Web で遊んでみるのを狙っているのが、 同時進行の新たなる作戦で。 忙しいなりに、仕事の最大のヤマ場は越えたと思うので、 これから来る連休の嵐の時期に、新しいお遊戯でも楽しんでみますかねぇ。
…ただ、それでそこからどうしようっていう、具体的なビジョンが無いのが問題なんですよね。 あと数ヶ月で(自分で好き勝手出来ると決めた期限の)30歳になってしまうんですけど、 そこまで…そこから…どうしようかな? …思いつけば、やるのは早いんですけどねぇ。
2007年09月02日(日):お疲れシンドローム。 日記
疲れた。何だか疲れた。
久々に土日が何も面白くなかった。

フロに入って、しばらく考えてみた。
どうやらエネルギーの貯蓄が切れてきたかもだ。


ココで、僕の仕事の紹介。 僕はプログラマで、携帯公式サイトを作っています。 関わった公式サイトの数は、もうとっくに10を超え、 うち、イチから作ったサイトもそろそろ10になり、 正直もう飽きたので、別のコトがやりたくて。 ただ、会社に居る携帯サイト開発周りの人材が、予想以上にアレで、 僕が別のジャンルへ行きたくても、物理的に行けない状況に陥っていたので、 今は期限付きで、己を殺して頑張ってきたんですけど。 何だか、日に日にガッカリ感が増してきて。
6月に「辞めるぞ?」言ったときに、上司と約束して、 一回は『別ジャンル=サーバの構築』をやらせてもらえたんですけど、 それがいきなり会員50万人サイトの本番サーバ(WebとDBの2台)で。 そんなモン、普段SSL使っているだけの、LPIC Level1 如きに出来るワケなくて。 あそこで一回疲れて。 8月1日までに、フルリニューアルするサイトの仕事が有ったので、 そこまでフル回転で頑張って、疲れて。 ほぼ同時期に、8月半ばにオープンするサイトの裏方全部を任されていたので、 こなして、疲れて。 そろそろフルリニューアルされるサイトの裏方全部を任されたので、 こなして、疲れて。 あと、今週は5サーバ連携のシステムの改変と、色んな仕事の小型案件がそこそこ。 来週の木曜までに、ちょっと整理されてないカタログデータを整理して入れなきゃいけないのがあって。 あとは11月アタマを目処に、4キャリアやっている音楽サイトのフルリニューアルを…。
疲れた。 て言うか、よく頑張ったな自分。 また仕事辞めて、また勉強したいこと勉強して、 また転職して、また給料の額面だけ上げていこうか。自分。 (今までの中で)大きい会社だから、色んな仕事させてもらえるのを期待していたんですけど、 実はそうじゃなくて。 むしろ、小規模の会社のほうが一人でやらなきゃいけないコトが多いぶん、イロイロ覚えるのには向いていたんですね。 でも、小さい会社で社長がマトモなのって、あんまり見たコトが無いしな。 これからどうしようかな? どうしよう?
2007年08月18日(土):適当に働き 適当な額のお金を貰い 適当に過ごしたい。 日記
オブリビオンも2周目に入りました。
1周目の途中で、夢のまったりスローライフを汚すオブリゲートに嫌気が差したので、
メインクエストを高速クリアして、
今は魔法使いキャラでプレイしています。


生活費を得るために、 魔法学校の生徒をキレさせ大乱闘にし、そこで死んだ奴の身包みを剥ぐという生き方を知ってしまった自分。 …どんなスローライフなんだ!! 効果範囲の広い炎のオリジナル魔法で、家の中の人々を黒コゲにしてみたり、 マジカ回復薬をガブガブ飲みながら洞窟の中を駆け抜けていってみたり、 ようやっとオブリ世界を思い通りに楽しめるようになってきました。 1周目も充分楽しめましたけど、 やっぱそこそこの生活を楽に行うやり方だけでも身につけると、人生楽しいですねぇ〜。 …リアルでも身につけたい技術だぜ!! …ベニテングダケと鹿肉を乳鉢ですり合わせるだけで体力回復薬作れる世の中なら良いのに…(現実逃避)。
リアルの世界においても、そんな都合の良いスローライフを送りたい自分。 ふと、ニンテンドーDSの「カブトレ」(株トレーナー)を買って遊んでみたんですけど、 何なんだ?!このデイトレーダー育成ゲームは!! オレ、(将来)もうちょっとのんびり株を買う予定だったんですけど?! そして、世間は株大暴落ですよ。 世の中って、面白いなあ。
2007年08月06日(月):オブリと仕事三昧の日々よ。 日記
お久しぶりです。
そして、BookBook Sagaをお使いの皆様に、ちょっと謝っておきたいコトが有ります。

「最近、オブリビオンばっかやって、ごめんなさい!!」

ただ、謝るだけで、オブリは続けます。
…オブリ始めてから、オンライン対戦やったの2回だけだよ…!!
(2回とも、お呼ばれして馳せ参じた試合だったしな…。)


ロールプレイングゲームは、 何だかんだ言っても、数字で解決してしまうモノが多いので、 ここ何年か敬遠していたんですけど、 オブリには、とてもハマっています。
僕の中では、RPGというよりも、 忍道とか、影牢とか、あっちら辺のゲームをやっている気分になっています。 忍道、大好きなんですよねー。 爆発して混乱させる球を投げて、敵を撹乱させたり、 崖の傍に陣取って、襲い掛かる敵を全て崖に叩き込んだり…。 オブリは、RPGながら、そういった残虐プレイが思う存分出来る作りになっていて、 そこでハマっているんですよね。 本格的な残虐プレイをするためには、 その道の経験値をコツコツと積み重ねなければいけないので、 目標に達したときの喜びもひとしおですし。 暗闇に紛れた状態から、 頑張って作った、自作の最強弓(但し、一発あたりのコストが何百Gの金食い虫)に、 頑張って作った、自作の毒矢をセットして放てば、 あの憎き熊をも一撃で葬るコトが出来ますしねぇ!! ホホホホホホホホー!!!! 但し、敵には厳しいながらも、窃盗とか殺人はしていないので、 これでも全然善人プレイなんですけどね。 挑発の広範囲魔法撃って街を混乱に陥れたり、いつかやってみたいよなぁ〜…。
ところで、最近仕事が忙しいです。 日曜出勤、早出勤、深夜残業と、忙しまくりです。 それもこれも、同僚のPGの半数が全然ダメなせいなんですけどね。 …まさか数年も会社に居て、あの程度とは。 スキルって、ある程度以上の数の仕事を任されてこなさないと、伸びないんですね。 技術者として何度も転職したのを「良かった」と思えたのは、今日が初かもです。 1つの会社に留まる『だけ』ってのも、結構ダメなのね…。