脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年03月 ≫
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2003年05月27日(火):超身内向け日記サイト。 日記
一日40〜50ヒットを誇る、超身内向け日記サイト管理人。
れっつら、れっつらでございます。

日記はアレですよ。
毎日書くから、皆見に来るんですよ。
以前、二週間ほど日記更新しなかったら、一日10ヒット以下になったし。

毎日読むと、その人の人となりが見えてくるような気がする。
文字でしか伝わらない距離感が、適度な想像を刺激する。
だから客層が超限定してても、4、50叩けるんじゃないかと。

4,50ヒットのうち、ハイパーリンクで来てるの、2,3回しか無いしな…。
(ほぼ全員「お気に入り」経由ですよアンタ。)

今日は、相変わらずのゲーム作成。 あとはマンガ喫茶行ってたりしてました。 近所のマンガ喫茶は規模が小さいので、目当てのマンガが見当たらず、 結局「カイジ」ぶっ続け読みで終わってしまいました。 ざわ…ざわ…。 明日の夜は、去年から恒例のボクシング観戦です。 また拳に力が入るんだろうね。 そして、自分の今を憂いたり。
2003年05月26日(月):また雑誌掲載だって。 日記
今日は一日中ゲーム製作でした。
あと、派遣会社からの仕事の紹介はこれまで3件あり、どれも自分には出来ないものでした(死)。
ファッキン自分!!!!


またゲーム雑誌収録のお願いが来ました。 6月29日発売予定「DOS/V POWER REPORT」に収録されるそうで、 ウチに雑誌も届けてくれるそうです。 派遣の方がいきなり暗雲漂ってきてるトコロなので、こういうニュースは大歓迎です。 とりあえず次の夢は、色んな雑誌の「夏休みゲーム@@選!!」とかの特集に載りまくることですね。 そうすれば、タダで知らないフリーゲーム遊び倒せますし。 載ればいいなあ。
2003年05月25日(日):柑橘系ゴマだれの冷やし中華。 日記
調子が良いときは心配事の無いときだと、ふと思った。
いや、調子が良いから、無駄な心配しなくて良いんだろうかねえ。

家族が家に居る方が、適度に緊張感が出てイロイロ動けるんで、いいですね。
平日誰も居ないと、一人で黙って何かするだけで、頭も鈍りやすいですし。

そんな今日は調子の良い日でした。
イロイロ製作したり。

題名の食べ物は、晩御飯に行った近所の中華料理屋の冷やし中華の味です。
絶品なり。
2003年05月24日(土):掲示板がよォォォ〜。 日記
掲示板が、何か使えなくなってるよママン!!

そんなワケで、掲示板をイロイロいじってはみたのですが、
長い間後延ばしにしてきた「ログがタマに飛ぶ理由」は分かったクセに、
肝心の「掲示板の更新出来ない理由」は分からない始末。
ダメじゃん。


今日は、朝ダメな感じ、夕方イイ感じといった日でした。 午前中から調子良ければ、サークルの春の本見に行ってたんですけどねぇ。 残念ですね。 昨日は調子が悪くて、昼寝したり、派遣からの電話の応対が上手く行かなかったりしたんですけど、 昨日の日記、凄いですねぇ。 「調子が悪いときに、無理矢理調子を出させようとすると、こうなる。」 という、イイ例です。 ふた昔前は、週に一遍はこんな日記でしたっけか。
ゲーム。先週打ち合わせたことを全て実現させるために、絵をたくさんこさえなければ。 また締め切り伸びるかも。
2003年05月23日(金):れっつら童貞力のまき。 日記
夕方、スーパーニュースを見てると
毎回のように安藤優子アナが、ニヤニヤしながら男性キャスターにチャチャを入れているのが分かる。

…もしかして安藤さん、男脳なんじゃないかと。


昨日、 sawadaspecial.com を見てみたら、 ヤケに面白い特集が組んであったので、ちょっと紹介します。 …女の子には、破壊力のある話かもしれませんけど。 みうら・じゅん 新たなマイブーム「D・T」を語る 愛と勇気と童貞力! Web人生 童貞ネット 上から順番に ・「文化系=童貞系」童貞よ大志を抱け!! ・童貞力を楽しむ ・童貞なんで、オフやりましょうよお願い という感じの内容になっており(本当かよ!!)、 上のポジティブな内容のものから下に行く毎に、どんどんネガティブな内容になっていっています。
新たなマイブーム「D・T」を語るでは、童貞に関して、ものすごい仮定を行っています。 先ず「文化系=童貞系」。これだけでも凄い仮定だと思うんですけど。 女の人は、体育会系の男が好き。 ↓ 体育会系は、スポーツやってたり、デートしたり、セックスしたりで忙しい。 ↓ 文化系はヒマだから、バカなことをいっぱいやっている。 ↓ その上、モテるために無駄な努力を積み重ねてきている。 (モノ作ったり、研究したりとか) ↓ クリエイティビティには「童貞力」は欠かせない。 要するに、一部の文化系男子の持つ、壮絶なまでの創作エネルギーの源は、童貞力だと。 女の子には絶対に分からないと思うんですけど、僕には分かってしまいました。 前々から思っているんですけど、ホームページを持っていてそこそこ更新している男性は、 8割方「童貞」か「名誉童貞」だと思ってますし。 公私共にバリバリやれている男というのは、それで力の全てを使ってしまうので、 こういう爆発力を内に込めるようなメディアには、絶対に参加出来ないと思うんですよ。 そういった人は、ホームページ作っても、ロクに更新しないと思いますし。 実際、そういうサイトの管理人は、そんな雰囲気を漂わせている気がしますしねえ。 あくまで偏見ですけど。
愛と勇気と童貞力! Web人生の日記(人生日報)に、 またもや無茶苦茶納得してしまった文章がありました。 5月8日付「童貞.comは、窪塚洋介くんに名誉童貞の称号を贈ります!」の回です。 右翼に傾倒したり、叶姉妹とゴニョゴニョしたり、「マスコミはクソだ」的Tシャツを着たり、 自分のエッセイ集で突然交際宣言したり、ホームページで電撃結婚宣言したり、 自分の誕生日に電撃入籍しようとしたら、書類に不備があって失敗したり…。 確かに、名誉童貞にしてもおかしくないような行動ばっかしてますけど、 こんな痛い行為をまとめて「童貞」という言葉にカテゴライズしちゃっても…いいんだろうかな? 何か、自分も痛くなってきたんですけど(死)。
童貞ネットに関しては、あまり語ることはありません。 普通にしてれば彼女が出来そうなトコロを、 わざわざ遠ざけてるようにしてるようにしか思えない構成にしているのが、 狙ってるんだか、狙ってないんだか。
とりあえず、ココを見に来てくれているサークルの男子諸君は、見ておくと面白いかもしれません。 何を感じるかは、人それぞれでしょうけど。 …とりあえず僕は、納得してしまったというクチで。
2003年05月22日(木):勤めれる人は2年勤めよう。 日記
今日はもう、バリバリ作ってました。
もう6月まで近いですし、一応決めてある締め切りも近くなってるんで、
テンション下がっても無理矢理上げながら、もう、バリバリと。

