脱力系プログラマれっつらの送る、『ヒマが出来たら』的日記サイト。
はじめに ダラダラ掲示板 ゲームに関する掲示板 プロフィール メール twitter
 2017年10月 ≫
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2007年08月06日(月):オブリと仕事三昧の日々よ。 日記
お久しぶりです。
そして、BookBook Sagaをお使いの皆様に、ちょっと謝っておきたいコトが有ります。

「最近、オブリビオンばっかやって、ごめんなさい!!」

ただ、謝るだけで、オブリは続けます。
…オブリ始めてから、オンライン対戦やったの2回だけだよ…!!
(2回とも、お呼ばれして馳せ参じた試合だったしな…。)


ロールプレイングゲームは、 何だかんだ言っても、数字で解決してしまうモノが多いので、 ここ何年か敬遠していたんですけど、 オブリには、とてもハマっています。
僕の中では、RPGというよりも、 忍道とか、影牢とか、あっちら辺のゲームをやっている気分になっています。 忍道、大好きなんですよねー。 爆発して混乱させる球を投げて、敵を撹乱させたり、 崖の傍に陣取って、襲い掛かる敵を全て崖に叩き込んだり…。 オブリは、RPGながら、そういった残虐プレイが思う存分出来る作りになっていて、 そこでハマっているんですよね。 本格的な残虐プレイをするためには、 その道の経験値をコツコツと積み重ねなければいけないので、 目標に達したときの喜びもひとしおですし。 暗闇に紛れた状態から、 頑張って作った、自作の最強弓(但し、一発あたりのコストが何百Gの金食い虫)に、 頑張って作った、自作の毒矢をセットして放てば、 あの憎き熊をも一撃で葬るコトが出来ますしねぇ!! ホホホホホホホホー!!!! 但し、敵には厳しいながらも、窃盗とか殺人はしていないので、 これでも全然善人プレイなんですけどね。 挑発の広範囲魔法撃って街を混乱に陥れたり、いつかやってみたいよなぁ〜…。
ところで、最近仕事が忙しいです。 日曜出勤、早出勤、深夜残業と、忙しまくりです。 それもこれも、同僚のPGの半数が全然ダメなせいなんですけどね。 …まさか数年も会社に居て、あの程度とは。 スキルって、ある程度以上の数の仕事を任されてこなさないと、伸びないんですね。 技術者として何度も転職したのを「良かった」と思えたのは、今日が初かもです。 1つの会社に留まる『だけ』ってのも、結構ダメなのね…。
2007年07月21日(土):亀田の夏祭りじゃ〜(笑) 日記
僕は亀田は応援しないですけど、

凄く腰の低い、良い人で、20歳過ぎても野球部所属の息子にしか見えなくて、
ボクササイズ仲間のオバチャン達からの人気も高い、
吉住選手を応援します。

28日ですよ〜。
2007年07月17日(火):ボクササイズの検定ー。 日記
昨日は協栄ボクシングジムに、ボクシングの検定を受けに行って来ました。
プロとかそう言うのでは無く、
動作を評価してもらう、ボクササイズ系の検定ですけど。

僕の挑戦するランクは、一番下のEランクで、
正直、受からないワケが無いらしいんですけど、それでも緊張しました。


途中、インストラクターの方や、協栄のプロボクサーの方のスパーリングが見れる、 デモンストレーションが有ったんですけど、 それが物凄い良かったです。 特に、牛若丸 あきべぇ選手と、 今度新人王準々決勝に出られる 武田選手(だったっけ)のスパーは、 お互いウェルター級だったのもあって、凄い迫力でした。 …スパーなのに、以前応援に行っていた4回戦の試合なんか目じゃないレベルでしたし。 正直、これだけでお金取れるような。
帰りは、ボクササイズ仲間と一緒に、近くの韓国料理屋で食べて帰ってきました。 やっぱ、大久保の職安通りらへんの店は、美味しいやねぇ。
僕の合否は、今度届く予定です。 まあE級なんで、絶対に受かってはいるはずなんですけど。 満点中、何点だろうなぁ〜…。
2007年06月12日(火):前略、程度を知る。 日記
今日、部長が僕に話したいコトが有るって、ちょっと会議をやりました。


要約。 『言ってくれれば、一月ぐらい、イロイロなコトをやり繰り出来る時間は与えるし、  面白そうなプロジェクトの会議に来たければ、いつでも来ていいから、  済まないけど、何ヶ月か、携帯サイトのバックボーンを作りまくってね☆』 要するに、携帯サイトのバックボーンを作るコトが、僕の死守すべき命題みたいです。 ウチって、そんなにサイトの基礎作れる人材が居なかったっけか? …転職のとき、開発の部署の大きい会社、選んだつもりだったんだけどなァ…。
僕はシステム屋としては、まだまだ全然中途半端で、 有象無象の中の一人で、何かを成せる何者でも無いのに。 24歳から、そこそこ真面目に積み重ねれば、 積み重ねた程度には評価されるってコトなのでしょうか。 …嬉しいっちゃ嬉しいんだけど、コレは複雑だよなァ…。
2007年06月09日(土):ご連絡。 日記
いよいよ僕のPCのイカれ具合が頂点に達してきたので、
明日辺り、去年買ったPCに乗り換えようかと思っています。

