脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年05月 ≫
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2003年06月22日(日):味はヤバいだろ味は!! 日記
昨日は夕方から地元連中と、
お寿司食べたり、ゲームしたり、罰ゲームで凄いモン飲んだりしました。

無塩野菜ジュースとハイサワー梅味。
混ぜるとトイレの芳香剤の味と香りが楽しめるよー!!
…二度と作るものか…!!

帰ってきたのが結構遅い時間だったんですけど、
そのあとで、声優さん締め切り後の作業とかやってたんで、
結局寝たのが朝3時ごろになってしまいました。


今日は昼ごろに起きて、ずっとのんびりしています。 キャッシュカード2枚持ってたんですけど、片方全く使ってなかったので、解約したりも。 ユニクロのチラシを見たら、 ショートパンツ2枚とTシャツ一着買って5000円しないことを知ったので、 明日あたり、買いにいくことにしましょう。 休日は、混んでるからねぇ。
2003年06月20日(金):間違った慣用句の男。 日記
何日か前から、すごい気になっていたんですけど、
明日、時代劇専門チャンネルで「松平 健 祭り」やるんですよね。
でもウチ、CATV加入してないからねぇ。
…見てえよォ〜。マツケンサンバ!!


新聞に書いてあったんですけど、 僕これまで、慣用句をかなり間違えて解釈していました。 役不足:力量に対し、役目が軽すぎること。 確信犯:信念に基づき正しいと信じてなされる行為、犯罪。 奇特:優れて他と違って感心なこと。 この辺、全部間違って解釈していたんですよね。 自分流解釈では、 役不足は、お嬢様がどうでも良い男とかに 「貴方では役不足よ!!ホ〜ッホッホッホ!!」 とか言うためにある言葉だと思ってましたし(全く逆の解釈)、 確信犯は、推理小説みたいな、完全犯罪狙いみたいな犯行のことかと思ってました。 奇特なんて、ずっと「奇妙で特殊な人」だと思ってましたからね。 ドコの人間なんだ?! いや〜。今日からは頭をスッパリ入れ替えて生きていきたい所存であります。
今日はもう、家で普通に過ごしてました。 職業が「家事手伝い」になってます。最近。 (…と言うか、随分前から) 自分、留年のときはもっと家事手伝いでした。 元々ウチは、全員で家事やりまくりの家なんで、 将来お嫁さんは、家事にあまり苦しまなくて良いこと請け合いです。 …収入無いですけど(死ね自分)。
2003年06月19日(木):甘くないですねぇ。 日記
9日に
「今回のは完全にダメになったので、次回の案件をお待ちください。」と言われて10日。
あれから、何の連絡も来ないです。

「自分程度のPGが、[残業20時間程度]の会社以外をハネる設定にしている」のが、
派遣先の見つからない一番大きな理由だと思うので、
そろそろ、時間か業種のどちらかの条件を緩くしようかと考えています。
…さて、先ずはどちらを緩くするのか?

僕は、自分が一番大切な人間ですし、趣味の時間は何よりも優先したい人なので、
先ずは業種から緩くしていこうと思っています(今現在)。

「業種を緩く」と言っても、先ずは「PG」から「IT系全般」に広げる程度ですけど。
どうなるコトやら。


今日は、そんな状況の中ゲームばかり作っていても、遊んでばかりみたいで嫌だったので、 掲示板復活させたりしました。 …こっちも遊びだけどナー。 掲示板。既存の掲示板を改造すると、出来るのが数倍早いですね。 特に、Perlってデバッグツールが無いんで。 以前作ったからというのも大きいですけど、 小さいミス2,3かましただけで、完成と相成りました。 賞味2時間ちょい。早ー。 既存のCGIを改造することに楽しみを覚えてしまった自分。 時代劇ゲーの方も、何か作ってみようかねえ? …いや、それは、もっと上手く行ってからに。
2003年06月18日(水):今日は全部、あのゲームの話で。 日記
声優さん応募、今日も来ました。
ありがたいことです。

…ただ、今現在、声が女の子からしか来ていません。
しかも全員、おタマ第一志望。

お閃第一志望は居ないんかい?!
あと、野郎キャラ志望はドコの星に居るんでしょうか。

何よりもかによりも、
「千尋志望は居ないのか?!」と声を大にして言いたいです。
がまは別にいいからさあ(死)。


おタマが声優さんに人気があるのは、 「ただのおてんば娘」という空気が、声優さんに馴染みやすいからなんでしょうか。 現実世界では、お姐さんキャラよりもおてんばキャラの方が絶対に多いですしね。 あと、ファッションの割に男に媚びてないと言うか、 ゴーイングマイウェイなのがウケてたりするのかも。 他のキャラとは違い、おタマは100%自分オリジナルのキャラなんで、 (技は某格ゲーから思いっきりパクってますけど) 彼女がウケてると言うことは、自分のセンスもそこそこはイケてるのではと思ったり。 その辺は、結構嬉しかったりするトコロではあるんですけどね。 …声優さん募集は今週末までなんで、果たしてどうなるコトやら。
2003年06月17日(火):平凡な中にアレがある。 日記
今日は普通の日でした。
家でのんびりして、作ってました。