…まあ、上がるだけイイってモンです。


今日のお昼前、派遣会社からお仕事依頼のお電話が。 派遣:残業時間の短いお仕事が見つかりましたんで、お電話差し上げました。 れっつら:はい…!!!! (元々、凄まじい忙しさのために潰れたんで、残業短めの会社only設定にしてもらってます。) 派遣:れっつら様は、soralis はお出来になられますでしょうか? れっつら:出来ません(泣)!!
ごめんなさいごめんなさい!! UNIX関係はかじった程度しか出来ないってのに、「経験有り」なんて書いちまったモンだから、 もう本当にすまんですマジで。 …そもそも、自分、潰れるまでの8ヶ月間しか職業プログラマーじゃ無かったワケで、 こんな僕でも出来るような仕事が、果たしてこれから近い内に来るのかどうかって感じで。 … …空が青いなあ…。 (現実逃避モード)
ウチの目の前にある、お嬢様学校。 小学生でも挨拶で「ごきげんよう。」とか言っているのが、未だに信じられません。 こないだなんか、小学生同士が、 「私のことをバカとおっしゃいましたわね!!謝りなさい!!」 とか言いながら、口喧嘩してたし。 … …遠い世界だなあ…。 (現実逃避モード)
2003年05月21日(水):開放ー。 日記
昨日までの、一通りの緊張イベントから解き放たれたんで、
今日は思いっきりのんびりしたり、作ったりしていました。
昨日の夜は、昼の分のお疲れで早く寝ちゃいましたし。


またもや、ツクール界事情。 以前、大大ブレイクしたRPGの続編を作った某大御所が、 続編が思ったほどブレイクしてないことと(充分ブレイクしてる風にしか見えないんですけど)、 大学院(?)の研究が上手くいってないことのストレス云々により、 燃え尽きてしまった模様。 えらい自暴自棄になってしまってますし、 リアルで吐き気をもよおしてるみたいですし、 「二度とネットにゃ帰ってこないかも」まで口走ってますし、 僕からしてみれば、よくここまで我慢できたモンだなあと。
11日に書いた大御所といい、今回の大御所といい、 製作者ってのは、大体何かしら抱えてるモンなんですね。 まあ、ウチのサークルの中を見ても思うんですけど、 人に何かを伝えるために、感性を研ぎ澄まさせながら育ってきた人間ってのは、 その弊害として、本人にとって必要の無いベクトルの感受性まで豊かになるんじゃないかとか。 まあ、こういう人は大抵、好きでそういう傾向に育ってきたと思うんで、 苦労やちょっとした後悔はしても、絶望はしないと思うんですけどぬぇい。 そんな感じで。
2003年05月20日(火):どうなるんだろ。 日記
今日は、派遣会社の登録会に行ってきました。
説明してくれたお姉さん、えらいキレイな洗練された感じの人で、
こういう人は高校時代、絶対に「超ムカつく」とか言ったコト無いんだろうなとか思ったりしました。

登録会では、3時間くらい、
ビデオ見たり、説明受けたり、自分の出来ること説明したり、テスト受けたりしてました。
うわー。


テストは、 仕事の早さと正確さを計るものと、 基本的な計算能力を問うものの2つのテストをやりました。 結果仕事の早さ正確さ:「答えた数は人並み、間違え0」でA。 計算能力:「解いた数はそこそこ、1問間違え」でA。 といった感じでした。 おかげで、結果を見たお姉さんに 「間違えが0って、用心深い方なんですね。」 「職業柄でしょうかね?」とか言われたり。 オフコース(バグ対だけは勘弁して欲しい地獄の職場出身25歳)!!!!
給料は、技術職派遣だけあって結構高い傾向らしいです。 「月給にして、最低25万は欲しい」と言ったら「それ以上でもまず大丈夫」言われましたし。 その代わり、相手先が求める人材のレベルは平均して高いらしいので、 結構出来る人にならないと苦労するかもとは言われました。 登録会の最後に、ひとつ仕事の紹介があったんですけど、 結構経験積んでないと出来なさそうな仕事だったんで、断っちゃいましたし。
さてさて。どうなるコトやら。 楽しみ2割、怖さ8割ってトコです今。 ひぃぃぃぃ〜。