脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年10月 ≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2002年07月14日(日):れっつら自己分析のまき 日記
「精神的なネタを書く日は、自分がちょっとヤバめの日。」
れっつら、れっつらでございます。


昨日、ホームページ巡回をしていたら、
結構正確な自分の診断結果の出た性格診断サイトが見つかったので、
そこの結果自分の今を照らし合わせてみようかと思います。

それでは、れっつらどーん!!


1:性格について 合理主義者の割には、日常の世渡りに、今一つの一貫性が欠けて居ると、評するべきでしょう。 好奇心が旺盛で、喜怒哀楽の豊かなタイプであり、かなり自由奔放で我儘な面を持って居るのですが、 性格のもう一面には、非常に神経が過敏で有ったり、強迫観念が有ったり、 自己不全の意識が有ったりする訳なのです。
僕が自分自身に対して思っている、ムチャクチャ矛盾している部分が良く出ていると思っています。 僕は、普段から 「定時退社で仕事と趣味を両立する、自分だけに一番良い生活」を思っているのに 結局は毎日残業してしまっていますし ときどき、会社で当たり前のように残業して働ける人のことを 「会社生活が人生になってしまっている、時代遅れの連中」 くらいまで思うときも有るのに、 その反面 「僕はこの状態を受け入れなければ、会社の人間として嫌われてしまう」といった強迫観念「僕は無難な人間じゃ無いから、多少他人より頑張らないと、受け入れてもらえない」といった 自己不全の考え方も持ってしまっています。
2:恋愛について 好きになったら、そのまま突っ走ると云う訳には行かないタイプです。 恋愛や結婚の問題を、そんなにスッキリと割り切れるような、そんな単純なタイプでは無いのです。 或る時は哲学者のような顔で悩み、或る時は詩人のような顔で恋を囁き、 或る時は政治家のような顔で状況を判断し、或る時は聖母のように優しく、 或る時は腕白坊主のように積極的な性行動に走ります。 どれもこれも、貴方の素顔の一つですが、総体的には常識的な線へ落ち着いて行くタイプです。
意外に思われる方も多いかもしれませんが、 僕が人を好きになったらそのまま突っ走っていたのは、昔の話で、 今は、自分に嫌気が刺すくらい、慎重派になってしまっています。 その理由は、僕の夢。 就職活動をしているときから、僕は 会社に入って技術を磨き、お金を貯め、趣味で何作品かゲームを作り、 自分には無いマンパワーを持った人と出会えた暁には 会社を辞め、「先ずは自分一人くらいは食えるくらいの稼ぎ」を目指して、 個人のゲーム製作人になるという夢を持っています。 その点を考えると、僕は恋愛や結婚に対して慎重にならざるを得ないワケなんです。 先ず、僕のこの計画は、「人並みの幸せ」を求めている人には、明らかに向いていない計画なので そういう人には、頑張るワケにはいかないですし、 よほどの変わり者で無い限り、 好きで波乱万丈の生活を送ろうとしている人と、くっ付こうなんて思わないでしょうからね。 僕が、24歳という早さで結婚相談に行っているのは、実は 「運良く、自分のようなタイプを好みと思ってくれる人に出会うまでには、相当時間がかかるだろう」 という見込みから来ているというコトも有るんです。 …ま、そのワリに、先日も先輩を口説いていたような気がするのですが。 恋愛ネタ大好きですし。
3:職業適性について 性格的には、大概の職業に適応性が有りと判断致します。 特に芸能、芸術、文芸などの分野に適した性格のように思えます。 法律家、科学者、エンジニア、一般公務員などのように、 どちらかと云えば、無味乾燥的な色合の強いものよりは、 人間的色模様の世界に、ドップリと浸り込んで行くような職業の方が、 貴方の好みには、合って居るような気がします。
今の僕の仕事は、無茶苦茶無味乾燥なエンジニアなので、 現在僕が仕事に対してちょっと辛いと感じているのは、そのためなのかもしれません。 でも、今の仕事は「将来のための土台作り」にあたるので、 今から仕事を辞めるつもりはまだまだ無いんですけど。
4:対人関係について 貴方は、人付き合いに於ける気配りと云う点では、 現時点に於いても、既に十分過ぎる程の心遣(こころづかい)を働かせて居るタイプです。 これ以上、神経過敏にならない方が、自、他共に、もっとスッキリとする筈です。
分かっているのですが、出来ません(泣きながら)!!!! 以前留年しようと決意する前に、カウンセリングを受けていたときこんなことを言われていたような気がするのですが、 「他人の痛みを分かる人になろう」 「これまでの全ての人を情状酌量で許してしまっている自分に乾杯(死)」 「他の誰が君を悪く言おうとも、僕が最後まで信じてるから(さらに死)」 系の人間の、ある意味究極まで行っている(自慢にならない)自分が結構好きなので、 以前のように 「自分の心の世話すら出来なくなる位、自分が潰れる」 くらいのランクまで自分が追い詰められるまでは、 絶対に無駄に気を配り続けているのではないかと思われます。 …それでも今の生活において一番直すべきところは、この点なんでしょうけどね。
れっつらは、今ので自分の考えを少し固められたので、結構スッキリしたのでした。 つづく。
2002年07月13日(土):れっつら、祭りのあとのまき 日記
「昨日掲示板にモノを書いたという事実すら覚えていないー!!」
れっつら、れっつらでございます。


