脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年08月 ≫
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2003年02月02日(日):最高の日と最悪の日。 日記
今日は、ひどい発熱と関節痛、筋肉痛のため、一日中死んだようになっていました。
今も、ちょっと寒気するし。

どうやら昨日の夜、「のどカゼかな?」と思っていたものが、インフルエンザだったらしく。
昨日は、久々にゲームをムチャクチャ作れるほどの、最高のコンディションだったんですけどね。
「やる気マキシマム、社会復帰しても大丈夫かな?」級の。
まあ鬱って、波有るらしいですけど(死)。


僕が調子を悪くしていると、両親が何つーか、嫌〜な顔をしました。 まあ、ただでさえ鬱ですしねぇ。 「風邪ひいた」と言ったら、 「家にばかり居るのに、どこでうつされたんだ?!」とか 「運動してないからだ」とか言うし。 しまいには「鬱の薬、このまま止めることは出来ないのか?!」まで問う始末。 風邪と鬱の薬の関連性が、サッパリ分からないんですけど。 正直、今日の親の反応にはうんざりしたのですが、 また鬱について1から説明できる程、僕が元気じゃ無い上、 基本的に「説明するのも面倒臭い」のが、鬱の症状なワケで(自分に皮肉(死)) 今日は親に「寝ている間に「UTU−NET」を見ておけ」と注意するだけに留めておきました。 (「UTU−NET」:その名の通り、鬱についての専門サイト。パニック障害についても書いてある。)
ふー。疲れたな。 じゃ、また寝よう。
2003年01月31日(金):逆戻り? 日記
今日は頭が痛くて気持ち悪くて、
一日のほとんどを寝て過ごしてました。

朝11時起床。既に頭が気持ち悪い。
痛くなったので、昼1時に寝る。4時起床。
てな感じで。

始めの頃に比べると、結構治ったと思ってたのに、
薬止めたら2日でコレですか自分(涙)!!!!
この病気のせいで、大切な時間がガッツンガッツン削られているようで辛いです。
そりゃ、ふた月なんて早いさ(泣)。

ただ、また薬飲んで「腹痛:昼寝夜起き生活」に戻るのも嫌なんで、
来週のお医者さんまでは、このまま様子を見るつもりですけど。


さて。これからゲーム作るぜー。 それだけが今の僕に出来る、数少ない社会貢献だしねー。 (かなり違う)
2003年01月30日(木):薬を止めた男。 日記
結局、昨日から薬を止めてしまいました。
腸がパンパンに腫れあがるような感覚が、どうも耐えられなくて。
ご飯食べるとすぐお腹壊れるし。


今日の調子。 昨日までに比べると、少し昼間に眠くならなくなったかも。 抜けるの遅い薬なんで、明日、明後日あたりまで変わらないかもしれないですけど。 あと、今日は何故かネガティブ思想っぽかったです。 「休職何ヶ月やるんだ自分?!」とか 「休職終わったあと、何やるんだ自分?!」とか 考えてしまうのに、考えたくないと言うか。 要するに 「現在のゴロゴロ生活には不満である」が、 「先のコトを建設的に考えられるほど、鬱が治っていない」ってコトなんでしょうけど。
先ず、「考える」行動自体、面倒臭いんですよね。現在。 (それが鬱っていう病気なんで、仕方ないんですけど。) ココの日記も、ほとんど考えなしに書き進めてますし。 ただ、親は何も言わないですけど、やっぱり心配しているのは分かるんですよね。 そんな板ばさみ。 本当、いつ終わるのやら。
2003年01月29日(水):ああ〜。ああああ〜。 日記
今日はイロイロ有ったけど疲れたので、簡潔に。

昨日の夜、寝る前に少しの水でパキシル飲んだら、
その後何時間か、胃や腸が焼けつくような感覚に襲われて眠れませんでした。
アレ飲んでから、お腹弱くなってるし。
今日飲んで、またアレに襲われたら、飲むのを止めようかと思っています。
お医者さんにも「ずっとムカムカするようだったら止めろ」言われてるし。

会社から、保険の書類が返されてきました。
これまで2度書き直したのですが、ついに3度目です。
そんなワケで、12月分の保険のお金が、まだ振り込まれてません。
イロイロとまあ、疲れます。

