脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年05月 ≫
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2006年02月21日(火):優秀な。 日記
今日、仕事が終わる頃に、
技術陣の皆でイロイロと話をしたりしたんですけど。

その中で、外部スタッフのオジサンが、
「ここのプログラマは、別に優秀ってワケじゃないですよ。中堅ドコロです。」と返したセリフが、
何だか久々に、僕をハッとさせまして。

「自分が中堅ドコロ」なんてコトは、解りきっているコトなんですけどね。
「気付けば、そこに落ち着いてしまっている自分が居たんだなあ。」という意味で、
驚きが有ったと言いますか。


僕の中で、 プログラマ(を含む、電子系技術職全般)は、大きく次のランクに分類されています。 1.知らないプログラマ 経験が少なく、目的のために何をやれば良いのか、分からないコトの多いプログラマ。 ほぼ素人で使い捨て扱いされることも多いが、大量に存在する。 誰もが一度は通る道。 2.悪いプログラマ これまでに得た少ない知識で、無理矢理目的を達成しようとするプログラマ。 人が本来持っている「向き・不向き」に関わらず、このランクにまでなら誰にでもなることが出来る。 この段階で止まる人も多い。 3.良いプログラマ 及第点クラスの知識を持ち、知りたい情報を得るための手段にも長けたプログラマ。 言われれば大抵のモノは作れるし、仕事も速いが、 業界的には「このレベルでやっと人並み」。 4.優秀なプログラマ 自主的に漁ってきた知識の数々を組み合わせて、 既存のものとは違う便利な何かを、比較的簡単に生み出してしまう傾向のあるプログラマ。 知識量と、技術そのものに対する興味が、これまでのそれとはハッキリ異なっている。 最近、面白いコトをやっているのは、きっとこの辺の人達。 5.神がかった何か 今の僕には到底想像も出来ないような、もの凄い電子系総合技術者。 革命的な何かしらの創造主。
僕の現在の立ち位置は、きっと2.8ぐらいのトコロなんじゃないかって思うんですけど、 技術者なら、目指したいじゃないですか。4の高みを。 その思いを、何だか久々に呼び起こされまして。
せめて、花火にはなる程度の何かを生み出してから、死にたいんですよね。 その為には、たくさん、たくさん吸収しないと。
2006年02月20日(月):昨日の話の続き。 日記
えー。
「社員になるのは保留にして、派遣契約をもう3ヶ月伸ばす」
交渉に成功しました。

表面上の自分は、社長に向かって、
「社内を改革するって言うのには期待しているんですけど、先輩PGが辞めると今後が不安なので…。」
とか言ってたんですけど、

内心は、
「いきなり辞めると損が多いので、
残る3ヶ月、お金を稼ぎながら次の足場を固めさせて頂きますわ〜。
ウェヘヘヘハハァ〜(中村玉緒風に)。」
とか思ってました。

成長したな。自分。


先輩PGは、やっぱり辞めるみたいだし、 外部スタッフのオジサンは、「自分の時間を手に入れるためにフリーランスになった」とかいう剛の者なので、 3,4ヶ月先の未来には、開発という部署そのものが無くなっているかもしれません。 でも、まあ何つーか、世の中ってのは、常に揺蕩って存在していると思うので、 今回の件に関しては、「仕方が無い」と諦めてもらうしか無いんじゃないでしょうかね…? ウェヘヘヘハハァ〜(中村玉緒風に)。
それにしても何つうか。 イロイロな会社を渡り歩いてきた技術者連中ってのは、 何だか妙なトコロで足並みが揃うモノですね。 …何も打ち合わせとか、していないのに。 本当にワルすぎますね。
2006年02月19日(日):ちょっと愚痴を吐いたり。 日記
あー、明日会社行くの嫌だなー。
100%行くけど。