昨日は、僕の所属している部の新人歓迎飲み会だったのですが 実は僕、家に帰ってきてからの記憶がほとんどありません。 こんなことは、生まれてこのかた初めてです!! 話によると、 家に帰ってきてすぐ 「ホームページにこのネタを書かねば!!」と言って、パソを点け、 (痕跡はココの掲示板に残っていましたが、誰かとばっちりを喰らった方が居ればご連絡ください(悲)) その後「酔ったみた〜い」「酔ったみた〜い」というセリフを連発しながら ドタドタと歩き回り、服を脱ぎ素っ裸の状態でトイレに行き、 真っ白に燃え尽きたポーズを長時間とっていたらしいのですが なんつーかかんつーか…。全く覚えておりません(泣)!!!!
しかも、今思い出すと飲み会での僕も結構痛々しかったような気がします。 先ず、掲示板にも書いてあるようですが、 僕、好みのタイプの先輩を結構真面目に口説いていたような気がします!! しかもそこで「深入りしすぎない方がいいよー。」と助言をくれた別の先輩に対して 「分かってます!!見てるだけが一番良いってことも有りますからね!!」 などというセリフを大声で吐いていたような気もしますし(泣)。 あと確か、部長に一気飲みを強要してた気がしますし、 オバチャン先輩に対して年齢の分かりそうな質問をして、場を引かせたような気もしますし 結婚相談所ネタで一人フィーバーしていたような気もします(号泣)!!!! 他にも僕は、イロイロ暴言を吐いたような気がするので おそらく「こいつを飲みに連れて行くとヤバい」キャラに認定されたこと、間違い無しでしょう。
現在、僕は二日酔い状態になっています。 昨日は、食べ物よりも酒でお腹がいっぱいになっていましたからね。 記憶も飛んでいますし(死)。 れっつらは、酒は飲んでも飲まれるなということを再び心に刻んだのでした。 つづく。
2002年07月10日(水):れっつら、ちょっとぶっちゃけるのまき 日記


現在募集中のリポビタンDの新マスコットキャラクター名

絶対に「リポ」「D」で決まりだー!!

って言うか、それしか無いだろ!!
で、「2人合わせてリポDだ」とかって絶対に歌うんだってば!!

…れっつら、れっつらでございます。


先週から仕事が大変な僕なのですが、今週も今週で、もの凄く大変なコトになっています。 先ず、今日。夜の9時に家に帰れて一言。 「今日は早く帰ってこれたな〜☆」 自分で言っておいて何ですが、それは絶対に違う!!!! 昨日なんて、帰ってきてパソコンも点けずに、メシ食ってフロ入って寝ただけじゃんよ〜!!!! 「仕事はお金の貰える習い事。そして定時退社でゲーム作ったり遊んだりの文化的生活」 を目指している(死)僕としては、今の生活は絶対に間違っていると思うんですけど!!!! 僕が会社に入ることに対し、一番危惧していたのは 「周辺の文化を見る機会すらも無くなり、超高速でオジサンになっていくこと」だったのですが、 この調子でいくと、あと半年もすれば余裕でそうなってしまいそうで怖いです。 嫌ァァァァァ〜!!!! …でも会社の人間は、まだ半分は余裕で仕事をしているだろうと思われるのでした。 今日もいっぱい寝て、明日への糧にしていきますかー(悲)。 つづく。
2002年06月25日(火):れっつらの「三匹が斬る!復興計画!!」のまき 日記
「だ…大団円だぁ〜(ちょっと弱気な声で)!!!!」
れっつら、れっつらでございます。


