脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2018年09月 ≫
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2004年09月16日(木):男性における、興味の傾向についての考察。 日記
ほかほか亭。
「日替わり幕の内『幕王』、そろそろ昔食べたのとメニュー被ってきたなー。」
と思った矢先に新メニュー出してきやがった!!
これじゃあ、もう2週間は弁当生活から抜け出せねえじゃねえか!!
グッジョブ!!グッジョブ!!

昨日今日は、もの凄いお弁当日和でしたね。
「明日休んで、高尾山にでも行くか〜?」とか思いながら、
昨日も今日も弁当食べてましたよ(死)。
…いや、だって仕事が転換期で、面白いのなんのって。


ライブチャット。 ウチの会社、やってるんですけどね。 ああいうの流行ってるのって、一部の女の人が見たら、 「男って、女と金にしか興味無いワケェ〜?!」 とか思えてしまうんでしょうね。 「女」なのはお客で、「金」なのは運用側?みたいな。 男性の興味有るモノの傾向。少し考えて並べてみました。 ・女 ・金 ・地位、名誉 ・モノ ・自己鍛錬 女の人に興味あるのは、そりゃまあ男なんで。 ただ「皆が皆、常に飢えてる」みたいに考えてる女の人は、なんつうか極端すぎな気が。 …一団体に2,3人は、必ず居ますけど。 金、地位、名誉、モノに関しては、 こだわるモノとこだわり方によっては、大分人を化けさせますけど、 根底は「自分の生きた証を残したい」あたりで、共通している気が。 「男って子供産めないし、本能的に『何かを残したい欲』が強いんじゃないか?」 というのが、コレに対する自分理論です。 自己鍛錬。 好きな人と全然な人で、ハッキリ分かれている気がするので、 『男』というカテゴリで語るハナシじゃ無い気もするんですけど。 …好きな人は好きですよねぇ。 筋肉マニア(こないだまで働いていた、派遣の人)とか、 プログラミング狂(自分)とか、 各種職人とかねー。 僕は、自分の作る『モノ』が最大の理由なんで、 まあ広義で言えば物欲なんでしょうけど、 筋肉マニアの方々は、どうしてそこまで筋肉を求めるんでしょうかね?
明日が終わったら、連休だー。 会社で良い技術本を見つけたので、仕入れてモノにしたいなあ。 PCにおける『秒間フレーム分け』とか『3D地面判定計算』に関する、 業界標準がいっぱい書かれてたんですよね。 「そうかー。そうすると、落ちれて登れない崖が出来るのかー。高速処理で。」 みたいな。 …言ってるだけで、実はあまり自分を「マニア」だとは思っていないあたりが、 絶対的にマニアなんだよなぁ…。
2004年09月14日(火):無難のぶ。 日記
ネタが無いからって日記をサボってたら、
何か、もの凄い勢いで文章力が減っていく感覚に陥ったので、
(元から無いけど)
いい加減に書かねば。


現在の会社に、ようやっと本当の意味で慣れてきた気がしてきました。 そりゃもう、4ヶ月半働いてますからね。 「会社を辞めよう」とカケラも思わないってコトは、 普通の人からすると、もの凄い普通のコトなんでしょうけど、 20代前半の人生の決着のほとんどを ・研究室、1年休み。 ・1つ目の会社で潰れる。 ・2つ目の会社、申告した期日で約束通り辞める(時給800円だったし)。 と、「辞める」ことでつけてきた立場からすると、 コレって、本当に珍しいコトなワケで。 …って言うか、普通「辞める」って選択肢って、 よっぽどよっぽどじゃないと出ないモノのはずなんですよね。 親説得したり、無職から再スタートしたり、どう見てもお得じゃ無いですからね。 でも、研究室のときと1つ目の会社のときは緊急事態だったし、 2つ目の会社は、居続けたら社長と一緒に腐りそうだったしで、 なんか凄いエネルギーが働いてたんですよね。自分自身に。 今の自分は、 自分にも技術的にも新しいことをどんどんやらせてもらってるし、 淡々と仕事に集中出来る環境を与えて貰えてるし、 休日も、自分でプログラミングしてたりしてるしで、 かなり良い意味で仕事人間してますからね。 来年あたりには、落ち着いて別のコトにもチャレンジしたいですけど、 それは「不満」じゃなくて「欲求」に近いモノですしね。
最近の日曜プログラミングは、専らWeb周りが主体になってます。 友達用に、自分ら流の便利な掲示板を作ったり、 自分用に、使い勝手の良いアクセス解析とか作ったりと。 逆リンクのログが貯まって気づいたのは、 「某闘病記のアクセス数が、今でも平均的に増え続けている」ことでした。 やっぱり、鬱で悩んでいる人って多いんですね。
仕事で知った、中島らも作品。 読んでてふと「蟲くんの生き様のベクトルって、こっち方向なのかなー?」と思ったり。 今時レアなタイプの凄みを感じると言うか。
うん。何故か文章が長くなってる。 無いつもりでも、やっぱ書けば何かしら出るモンだね。
2004年09月09日(木):認めたくないのだが、ちょっとばかり疲れているようだ。 日記
今日は朝っぱらから、会社でもの凄いミスをしでかしてしまいました。
日頃の行いが良かったのか(死)、
「あまり人の来ない場所」に関するミスで、
「運良く完全復旧」出来て、
「被害は最小限度」に収まりましたけど、
事態が事態だったら、一日中説教&損害賠償級だったよ…。
危ねぇ。危ねぇ。