上司に引き続き、たった一人の先輩PGが、 近日中に会社を辞めるコトになりました。 代わりの上司には、長く会社と付き合いのある、 外部スタッフのオジサンがなるような流れになっているようです。 未確定ですけど。 あと、先日、社長から「3月から社員にならないか?」コールを受けました。 明日、返事を返すスケジュールになっています。
でも、 辞めた上司に引き続き、先輩PGも居なくなり、 会社の技術中枢が壊滅状態になった後に、オジサンや僕を投入したトコロで、 焼け石に水だと思うんですよね。 引継ぎ資料だけで仕事が引き継げるのなら、上司なんて居なくて良いじゃないですか? 先代の知識を、そう簡単には引き継げないのが、技術職の技術職たる所以だと思うんですけど。 上はそれを解っていないのか。 それとも、解った時期が遅すぎたのか。 …実は両方だと思うんですけどね。
僕は、以前から、向こう3ヶ月は派遣契約のままやっていくつもりだったので、 明日言う答えには、別に困ってはいないんですけど。 チカラの有る人の要望を断るのって、それだけでも結構しんどいじゃないですか? 100%、断れる自信は有るんですけどね。 削られるのって、面倒だよね。
2006年02月13日(月):忙しい合間を縫って、いきいき生活だ。自分。 日記
あいよー。久しぶりー。
昨日は、お笑い分を補給しに、『ルミネtheよしもと』に行ってきたよ。
やっぱ、お笑いもナマモノだということを思い知らされたさ。
大爆笑ぶっこいたさ。

ただ一昨日、スポーツジムで筋トレ系のレッスンをしていたんで、
筋肉痛と大笑いが合わさって、腹痛が凄いことになっていたんですけど。
…まあ、素晴らしい分には、別に構いゃしないです。


会社の仕事は、まだまだ忙しいんですけど、 残ったメンバーだけでも、とりあえず一山は越えれたんで、幾分気楽にはなっています。 あと、僕の社員になる流れは、とりあえず現状スルーになっています。 僕が様子見たいのと、会社も会社で薦めるタイミングじゃないのを察しているのとで。
上司は32歳で、初めて本格的に潰れた。 僕は22歳の夏に、研究室のイロイロで一度軽く潰れ、 24歳の秋に、最初の会社で本格的に潰れた。 あの頃の僕は、 学生係のカウンセラーのオジサンの、至極もっともなセリフを、感動して聞きつつも、 「でも僕には出来ない」と、ずっと思い込んでいたけれど。 意識して気を抜くこととか、 先手を打って休むこととか、 他人に迷惑を掛けることや他人の迷惑を引き受けることに、迷わなくなったりとか。 人間、『考えて出来るものじゃない』ようなことでも、 何度か試してみるうちに、勝手に身に付いていくモンなんだね。 上司は実は上司同士カップルで、二人はダブルで同時に潰れて消えたんだけど、 僕はとりあえず、二人が『お疲れパワー』で、互いに削り合ってしまうようなコトが無いことを祈るよ。 …文句も一応無くは無いんだけど。 プログラマらしく、シンプルに文句をまとめてみたら、 「引継ぎは、ちゃんと辞める前にやってくださいよ」の一言で済んでしまって。
久々の日記なせいか、学生時代にノートに書いていた日記みたいな文体になっていた自分。 ちょっと恥ずかしい。
2006年02月05日(日):合間を縫って、ちびちびと。 日記
ええとね。
今、会社。


現在、ウチの会社、 良く言うと「ピンチは、視点を変えるとチャンスなんだ」 みたいな状況なんですけどね。 ・果たして、チャンスは実現できるのか? ・チャンスが実現出来た頃には、また誰かが消えたりしているのではないか? …みたいな危機感が、常に続いていて。 まあ、どう転んでも、僕は様子見て動くだけなんですけどね。
そろそろ花粉の季節だねぇ。 早いトコ耳鼻科行っておかないと。
2006年01月30日(月):突然。 日記
上司が辞めやがったー。
しかも突然。