いやあ。ついに終わってしまいましたね。新しい三匹。 話の方はと言うと、 最終回なのに誰の正体もバレなかったり、 敵の忍者集団の展開に結構ムリが有ったり、 極楽があんまり活躍しなかったりと(仕方ないけど) チョット残念なトコロが多かった感じがしました。 まあ、 先生の剣技がやっとそこそこ見れるようになったり、 若大将と忍者との手裏剣ピュンピュン戦が、結構新鮮で楽しかったりしたので、 及第点ではあるんでしょうけど。 …この話、果たして次のシリーズ、始めれるのかなぁ…(不安)。
だがしかし!!ここで弱気になってはいけません!! 三匹は、シリーズを続けることで面白くなる番組なのですから!! そこで、今日はここで次回の三匹にして欲しいことをイロイロと挙げてみようかと思います。 それでは、れっつらどーん!!
1:若大将にもの申す!! 今回の三匹の主人公である若大将は、 「心が真っ直ぐで、剣は強いはずなのだが卑怯な手には弱く、何だかんだで全員を引っ張っている」 というキャラなのですが、 どうもこのままだと、話に広がりが無いような気がするんですよね。 結局、若大将を怒らせないと戦いに行けないような流れになっちゃっていますし。 ここで!!僕が提案するのは若大将、バカ化計画です!! 若大将とかつての三匹キャラ、千石を比べるのは今さらなような気もするのですが、 もしここで、若大将を千石のような「誇り高きバカ」に仕立て上げたら どんなに面白いコトになるでしょう!!!! 一見正しそうな人に味方し、そいつが悪だと知らされて苦しむ若大将!! 敵のアホな催眠術にはまり、極楽や先生と戦う若大将!! 女の人にとことん惚れこみ、殺されて激昂する若大将!! 昔の三匹だとお決まりのパターンなのですが、 コレをやるとその回は若大将が名脇役として動けるので(三つ目のはバッチリ主役だけど)、 残りの二人をこれまで以上に映えさせることができると思うんですよね!! どうでしょーう?!
2:極楽は、バズーカを卒業して欲しい!!!! 今回設定では一番弱いクセに、普通に見ると明らかに一番強そうなキャラ、極楽!! そして、今回の三匹の中で最も飽きが早かったアイテム、バズーカ砲!! 見ていて立ち回りがあんなに面白い極楽に、 あんな「畳で防げるのに、屋敷の門は壊すことの出来る」バズーカなんて持たせたら、 せっかくの腕が勿体無さすぎです!! いいじゃないですか、バズーカなんて、お玉に撃たせれば(オイ)!!!! れっつらは、刀で戦う極楽を応援しています。 なんつって。
3:お玉には、毎回風呂に入って欲しい!!!!!!!! 実は僕、始めの頃は「お玉は、今のメンバーの中で一番要らない!!」と思っていた人でした。 しかし、僕のそんな思いは先週(だか先々週)の三匹を見たときに核爆発を起こして消えてしまいました。 「お玉!!ビバお玉ー!!!!」 「ナイス!!ナイスお風呂ー!!!!」 そう!!その回、お玉にはお風呂シーンが有ったのです!!!! 普通、お風呂と言えば、由美かおるなんですけど お玉を演ずる山田まりやには、彼女にも負けない素晴らしい武器が有ったのです!! それは健康的なお色気!!!! ピチピチしていて、お肌に弾力すら感じ、 その代わり、豪快にお風呂に入ってそうな雰囲気のある彼女が ちょっと上を見ながら肩にお湯をかける、湯煙殺人なフロの入り方をする…このミスマッチが!!このミスマッチがたまらんかったのです(熱弁)!!!! れっつら生涯のベストオブお風呂シーンに選んでも良いくらいの色気がそこに有ったのです!!!! 某水戸黄門のように、長寿時代劇番組には、お風呂は欠かせません!! 次回の三匹から、お玉が毎回風呂に入れば 僕を筆頭とする、全国ムッツリスケベおじさん協会(いつ出来たんだ?!)一生をかけて三匹をサポートいたします!!!!
れっつらは、 結局最後のことが言いたかっただけだったのかもしれなかったのでした(死)。 つづく。
2002年06月24日(月):お疲れっつら!!お疲れっつら!!のまき 日記
「オオオオオォォォォォー(咆哮)!!!!」
「喰らえ!!れっつら☆お疲れマキシマム(技名)!!!!」
「ギャァァァァァーーーー(自分が)!!!!」
れっつら、れっつらでございます。

今日、僕は初めて仕事で音を上げそうになりました!!
今週はお昼に頑張らなければいけない係なので、昼休みにご飯を食べに行けないですし。
これまでのツクールに毛が生えたようなアプリケーションでの仕事から、
いよいよプログラムを書く仕事になりましたし。
その仕事、会社に入って一生懸命勉強してきた立場から見てもさっぱりワケの分からない代物だし!!

