脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年03月 ≫
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2003年02月26日(水):生かすも殺すもなんちゃらら 日記
先月あたりから、
僕、両親共々、とても不満に思っていることが一つ!!あります。

それは「僕の口座に未だに傷病手当金が振り込まれていない」こと!!
会社を休職した当初の、12月分すら振り込まれていません。

僕は毎月、最低で食費だけ払っていれば良い、パラサイトシングルなんでまだ良いですが、
もし、僕では無い一人暮らしの人が休職したら、それはどんな大変なことでしょう?!

ヘタすると、死にますよ。
マジで。


今度病院に行ったとき、僕はその辺の制度含めてお医者さんに訊ねてみることにしたのでした。 制度が制度なら、まだ怒りの矛先を変えれるってモンなんですけど。 会社よォォォォォ〜。
2003年02月25日(火):珍しい現象。 日記
今日は、何と近所の温水プールに泳ぎに行ってきてしまいました。
鬱になると「動く、考える」全般が面倒臭いと言うか、嫌になってしまうので、
これは、もう、すごい現象です。
…って言うか、本当に調子良いです自分。

製作してても、頭の中からアイデアがポンポン出るように。
そう。やっぱりオレは天(以下自主規制)
2003年02月24日(月):3日連続で良い調子。 日記
う〜ん。ここ3日、連続で調子が良いです。
でも、「いよいよ治ったー!!」とか言ってしまうと、
薬止めたときや、また少し不調になったときに、絶対にヘコむと思うので
まあ「明日も調子が良いといいなあ。」と。

調子が良いと、この日記を書く必要が無くなるんですよね。
毎日することが同じなので、普通の日記すら更新できなさそうでアレなんですけど。
贅沢な悩みです。


そして、治ると真っ先に考えるべきことは「会社をどうするか?!」なんですけど、 まあ…きっと、辞めるんだろうなぁ。 思えば、結構最初の頃から無理しっぱなしだったし、 百歩譲っても、元の部署には帰れないですし、 「他の部署うんぬん」言われても、やっぱり帰れないし(死)。 「2年目、3年目になったら楽になる」って会社でも無いしね。ウチ。 うん。 このままで行けば、次かそのまた次のお医者さんから始まるんだろうな。 また、いっぱい考える生活が始まるよ。
2003年02月21日(金):趣味に生きる。 日記
今日は、ボケーとしてたり、
イロイロとゲーム作成ツールいじったりしてました。

力試し第一弾は、豆乳システムで作ろうかと思います。
フリーの製作ツールで、オブジェクト指向のアクション製作系のやつです。
基本はCと大して変わらないんですけど、
ゲーム用なので何から何まで1から作らなくて良いのがいいです。
ジャンプとかダッシュとか出すだけでもかなり頭使いそうですけど。


こんな出だしで日記を始められるくらい、今日の鬱の調子はイイ感じでした。 昨日は(比較的)忙しい上に、 ムチャクチャ自分を責めてしまいそうなイベントがありまして、 (つまらぬ自己完結イベントな上、結局自分はバリバリ無実だったんですけど) 午後は半分放心状態、もしくは木偶の坊状態だったんですけど、 今日は本当、イイ感じでした。 暇を「超ヒマー。」と思えるくらい。 今はまだ社会復帰出来る自信、全然無いですけど、 この調子なら、来月末あたりにはかなり良い調子になってるかも。 そんな希望的観測。
2003年02月19日(水):意欲の方向性。 日記
昨日の日記、眠くて一度も読み返ししなかったんで、すごい文章になってますな。
特に後半戦。