普段なら2秒で気づくコーディングのミスで、2時間ぐらい悩んでたしなぁ…。 メチャメチャ悔しかったのと同時に、 「これは久々にヤバいんじゃないか?」という嫌な予感までしてしまいましたよ。 まあ、2年前にぶっ潰れたときなんて、こんな程度では無かったでしたけど。 今週の仕事はほぼ終えたので、明日はのんびり働くことにしましょう。 いやー。それにしても寿命の縮む思いでした。
2004年09月07日(火):ネタがナーイ。 日記
ああ…。ネタが無い…。


現在僕は、 仕事が忙しかったりヒマだったり、 肩凝ったり、ピップ内服液買ったり、 ほかほか弁当にハマっていたりして過ごしています。 本格的に肩が凝ったのは、これが初めてです。年取ったな…。 神保町、基本的にこってり系の飲食店しか無いんで、 ほか弁の煮物とかには、何か救われる思いがしてます。 あと、お縫い子テルミーの単行本をamazonで買いました。 面白かったです。
…久々だな…。 一週間経っても、なかなか書くコトが思い浮かばないってのも…。
2004年09月01日(水):じぶんしごと速報。 日記
今日からiモード版『ケータイ雑誌theどくしょ』で、読書アプリが出ました。
会員さんはダウンロード出来ます。
自分で言うのも何ですけど、使い勝手ならぶっちぎりの性能を誇っていると思っています。
掲載作品が過去のから一覧で出てきて、好きなだけダウンロード出来ますし。
月210円ってのは、絶対に安いんじゃないかと。

自分、(製作者なのに)会員になっちゃったしね…。
仕事サボれば、いくらでも覗くコトなんざ出来るのに(死)。
おかげで、人生何度目かの文学ブームに入っています。


どくしょでは今、『ケータイで1000文字文芸投稿』という面白いコトが行われてるんですよ。 作りながら、「ケータイで1000文字なんて、誰が書くんだよ!!」とか半分思ってたんですけど、 フタを開けてみると、毎日投稿されていない日は無いぐらい投稿されているみたいなんで、 なんか凄いなあとか思ったり。
今日からまた、仕事が壮絶になってきました。 ヒマは嫌いなんで、望むトコロなんですけどぬぇいー。
2004年08月30日(月):ゲームするはなし。 日記
何日も前から、仕事のハナシがしたくてしたくてたまらないんですけど、
明後日まではガマンの子だ!!


PlayStation2 The BEST がいっぱい発売されたので、 ラチェットにしようか、もじぴったんにしようか、 イロイロ悩んだ結果、ICOを買ったら、 ちょっと初恋ぽい気持ちになれたし、中盤までは結構良かったんですけど、 やっぱ自分、アドベンチャーはダメかもしれん。 パズル要素、あんまりあんまりな気がするし、 後半戦、「詰み」までの操作と時間が長くなっただけなような気がするし。 て言うか、誰だ?あんな給水塔建てたヤツは?!
一方、超遅咲きのスマブラブーム(地元連中限定)は、なんか加熱一方で、 皆して強くなるために、現在ハード毎貸し出し中。 …皆、頑張ってオレのバット少年ネスに勝てよ!!
2004年08月25日(水):投資信託野郎。 日記
はい、給料日ー。
今月は特に買うモノが無いので「お金貯まるなあ」とか思っていたら、
定期券今月まででした。

地下鉄から都営地下鉄に乗り換えるコースなのもあり、3ヶ月でおよそ3万5千円…。

…母さん…。お金ってナカナカ貯まらないワケで…(泣)!!


早く自分サーバ作って、技を磨きたいなー。 あと1年ぐらい稼がないと、お金が無くて無理ですけど。 でも、貯金40万のときに、40万の講習受けに行ったりしたしな自分(死)。 「自分に投資」も、度が過ぎるとアレですよね。
2004年08月24日(火):変な人。 日記
ああ。疲れた。
前半5時間は、ガーッと仕事が出来たから楽しかったんですけど、
後半3時間は、遷移図読み直したり、更新系のチェック増やしたりで、ぶっちゃけヒマだったんで、
なんか疲れました。

ヒマだと疲れる人ってのも、珍しいよね。
これで、忙しすぎて残業すると、もっと疲れるんだから、変な人だよね。


夏が過ぎると、寂しい季節になりますが、 「純粋に『働くため』なら、早く秋になってくれたほうが良いんだよな」とか思ったり。 …職場、寒暖の差が激しすぎるモンで。 もう1回ぐらい、泳ぎに行きたいな。