今日は、いっぱい寝た。
て言うか、寝ないとダメな自分が痛い。
2003年01月28日(火):ふと振り返る。 日記
今日、某ちゃんねるのメンタルヘルス板を見に行ったら、
僕の飲んでいる薬、パキシルでスレッドが立っていて、
しかもそれがPart2だったりして、とてもビックリしました。

…やっぱ、ムチャクチャ眠くなるんですね。このお薬。
昼間「辛いくらい眠い」っていうのを味わってしまいましたよ。
超眠かったー。


意味も無く、ふと会社での、鬱になる直前の自分を思い出す。 以前自分は、平均40何時間残業だったんですけど、 それでも会社の平均残業時間に比べると残業の少ない、ヤクザな社員でした。 でも、仕事が残業時間になるとムチャクチャ辛かったので、やっぱ相変わらずヤクザな社員を続けてて。 仕事をひと段落させたら、次の仕事が入らないように、速攻で帰ってました。 同じ新人で、月100時間も残業出来る人が居て、 そのことについて「すげー」と思う一方、「信じられない…」と思う自分が居ました。 正直、あのころは 「働いて体壊すのも近そうだし、そのときは無理しないで休むかー。」 とか思っていたし。 でも、まさかこんな病気で会社休職までするとは、思ってもいませんでした。 体壊す云々についても「チョット過剰な考え方かな?」とか思ってましたし。 皆、僕よりもずっとずっと頑張れてましたし。 今は、自分を責めないためにも、 「神様がくれた、長い休み」だと割り切って、今を過ごしてますけど、 会社の皆は、今ごろどうしているのでしょうね。 きっと、今も納期とバグ対と(同時に(死))追われて、忙しく働いているんでしょうね。 潰れちゃった人は、居るんでしょうかねえ。 僕みたいに(死)。
そろそろ、休職2ヶ月目が終わろうとしています。 あっと言う間だったなあ。 …何を得たんだろ?
2003年01月26日(日):やや調子上昇。 日記
今日は、一昨日以前に比べると調子が良かったです。
ゲーム作れたり。


今、髪の毛が結構伸びちゃってるんですけど、 床屋行くの億劫なんですよね。 床屋行くと、会話が主に「職場の話」になってしまうんで、 どうもギリギリで行きたくなくなってしまい。 前回は、会社の話を半分でっち上げていたりしたのですが、元々ウソつくの苦手ですし、 正直に「病気で会社を…」とか言ったら、床屋さんに悪いでしょうしね。 ウソつくとなると、土祝日にしか行けないですしねぇ。 あ〜。 とりあえず、10分で髪切ってくれる床屋行って、 この髪のうざったさだけ何とかしてもらおうかな。 10分床屋だと、厳密に見ると左右で長さ違ったり、髪の毛あまりすいてもらえなかったりしますけど。 (髪の毛すいてもらわないとボリュームが凄いコトになる、髪の毛本数自慢れっつら)
小さいコトを気にする自分。 今の状態限定でありたい。
2003年01月24日(金):本当に簡単な日記。 日記
今日の調子は、昨日より悪くて、
本当に何もしなくてダラダラしているだけで、
「人間、こんなに意味の無い一日を過ごせるモンなんだなあ」などと、少し卑屈になったりもしたけど
千と千尋が面白かったからいいや。
2003年01月23日(木):やる気減退? 日記
薬を変えて2日が経ちました。
昨日、今日と、僕は昼間睡眠野郎になってしまっています。
あと、何もやる気が起きなくて、ゲームやパソコンもチョットづつしか続きません。

ただ、今回の薬も前回までの薬も「効くまでは遅いが、効いたら長い」タイプの薬のはずなので
薬変えて2日そこらで、生活に影響を及ぼすようなことがあるとは到底思えないんですけど。

今の薬は、はじめは少ない量で始めなければいけない薬なので、
量的な問題なのかな、とかも思ったりはするんですけど。
「寝て何とかなるんだったら、薬このままでいいや」という風にも、思いますしね。
頭痛くなってるワケじゃないし。

薬は飲んでも、依存はしない考え方。
僕は余裕で大丈夫だと思っているのですが、親は心配していたり。

薬の話は難しいですね。