なので、今日明日に早いレスポンスを求めたらダメですよ。

去年のPCがそこそこ動くようになって、そこで体力が余っていたら、
イロイロやるつもりっちゃー、やるつもりですけど。

よっぽどよっぽどな話題があれば、携帯から馳せ参じます。

てなカンジで。
2007年06月08日(金):やっぱ辞めないコトにした。 日記
昨日、上司と部長と飲み屋でイロイロ話してみた結果、
もう半年はココに居座るコトにしました。

直接的な理由は「次の社内テストサーバを僕に任せてくれるから」、
間接的な理由は「諸事情で、社内の体制がガラッと変わるようだから」、
です。


以前は、本当に本当に会社が気に入らなくなるまで居続けて、 気に入らなくなったら退職一直線だった自分ですけど、 今では、「辞めるぞ?いいのか?本当に辞めるぞ?」などと言いながら、 平気で会社と駆け引き出来るような人間にまでなれました。 正直、「あの人間性潔癖の完璧主義が、よくここまで成長出来たな。」と 自画自賛しまくっています。 本当にありがとうございました。
2007年06月05日(火):また又れっつらが辞める(予定)!! 日記
土日月で、またしても再び会社を辞める気になったので、
今日、上司に「7月締めで辞めたいんですけど。」と言ったら、
明日、上司と部長とオレとで、晩飯食うことになりました。

ちなみに部長は、酒が入ると自分語りモードに入ってしまう人で、
上司は、平和と身の安全がモットーの中間管理職型の人間です(山岡クン!!)。

要するに、ネタにはなるが、絶対にロクなコトにならないというコトです(笑)。
楽しみだなぁ。


今日のお昼、事情通な人と一緒にお昼を食べたんですけど、 ベンチャー企業って、本当にイロイロなモノのぶつかり合いで、面白いですね。 親父の職場は、半分民間で半分お上みたいな職場で、 普通に年功序列&学歴重視だったので、 帰ってからその話をしたら、聞いたオフクロが結構驚いていました。 ええ。そういう時代なのよ。
2007年06月02日(土):超久しぶりに、生真面目日記。 日記
最近、どうも自分の中で葛藤しているコトがありまして。


転職して今の会社に勤めるようになって、11ヶ月。 またしても、「チョットこの会社で続けていいのか?」状態になっています。 ウチの会社が、あるグループの傘下に入って半年。 社内には机が増え、どんどん人が増えてはいっているんですけど、 それが皆、上の会社から出向で来てる人だったり、役員繋がりで来ている偉い人だったりするんですよ。 …そのクセ、開発には誰も入ってこないし。 最近の流れなのか、昔からの流れなのかは知らないんですけど、 どうもウチの開発って、単なる土木作業員な気がするんですよね。 …ひたすら納期までにブツを作って、あとはメンテナンスだけ。 …Web業界の大半はそんなモンなんてのは、だいぶ前から分かってるんですけど。
それに、仕事をしていくうちに、段々と同じ開発の人たちの程度も見えてきたんですよね。 技術的に、凄い人は凄いんですよ。 年単位の積み重ねをしなければ、絶対に同じ仕事は出来ない系の人も居るには居るんですけど。 …ただ、何つーか、そういう人ほど仕事に対して割り切ってるんですよね。 プロの土木作業員として、淡々と仕事をこなして、 会社がクビに出来ないのが分かっているので、モチベーション低い日は余裕で休む。みたいな。 僕も、最近はそうなりつつあるし。
電子系技術者ってのは、魔法使いであるべきだと思うんですよ。 仕事を右から左へ流すコトについては、否定しないですけど、 もっともっと、その内容にディープに関わって、その仕事の質に大きく関わる部分まで携わるべきだと思うし、 会社全体の姿勢として、そういう風にさせるべきだと思うんですよ。 なのに…ねぇ。 どうも「ただの便利な人」扱いなんですよね。 お給料は悪くないし(今転職しても、もうそれ程は上がらないぐらいの額は貰っている)、 待遇も悪くないし(休めるし、大体定時で帰れる)、 そんなには悪くないはずなんですけどね。
前の会社の開発が消滅する前、転職を数回重ねたある人が言ってたっけか。 「どの会社も、一長一短だ。」と。 でも、結構待遇は悪くないはずなんですけど、 社長のアレで開発が消滅さえしなかったら、 僕、前の会社の開発のほうが良かったように思えるんですよ。 人数は少なかったですけど、常に挑戦している感じで。 あの頃の先輩、仕事が以前より土木作業員みたくなったコトに、不満全開でしたけど。 …どこも同じなのか?
ITの業界紙を呼んでいたら、何だかライブドアの社員がちょっと羨ましく思えてきました。 …あそこもあそこで、絶対に土木の人が居るはずなんですけどね。