脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年05月 ≫
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2003年03月10日(月):雑談集。 日記
毎日、調子が良くなるのが3時半〜4時ごろからって一体。


去年の12月頃から取っておいた雑誌、「SPA!」を再び読む。 特集は「心の病大全集」。もちろん鬱はその最初のページから書いてある。 やっぱ、他人には分かりづらいけど深刻なのが辛いトコなんだよね。 「毎月100時間残業してた人が5ヶ月休職して復帰した体験談」とかも書いてあったりもします。 …僕、毎月40〜50時間残業で、もう3ヶ月半なんですけど(死)。
一昨日、NHKの深夜番組で引きこもりについての話し合い番組が放送されていたんですけど、 引きこもりで無い側の人も本音をガンガン言っていたので、聞いていてかなり辛かったです。 「それは「甘え」って言うのも少しは有るんじゃないんですか?」とか 「貧困にあえぐ国には、引きこもりなんて居ないじゃないですか?」とかいうセリフが 平気で飛び交っていましたからね。 僕意見。 貧困にあえぐ国に引きこもりが居ないのは、きっと引きこもれなくて既に死んでるからだ。きっと。
2003年03月09日(日):テンションの高くなった男。 日記
今日は本屋行って、帰ってきて、
久々に格闘ツクール燃え度があるラインを突破して、
テンション上げまくりでイロイロしたりしてました。

夕方は地元連中とラーメン食べに行ったり、雑談したり。

昔の自分の写真を見て「若いなあ」とふと思う。
一年前の、日光江戸村での写真なんですけど。
老けたかな。
2003年03月08日(土):笑ったら、体力ゲージの尽きた男。 日記
今日は普通の日でした。

ただ、夕方DVD借りてきて、見て、爆笑こいて、終わって、
DVDを取り出そうとしたときに、
体力尽きたんだか何なんだかの理由で「もう疲れた…死のう…」ってなってしまって(笑)。
何故なんでしょう?何故なんでしょうね?
燃え尽きたんでしょうかね?

その後10分間くらい固まってボケーとしてたら治ったんで、いいんですけど、
「死のう」なんて年に1回考えれば多い方なんで、とても驚いたのでした。


ちなみに今日見たDVDは、少林サッカーでおなじみのシャウ・シンチー作「食神」。 鬱の人には、パワーが大きすぎたんですかね。コレ。 もの凄い笑い話だぞ自分。
2003年03月07日(金):小日記。 日記
今日はまあまあの日でした。
朝もそこそこ辛くなかったですし、日中もまあまあでしたし。

ただ、明らかに先週よりも今週の方が動いてないんですよね自分。
こないだのお医者さんで、まだゴールが見えない状態であることを知ったからなんでしょうか。
それとも、先週がテンション高かっただけなんでしょうかね。

先週土曜からお腹荒れまくりだったんですけど、段々落ち着いてきたし、
そろそろまた動くか。
2003年03月06日(木):鬱らしい生活(死) 日記
今日は動けない上、昼に長時間睡眠。
何もしていないのに何だか疲れ果てちゃって、久々に鬱らしい生活を送ってしまいました。
まあ3週間くらいさかのぼれば、ほとんど毎日がこんな生活だったんですけど。


会社。 ずっと心に残ってしまっていること。 僕が途中までしかやっていなかった仕事。 ただでさえ切羽詰っていた日程だったのに、どうなったのかな? …3ヶ月半も前の話だけど。 僕が作ったチェックのやつの追加修正とか、今は誰がやってるんだろう? 隣の先輩は、それどころじゃないしな。きっと今でも。 あそこの業者のイロイロの対応は他の人に回ったんだろうけど。 回ってくる他人の仕事って、本当面倒臭いからなー。 僕がイロイロと教えていた中国人の2人、今は誰が教えているんだろう? もう中国帰ったのかな? 会社3Fのコーヒー担当、今は誰がやってるんだろうな?
そういやー、医者は「ず太くなれ」言ってたけど、未だに全然ず太くなれていないな自分。 まあ、「なれ」でなれれば、何も苦労しないんですけどね。
2003年03月05日(水):食生活、変わる。 日記
今日は頭が少し痛くて、外に出る気が全然起きなかったんですけど、
自分で食器洗ったり家の中ではソコソコ動けたので、65点といったトコロでした。

昨日、親に「脂肪肝」であることを伝えた結果、
今日の夕食は何だか野菜だらけの食事になりました。

ナス漬と、キムチと、オクラのごま和え。
僕はご飯に納豆を掛けて食べる。
…別にここまで極端にする必要、無いような気がするんですけど…。

まあウチの母は、行動力が凄まじい代わりに長続きしない人なんで、
すぐにまた、いつもの食事になるんでしょうけどね。

ここ10日くらいで、2kg程痩せたぞ自分。
しかし、それは「れっつら史上最重記録」から「れっつら大学生時代最重」になっただけのこと。
まあ、痩せてれば何でもいいやー。
2003年03月04日(火):れっつらエコーは超音波のまき 日記
今日はお医者さんの日でした。