派遣。 あれから電話の一本も来ないのが、結構しんどいです。 前は、3日に2本は来てたんだけどねぇ。 僕の能力を勘違いしたのは、オペレーターのお姉さんだったんだろうか。 そんでもって、こないだ知られてしまった実力だと、出来る仕事が無いということなのだろうか。 休職6ヶ月で慣れたのか、家族は何も言ってきませんが、 自分は気になる。自分は気になる。
2003年06月16日(月):作りこむ。 日記
今日は、昨日に引き続き時代劇のビデオを見たり、
3日ぶりにゲーム製作に復帰したりしました。


この間DLした「鼻歌で作曲するツール」試してみました。 ふんふん言うのが、もの凄く恥ずかしかったです。 で、結果。 確かにそこそこの成果は出るんですけど、やっぱり思い通りにはいかないですね。 大体1,2小節ごとに鼻歌歌って、チョコチョコ修正しないと、全然聞けないですし、 修正しても、恥ずかしい感じになっちゃいますからね。 まあ、気が向いたときにでも作りましょう。 掲示板の修理以上に優先順位が低そうなんで、アレなんですけど(死)。
2003年06月15日(日):皆様いかがお過ごしでしょうか? 日記
今日は、あまりパソコンの前には座らない一日でした。
(毎日座りっぱなしな、引きこもり人間れっつら)

ビデオ屋に行って、必殺シリーズの濃いやつ借りてきて見たり、
「父の日」なんで、晩御飯を家族全員で食べたり、
弟に頼まれて、ついでに借りてきた「TAXI2」見たりしていました。
…吸収出来るうちに、イロイロ吸収しなくちゃぬぇい〜(半分逃げの弁)。


今日、また一人声優の応募メールが来ました。 女性キャラに応募はもう来てるんですけど、…野郎はまだなんだろうか。 どちらかと言うと、娘より野郎のウェイトの方が重い、濃い世界を演出したいんですけどね。 ゲーム作成。作っていると、ネットの世界にもわずかながら影響が出るみたいで、 最近は、ゲームの方の掲示板で、濃い時代劇話を繰り広げることが出来るようになったりしています。 …世の中には、自分の知らないお馬鹿時代劇が、たくさん有るんだなあ…!! 時代劇にあまり興味の無い方も、一度覗いてみてください。 想像を絶するお馬鹿時代劇ワールドが広がっていますんで。 一番重要なこと(仕事大丈夫かよ?)を除けば、最近の僕は絶好調も絶好調です。 ふぅ〜…。もう半月経ってるし…。
2003年06月14日(土):ライオンキングすげー!! 日記
小学生の頃、社会科見学か何かで一度だけ見に行ったミュージカル。
内容こそ忘れてしまいましたが、
「凄かった」「面白かった」ということは、今でも覚えていて。
ずっと見たいなあと思って、これまで生きてきました。

そして今日、十何年かぶりにミュージカルを見に行ってきました。
ミュージカル「ライオンキング」…正直、ド肝抜かれました。


オープニング。 「あれ?「これから始まります」とかアナウンスされてなかったっけか?」 とか思ったその瞬間に、 端々から「ワー」とか歌いながら、色んな連中が出てきて、 それにビックリしてたら、 通路の後ろの方から、ゾウやらチーターやら色んな動物が、歌いながらゾロゾロ出てきて、 あっけに取られていたら、 皆して舞台に上って大合唱してたんですよ!! 鳥とか飛んでるし!! 色々なビックリと、生命力と躍動感に満ちた合唱に包まれた僕は、 イキナリ感動で泣きそうになりました。 僕が座った席は、前から4列目の真ん中の通路寄りの席だったんですけど、 通路の演出とか間近で見られたので、特にお得な席でした。
最後、 カーテンコールの拍手は、4,5分間止むことがありませんでした。 僕も「止められない」って言うよりは「止めたくない!!」って感じで、ずっと拍手してましたし。 止めなければ、何度も役者さんの顔を拝めますしね!! 特に主人公シンバの父、ムファサ役のオジサンが登場したときは、嵐のような拍手になってました。 …この話、内容上「父親の存在感と威厳」が一番重要なウェイトを占めるんで、 一番「凄い!!」と思わせてくれるような人じゃないと、演じきれないと思いますし。
今日は、とにかくド肝を抜かされました。 演劇の凄さを、これでもかとばかりに見せつけられましたし、 「エンターテイメントの本質は、こういうエネルギーなんだ!!」 と感じさせられたりもしました。 少なくとも、小手先の技じゃ、とても対抗できないですよ。 あの、本能の根本から揺るがしてくるようなエネルギーには。 客席が満員で、カーテンコールがずっと続くような舞台を、 もう1000回以上やってるんだもんな。ライオンキング。 これで、クリエイター魂に火が点かなかったら、嘘も大嘘だよ…!!
れっつらは、今日のことは生涯忘れまいと思ったのでした。 そして「これから気になるミュージカルは絶対に見に行くことにしよう」と心に決めたのでした。 つづく。