今日は週の始めなのに、頭をいっぱい使ってしまいましたからねぇ。
れっつらは今日もいっぱい眠る予定なのでした。

つづく。
2002年06月17日(月):れっつら、定時に帰ってくるのまき 日記
「極楽、座ったまま最終回を迎える(のか?!)!!」
れっつら、れっつらでございます。
…って言うか三匹、来週でもう最終回かよ!!
結局、極楽の立ち回りはもう見れないまま終わってしまうんですかァー?!
がっかり。がっかりです。

…このままで新しい三匹を終わらせたくない僕としては、
今度の暴れん坊将軍の次あたりに、もう一回この三匹をやってもらいたいものです(早すぎ)。
リベンジ!!三匹が斬る!!とかいう題名で(横文字じゃんよ!!)。


今日は僕、このごろにしては珍しく、定時で帰って来れました。 ちょっぴり課題に対してこだわりの部分を与えずに終了させ、 ちょっぴり人より早く仕事のやり方を覚え、 ちょびっとだけ自分にごほうび(早帰り)を与えてしまおうという。 何だかれっつらさん、ちょっとだけ世渡り上手な気分です。 (普段が不器用極まりないからねぇ…。) 珍しく、ちょっとだけゲームも作ることができましたよ。 そんなれっつらは、早く一人で淡々と仕事がしたかったのでした。 (出来るようになったらなったで、相当大変なんだろうけど。) つづく。
2002年06月16日(日):れっつら久々まったり休日のまき 日記
「初回の相手とは、どうやら会え無さそうです!!」
こんばんは。れっつらです。

僕が「長く付き合える人」「出来るならば一生付き合える人」を探すため始めた
結婚相談サービス計画、始めからチョットつまづいてしまいました。
会ってもいないので、気になる小さな原因はイロイロ思い付くのですが、
おそらく一番の原因はたぶん「結婚に対する気合の入れ方が違いすぎる」ことなのだろうと思いました。

プロフィールの紙から察するに、
相手が探しているのは、おそらく比較的すぐに婚約、結婚できる「即戦力」。
一方僕が探しているのは、即結婚うんぬんよりも
上に書いたような「結婚を意識しても違和感の無い相手」なワケで。

結婚相談のトコロに初めて行ったとき、カウンセラーのオバチャンが
「貴方は今年より来年、来年より再来年の方が相手がいっぱい寄って来るから!!
むしろ再来年くらいになると、入れ食い!!
くらいまで言っていたのは、実はそういうコトなんだなと思っておいて、
今はとりあえず来月の相手を楽しみに待つれっつらなのでした。


昨日今日と僕は、久しぶりに家でのんびりまったり生活をしていました。 「…会社に入る前は、ほとんど毎日がこういう生活だったのにねぇ…。」 (元・留年ヒマ人野郎れっつら) 先週は、サークル連中のところで徹夜で飲み明かして、次の日に部署配属とかやりましたからね。 さすがに疲れが溜まっていたみたいで、今日も2時間ほどお昼寝してしまいました。 もちろん!!久々にゲームの方もいじりまくりましたよ!! あっちのホームページを更新するまでは、画像は完成していないんですけど。 あっちの方は、来週あたりに画像更新できればいいなぁ〜という計画で頑張るつもりです。
そんな感じで、今週も余裕で頑張っていく予定のれっつらなのでした。 つづく。
2002年06月10日(月):れっつら部署配属初日伝説のまき 日記
昨日、ついに結婚相談サービスから相手のプロフィールが送られて来る。
↓
今日、部署配属初日であるにも関わらず
「初日からですみませんが、8時に用事が有るので失礼します!!」
と、午後7時半に会社を出る。
↓
駅にて結婚相談サービスに電話を掛ける。「あの〜。相手の(詳しい)プロフィールが見たいんですけど、
そちらが開いてるのって何時まででしたっけ〜?」「夜の7時までです。」れっつら、れっつらでございます(泣)。


今日は、僕の部署配属の日でした。 僕は、これまで上司や先輩に 「会社の仕事は最高だけど、体育会系の理屈の通用しない根性重視の先輩なんかが上に付いたら もしかしたらヤバいかもしれない」 と、毎日の報告書や面接などで伝えていたのですが、 僕が配属された部署は、もうこれ以上は無いくらい文化系な方々がいっぱいの部署でした。
先ず、僕の隣には、 綾波レイとアスカラングレーのフィギュア(箱入り)をパソコンの隣に位置させ、 めぞん一刻のキャラとハムスターのフィギュアをキーボードの後ろに置く先輩が居ました。 そして、その向かいには、 ガンダムとジムと黒い三連星をディスプレイの上に置く先輩も居ましたし!!
先輩!!部長!!ありがとーう!! さすが僕の会社。良い会社です。 あの先輩達が体育会系なら、僕はインターハイで優勝できますものね!! (オリンピックと言わない辺り、自分の位置も把握できている男) 今日は初日なので緊張はしましたけど、れっつらはそこで大きな安心感を得たのでした。
これから僕は、大いに忙しくなりそうです。 今日は上記の事情で(泣)残業を早退しましたけど あの人たち、会社が終わるはずの時間に平気で 「じゃあ、これから勉強を始めようか(サワヤカに)!!」とか言ってきましたからね!! れっつらは、これからさらに成長していく予定なのでした。 つづく。