精神科。 医:この間から2週間。何か変わったこととか有りましたか? れ:結構動けるようになりまして、外とか出かけられるようになりました。 医:そうですか。良かったですねー。 (以下、似たような問答5分くらい) 医:じゃあ、また同じお薬2週間出しておきますので…。 れ:あ、はい…。(ゴールはまだ遠いな…。) 傷病手当金が未だに一度も出ていないのは、ちょっとおかしいらしいです。 会社に連絡して聞いてみろ、との指示を貰いました。 面倒臭いから、あとでしようー。
内科。 今日は腹部のエコー検査と、血液検査をしました。 エコー検査ではお腹にジェルを塗ったくられ、 もうちょっとでポロリも有るんじゃないかくらいの位置まで調べまくられました。 看護婦さんにエコーの機械をやたらと強く押し付けられて、痛かったですし。 結果は脂肪肝。 でも、肝臓の形はキレイで(=肝硬変、肝臓ガンなどの疑いは無し) 他の臓器も血管も、異常は無かったらしいので、まあまあ安心しました。 一歳で15kgだった歴史から行って、脂肪肝くらい予想出来るわー!!てな感じで。 しかし、その結果を踏まえての血液検査の結果がアレだったのでした。
血液検査の結果。 GOT:200(正常値:10〜40くらい) GPT:90(正常値:5〜40くらい) γ−GTP:290(正常値:0〜60くらい) え〜と、何つーかかんつーか、深刻な数値になっちゃっています。 コレを見たお医者さんのセリフ。 「え〜と、ちょっと肝臓が前回よりもかなり、ちょっと悪くなっているみたいなので、 ちょっと、今回から薬を飲んで貰いますねー。 かなり数値が悪いんで、ちょっと薬、強めのものになりますけど…。」 「ちょっと」を抜いたら、凄いセリフになってるんですけどドクタァァァァー!!!! 話によると、エコーで見た結果だけでは、この数値は有り得ない(っぽい)らしいです。 とりあえず今日は、 「元から肝臓弱いandこの間までの薬による薬剤性肝障害and脂肪肝」 という結果に落ち着かされましたけど、 今度行ったときには、どうなってるのやら。 とりあえず、改善してればいいけど。 数値がアレ過ぎるしなー。
お薬。 精神科の方は、相変わらず大活躍中のドグマチール。 内科の方からは、プロヘパールというお薬をいただきました。
さっそく検索。 プロヘパール錠: 概説:肝臓の働きをよくするお薬です。 作用:肝臓によいビタミンやアミノ酸が配合されています。 強い作用はありませんが、副作用はほとんどありません。 よし!!問題無し!!
イロイロと、僕の生活は次回の結果待ちになりそうです。 次回は二週間後…。先がまた長くなりそうなんで、ちょっとブルーです。 まあ、頑張ります。 タマ〜にカクテル一杯くらいは飲みたいぞ。少なくとも。
2003年03月03日(月):泣くよれっつら 平安京 日記
今日は、久々にダメダメ自分でした。
動かないんじゃ無くて、動けないってな感じで。

そんな状態になると、無事なときには「無理」でも何でもないことが、
「無理なもの」として一気に自分に押し寄せてくるワケで。
そんな感じで今日はとても疲れたのでした。


「月給18万、ボーナス無し」でも充実している後輩も居れば、 「オレなんて月16万でしたよ」と言う後輩も居る。 一方、残業代込みで月24,5万は貰えてて、ボーナスも超少ないなりに貰えてた男が もう休職4ヶ月目。 皆は、僕のためを思って言ってくれているのだろう。 「早く社会復帰して下さいよー。」という声。 僕も、早く真人間になるために努力してるよ。 頑張ってるよ。 でも今日みたいな日になると、一気に負担になるんだよ。 泣きたくなるんだよ。 先週の日曜からずっと無事で、外出したり何なりして普通の人として生きれてたんですけどね自分。 「鬱は波がある」って言ってもさ。家でゴロゴロするようになって4ヶ月目なんだよ。もう。 やっぱ焦りとか否定出来ないんだよ。 お医者さん行っても、最近は消化器系がメインになってるし、 そのせいか、以前に比べて精神科の方が淡々としちゃってるし。 「その反応は、きっと僕がいい加減治る時期だからなんだ。」 「最近の無事で無さそうな日は、きっとずっとゴロゴロして不健康にしてるからなんだ。」 とか思って頑張って、つい昨日一昨日まで「本当にそうだったんだー」って信じていたのに 今日になってこんなんかよ、と。 よし。吐いたぞ。
まあ、今日はこんな感じで比較的ダメっぽい一日でしたが、 今日の僕を、風呂に入った頭で冷静(?)に分析してみると、 「先日の飲み会のために、普通の自分を取り戻そうと頑張って、 そして飲み会当日はそれなりに頑張れて、何とかそれなりに無事終わることが出来たのでホッとして、 それで緊張の糸が切れて、頑張った反動が今日来たのではないか」と考えられるワケで。 まあ明日は医者だし、今日はこんなんだったから、早く寝ましょう。 深層心理って言うか自分の弱いトコって言うのは、 弱くなったときにしかナカナカ見えてこないんで、楽しいですな。 日記の雰囲気が、昨日と正反対になってるし(死)。 それではまた明日。