まあ、突然って言っても、今月アタマの一週間休暇とか、イロイロと無くは無かったんで、
予想できない範囲では無かったんですけどね。

…どうするよ。これから。


これから社員になって、サーバ周りとか、管理職系のイロイロを学ぼうってときに、 『社内唯一のサーバ技術者』兼『上司』が居なくなるんだもんなァ〜。 先輩PGや隣の部署の偉い人とかと話してみて、 「とりあえず社員になるのは1回スルーして、3,4ヶ月様子を見たほうが良い」 という流れにはなってきたんですけど。 …まだ正直、自分でもどうしたら良いか、全然分からないんですよね。
社内では、以前からベテランの人が次々と辞めていっているので、 余程の改善策でも無い限り、確実に会社は悪い方向へ行くだろう。 だが、ここでまた会社を辞めてしまうと、 次の職場で自分は、また単なるプログラマからスタートしなければならない。 それは退屈過ぎるし。
まあ、様子を見るトコロまでは大体決まったので、 次のコトは、その次のときに考えるつもりです。 それにしても、今の仕事とか次の仕事とかって、大丈夫なのかー?!
2006年01月26日(木):ちょいネタ。 日記
実はあんま居ないような気もするんですけど、
学生やフリーターの人向けのちょいネタを紹介するよ。

■2ch就職板偏差値ランキングまとめサイト
http://www.geocities.jp/job_ranking/

ブラック企業の偏差値ランキングなどは、
ある程度以上大きい企業しか書かれていないので、人によっては全然参考にならなかったりするんですけど、
僕が思わずウケてしまったトコロが、ココ↓

・ネタランキング>ブラック企業のお化粧文句ランキング
http://www.geocities.jp/job_ranking/joke/propaganda.htm


さすがに偏差値69以上のネタは、学生の立場で見ても怪しさ爆発な気がするんですけど、
偏差値68以下のネタぐらいになってくると、
そう言っている会社が多すぎて、感覚がマヒしている人も居るんじゃないかと思えるぐらい、心当たりの有る言葉が多くて。

特に「若手中心」「即戦力」系の言葉は、
・若社長が、自分の年下しか雇わない会社(青い社長のベンチャー系)
・役員に、次々と見放されている会社(ブラック企業)
・新卒を、とっかえひっかえ奴隷にしている会社(ブラック企業)
・引継ぎも不十分なまま、辞めていく社員の仕事をそのままやらされる会社(ブラック企業:転職編)
と思っておいたほうが良いですよ。
この言葉、使っている会社が凄く多いんで、覚えておいて損は無いです。

「学歴完全不問」の会社は、大穴狙い。
外れて当然だけど、当たればラッキー。
仕事の繋ぎに使って切ること前提なら、ちょっと面白い知識が手に入るかも。

「人材=人財」の言葉は、
もう既に使い古された言葉なので、無いモノと思ったほうが吉。
それよりも、会社案内の休暇の欄や福利厚生の欄を見たほうが、全然解り易い。


基本的に、 「どこかが飛びぬけて秀でているから、ある部分がすっぽ抜けていても問題無い」 なんて会社は、無いです。 現在まで積み重ねられてきた、日本の雇用システム万歳です。 あと、「会社=そこで働いている人」なんで、 変な人の多い会社は、イコール変な会社です。 ストレスの余り、ときどき叫ぶサラリーマンが居るトコロなんか、まったくもって論外。 …僕の、最初の会社だったりするんですけど。
ああ。ちょいネタになってないよ。
2006年01月25日(水):他流派共闘仕事。 日記
腰が細くなってきたらしく、ズボンのベルトの穴が足りなくなってきたみたい。
とても嬉しい。


今のお仕事、お手伝いのオジサンと一緒にモノを作ってるんですけど、 アレだね。プログラム書きの流派ってのは、一体何流派有るんだ?! 僕が作ったのベースに、別のトコロをオジサンにお願いしたら、 僕のも含めて全く別のモノになってたし、 (共通の部分が多いのもあって)いつの間にかオジサン専用のライブラリが作られてたりしてたし。 (これまでの他流派の人達と比べ)だいぶ解り易い流派だったので、 今のトコロ、普通に何とかはなっているんですけどね。 …何だかやり辛い…。
このオジサンや、前の会社の社長から、 僕は、「将来独立するデメリット」というモノを学んでいる気がする。 独立した時点で、他よりどこか抜きん出ているコトをやっているぐらいじゃないと、 磨くのが錆びるのに追いつかなくなるんじゃないか? そんな恐れが、どこからか来ていて。