今日は、珍しく昼ごはんを外に食べに行ったり、 ここ一ヶ月の中では比較的アクティブな日を過ごせました。 「…昼、外に食いに行っただけで、アクティブかよ!!!!」 そう。鬱って、そういう病気。 人前では普通なんですけどぬぇい。 昨日9時に寝たのもあって、今日は早起きできましたし。 ただ、その反動なのか何なのか、 今日は製作系の意欲が全くと言っていいほど有りませんでした。 ゲーム作成系の自分企画で、結構面白い企画が有るんですけどね。 ま、いいや。 出るときは出て、作りたいときは作ろうー。 あと、今日も早く寝よう。
2003年02月18日(火):順調順調。 日記
今日は、お医者さんの日でした。
今日は精神科と内科の2つ行ったので、ムチャクチャ時間がかかりました。
お疲れ自分。

鬱の方は、そろそろカウントダウンかもと言った感じ。
特に明言はしてませんでしたが、
「そろそろ、外ブラブラしてもいいんじゃないの?」
「そろそろ、体を慣らしてきてもいいんじゃないの?」
的な雰囲気を、お医者さんが醸し出してきました。

あと、嫌な夢について聞いたら
「どんな夢を見ても体の具合とは何の関連性も無いので、安心して。」とのセリフ。
いやー。自分、精神疾患をある意味神格化してたかもしれません。


肝臓は次回、超音波検査をすることになりました。 そのため、次回は朝ごはん抜きでお医者さんに行かねばなりません。 今日ムチャクチャ待たされて、必死に「お昼食べたい、お昼食べたい!!」とか思ったんですけど。 次回は生き地獄みたいですなあ(泣)。 薬を変えて、γ−GTPの値が初めて回復の方向に向かいました。 ビバ!!ドグマチール!! どっちかと言うと、消化器系の薬!! 疲れたので、締めも無しにおわる。
2003年02月16日(日):れっつらジイさんミラクルパワーのまき。 日記
今日は、ウチのバアちゃんの誕生日会をやりました。
家族最年少22歳(弟)の家で、しっかり家族の誕生日会やってる家ってどのくらい有るんでしょうね?
バアちゃん、照れながら大きいケーキのローソクを吹き消していました。
いい文化です。


誕生日会の途中、 ジイちゃんが戦争時代の可哀想な同僚の話を始めました。 「そいつはイイ年して良くおねしょする奴でな。 おねしょをする度に上官に命令されて、兵舎の全部の部屋を一周させられて 「私、@@は!!昨晩寝小便をいたしましたー!!」 とか言わされてたんだよ。」 それは、軍隊の中のいじめの話でした。 今なら、イイ年しておねしょした場合、すぐに泌尿器系のお医者さんに行かせるんですけど。 「で、そいつは他にも上からいじめを受けていて、それが嫌で嫌でしょうがなくて、 ある朝、頭にライフルぶっ放して死んじまった。 あの頃も、そういうことは有ったんだよ。」 何つーかかんつーか、僕はそれを聞いて凍りついてしまいました。 まだ、バアちゃん誕生日会の真っ最中だったんですけど。 その人はいじめを苦に自殺して、僕は仕事が辛くて鬱になった。 口に出してみるとほとんど共通点は無いんですけど(死)、何だかショックで。
「今も昔も、他人のことを考えられない図太い奴は、上手に生き残っていくんだよ。」 それなら僕は、上手に生き残らなくていいや。などとも思ったのでした。 …予定では、200歳まで生きるつもりなんですけどぬぇいー(笑)。
戦争で北から南まで巡って、 上官の馬に乗ったら、落馬して引きずられて死にかけて、 そのあと(短気が災いして)会社を2,3コ潰して、 借金の保証人になって、逃げられて、 それから今までを専業主夫として生きてきたジイちゃん。 そんなジイちゃんのセリフは、イロイロな意味で重みがあるのでした。 つづく。
2003年02月15日(土):久々のやる気無しデー 日記
今日は最近にしては珍しく、
一日中ダラダラと、何をするでも無く何も頑張らずに過ごしました。
それでも頭痛くなって昼寝してるんですけど。。

何かしないと退屈なのに、何をしても退屈で、
結果的に生殺しにあっているみたいな一日になってしまう。
それが続くとネガティブになってしまい。
鬱って大変だよねぇ。